2014年10月21日

対症療法ではなく、根治療法を ~虐待 及び いじめ~


    こんにちは!

   パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



ここ数日、「虐待」と言う言葉が妙に目に入ってきます。


見たテレビで特集をしていたり、友人のフェイスブックにその言葉が書かれていたり。。。


実は先週土曜日にもそれに関連した勉強会に参加したところだったのです。

どういう勉強会かと言うと、「虐待を選択理論心理学から解析する」と言うもの。


選択理論とは、昨年学んだ心理学。

その後、しばらくご無沙汰していたのですが、丁度タイミングが合ったので勉強会に参加したわけです。


今回ここで私が学んだのは、「人の心のケアをしていかないと、将来日本はまずいことになるのでは?」ということ。


まずは虐待の話から致しましょう。


虐待には見える虐待と見えない虐待があります。

見えるものは暴力であったり、DVであったり。

これはわかるのですが、見えないものには、ネグレクト、性的虐待のほかに、過厳格、過干渉、過期待、過保護、過放任等があり、これらも虐待と言うことになるらしいのです。

だったら、私たちは子供の頃に何かしらの虐待を受けていることになるのではないでしょうか?

‘しつけ’と言う名のもとに。


要はこれらによっても、心理に影響が及ぼされるということなのです。

なぜなら、出生後の環境は精神構造に多大な影響を与えるから。



選択理論心理学は、人は自分の「快」を求めて行動するものであると言う考え方をしています。

なので「不快」であると、普通はそれを解消してこうとする行動を取るわけです。


虐待を受けるということは、不快な状態が続くのですが、これを解消することができず、心の傷となって残り、いつの日か子どもの頃に体験したあの不快な状態に出くわしたときに、あらぬ行動に出るかもしれないことに繋がる可能性もあるとのこと。

暴言を吐いたり、暴力をふるったり、ひどい場合は、人を殺めてしまう・・・

なので、虐待と言うものは虐待を受けた人の行動に多大なる影響を与えてしまうという意味で、非常に恐ろしいものなのです。



今、テレビを見ていても虐待のニュースがない日はないぐらいですよね。

いえ、ニュースで報道されているのは氷山の一角かもしれません。

そう思うと、どれだけの子供が虐待を受け、心に傷を負っているのか、そして、その子達が大きくなった時にどういった世の中になっているか・・・

考えると、そら恐ろしいとは思いませんか。


でも、虐待を受けた子供をフォローするのは勿論なのですが、虐待をしている人の心をケアするのも重要なはずです。

だって、虐待をされる人を生み出すのは、虐待をする人だから。



いじめもそう。

いじめられた子も勿論ですが、いじめる子の心の状態を何とかしないことには、いじめはなくならないのです。


虐待された側、いじめられた子を追っているだけでは対症療法。

虐待する側、いじめをする側をケアしてこそ、根治療法。


身体については「予防、予防」と言っていますが、行政も心についての予防も必要だと、気づき、対策を練らないといけないのでは?と思います。


しかしながら、ここで問題なのは、虐待やいじめをする側は自分に問題があるとは思っていないことが多いのでは?と言うこと。

心がしんどいと思えば、それなりの人(カウンセラー等)に相談することもできるでしょうが、自分が心の中にストレスを感じていることすら気づかない場合は、そのはけ口を知らず知らずの間に子供や他人に向けてしまうからです。


そう思うと、‘カウンセラーに相談することの敷居が低くなること’か、‘全国民カウンセラー化’と言うのが良いのでしょうね。


きちんと聴いてあげることだけで、ストレスは軽減します。

自分の「不快」な気持ちをわかってくれる人が近くにいると思えば、ある一線を越えて取り返しのつかない行動に出ることも抑えられるのです。





今から手を打っていかなければ、手遅れになってしまうような気がするのですが・・・




******* 応援宜しくお願い致します! *******
 
    
    コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 13:28│Comments(0)TrackBack(0) 学び 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール

ナカムラトモコ

■ パフォーマンス アップ コーチ ■  大学の薬学部卒業後、病院、リゾートスタッフ、スポーツメーカー、薬局、医薬品原料商社等、さまざまな仕事を経験。幅広い経験から「部下を生かすも殺すも上司次第」と考えるようになりその時知った‘コーチング’に感銘を受け、この‘コーチ’を天職と活動を開始する。
大阪府出身・在住。

                       ________________
国際コーチング連盟(ICF) プロフェッショナル認定コーチ(PCC)
(一財)生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
日本プロフェッショナル講師協会™ 認定講師
日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
文部科学省認定 1級色彩コーディネーター
(社)AFT認定 カラーデザイナー
薬剤師
                    

ギャラリー
  • 1円玉の幸せ
  • 「PLAN 75」
  • 人を‘ぬるま湯’から抜け出させるためには・・・
  • 「第3回うつフェス」(必要な方の元にこの情報が届きますように・・・)
  • <人生を変えるダイエット> 特別価格のモニター募集中!
  • 中毒性のあるものへの対処の仕方
  • 救いの手を差し伸べなければいけないのは、加害者の方?
  • ダイエットに成功したいですか?
  • ダイエットに成功したいですか?