2014年08月06日

程よいプレッシャーは人を成長させるのに役に立つ



   こんにちは!

   パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
今年から実用書を教える機会をいただき、1クールが終わって、その後、継続させていただけることになったことは、以前このブログにも書いた通りなのですが、今日はこのことについて感じていることを書きたいと思います。




書



実はこのことを殊の外喜んでいるのが我が書道の師匠なんですが、この日は私の書道のレッスン日だったので、色々と師匠と話をする機会がありました。


どうも師匠はここ数年、私がなんとなく練習しているのが気になっていたそうです。

コツコツ積み重ねていくのは大事なことだけれど、特に何の目標も立てず、ただ黙々と練習をすることは成長の速度が遅いからです。

‘停滞している’という感じでしょうか。


それは私もわかっていたことなんですが、別に書道で食べていこうなんて思ったこともないし、とりあえず続けていれば、今の実力は保たれるだろうという感じでのんびりやっていました。


しかし今回、人に書を教えるということになって、俄然やる気が出たのです!

だって、教えることを前提として練習するとなると一文字、いや、一画でさえしっかり自分のものにし、更にアウトプットできるだけの意識を持たなければ・・と思うわけで。


「きっと、今回のこと(書を教えること)は
 ナカムラさんの実力を更に大きく伸ばすことになると思うわ。

 書を教えて欲しいと言ってくださった生徒さんに
 感謝しなさい」

と師匠。


確かにのんびり書いていた私が、こんなに真剣に書道に取り組むのは何年ぶりでしょう。


程よいプレッシャーは人を成長させるのに役に立ちます。

コーチングを受けるのもそう。

コーチとの約束が軽いプレッシャーとなるので、人の行動は前に進みやすくなり、それがその人の成長に繋がるのです。



プレッシャーが人の成長を促すことを身を持って感じている私です・・・


◇◆◇◆◇◆◇◆◇セミナーのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<あなたの‘うたこ’を突き止める!>
~ 幸せ ギュッと 引き寄せ セミナー ~

【日時】 8月30日(土)12:00~17:00

【場所】 EXE SALON
        ※大阪・天満橋駅下車 西へ徒歩5分

                  詳細はコチラ  



tomokonakamura at 13:17│Comments(0)TrackBack(0) コーチング 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 上司のいうことを聞いてもらうためには、まずは部下の話をしっかり聞く必要がある
  • 二人以上の人に、しかも同時にコーチングをして貰うと、どういう効果があるか?
  • コーチの意義 ~あなたが自分自身でパフォーマンスを最大限に上げられる様になって貰うためのもの~
  • 決め手は…集中力?
  • シングル女性の将来への不安
  • 崖っぷちに立たされるような事がなければ変われない?
  • 「三度目の殺人」
  • いい人やめたらどうなる? 
  • 貧困を連鎖させるのは、親の所得格差ではなく「思考の格差」?