2015年10月

2015年10月30日

問題だと思っているのは、周りの人であって、当の本人には全く違和感のないことでは?


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


ここのところ、認知症になった声優・大山のぶ代さんの夫・砂川啓介氏が、介護日記を発表されたと言うことが話題になっています。

テレビでも取り上げられているので、私も何度か関連番組を目にすることがあったのですが、その中で、印象的だった話がありました。


砂川氏が、一緒に見ていたテレビでドラえもんをやっていたので、「ドラえもんだよ」と大山のぶ代さんに声をかけたのに、何の反応もなかった、と。

自分がドラえもんの声をやっていたことすら忘れてしまったのか・・・


砂川氏のショックはいかばかりだろうと思いつつも、この話からふと思ったことがあったのです。



認知症の人って、その周りの人にとっては、記憶をなくしていく人、問題がある人かもしれないけれど、その本人にとっては、別になんてことはないのではないだろうか?と。



よく聞くのは、認知症の人であったり、統合失調症の人は幻覚を見る、と。

あと、飛躍するかもしれませんが、霊というものが見える人も世の中にはいるわけで。

これも、その人の‘世界’では見えるのでしょう。
 

要は、‘自分が作り出している世界で、自分が生きているのであればそれもアリなのかも’、って思ったのです。

43


問題だと思っているのは、周りの人であって、当の本人には全く違和感のないことでは?

たとえ、大山のぶ代さんがドラえもんを忘れたとしても、本人の今見えている世界では別になんてことはないのかもしれません。

右往左往しているのは、世の中にいる人全てが同じものを見ていて、同じ様に感じるはずだと思っている周りの人なのでは?


そう思うと、「なぜこんなミスをやったにも関わらず、ケロッとしているのだ!」と、部下の態度にイライラしていた人も、少しは(ケロッとしていることに対して)理解できるのではないでしょうか・・・(ミスを犯したことがいいか悪いかは別として、です。笑)





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 感じたこと 

2015年10月22日

‘先延ばし’に関する新説?!


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



以前、‘先延ばし’について書いたことがあります。

物事を即決しても、決断できなくて先延ばしにしても、悩んでいることにかかる総エネルギー量は一緒なのではないかと言う説なのですが。
 (その時のブログがこちら


昨日、一緒に食事に行った友人が面白い説を唱えたので御紹介しようと思います。
 

それは、「先延ばしヘトヘト説」
 

悩んで悩んで先延ばしした案件は、結局悩みすぎてヘトヘトになっているので、その段階で決断して、何か不具合が起きた場合に、それに対処する力が残っていない、と言う説。

何か不具合が起きるとしても、悩まず即決した場合は、悩みすぎてのヘトヘトがないので、対処しやすい、と。


だから、決断しなければいけないことは先延ばしせずに、即決した方がどんな結果になろうともいいのではないか?と言う説。



なるほど・・・




みなさんは、どう思われますか?


chibi jpg





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月05日

だったら・・・どう生きる?


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。




先日終わったNLPセミナー

その後、メーリングリストに参加者の方が、「講師の先生が最終日に言われた言葉が胸に残っています」と投稿してくれたのを読み、あぁ、そうだった・・私もこの言葉が胸に響いたんだった・・・と思い出しました。

その言葉とは、



あなたは‘あなた’を生きて下さい



嫌であろうが、なんであろうが、私は私しか生きられません。

人間として、避けられないものがあるとするならば、いつかは迎える‘死’と、‘私自身’なのだと思います。

そして先日書いたように、自分しか見ていない(かもしれない)世の中を作り出している独特な存在である私。

唯一無二の存在である私。


イヤだからリセットして次に・・と言うわけにはいかないのです。
 

だったら私はどう生きる?


あなたは・・・どう生きる?
 

j0407544tibi




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 感じたこと 

2015年10月03日

みんな、見ている世界が違うのです・・・


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。




「ナカムラさんが見ている景色と、僕が見ている景色は違うのですよ」

と、先日セッションをしたクライアントさんに言われました。


えっ?じゃぁ、今一緒にいるこのカフェの内装も違って見えているっていうことですか?

「そう言うことです」


じゃぁ、じゃぁ、マスターの顔も、違って見えてるってこと??

「そこまでは・・(苦笑)」




こう言うことらしいのです。

物理的?に言うと、映像は光として目に入ってきます。

光が物に当たって、反射して、目に入って・・云々...


彼の説明自体は難解で、私の‘頭’では理解不能だったのですが、‘心の奥の深いところ’では理解できたようで、物凄く納得したのを覚えています。




自分で作った‘思い込み’や‘信念’によって、事実から外れた‘自分独自の世界’が作られ、人生をも左右されるのはなんとなくわかっていたのですが、実際に目に入ってくる風景(世界)までも、もしかしたら私独自の風景(世界)かもしれないなんて・・・!

だとしたら、今私が見ているこの世界は、‘私しか見ていない世界’であると言えます。

そう思うと、ものすごい孤独感!

だって、‘この世界’は私にしか見えていないのですもの・・・




でも、と言うことは、人の数だけ‘世界’があるのですよね。

そして、その世界を作り出している一人ひとりは独特な、唯一無二の存在。

誰一人として同じ人はいず、とても重い命を持った大切な存在。。。



そういうことを思いながら電車に乗ったり、街を歩くととても不思議な気分になるのです。





みんな、見ている世界が違うのです。

あなたも、そして、部下も・・・


MH900449108





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************

 


tomokonakamura at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 自分一人より、誰かと関わることによって、より深く、より遠くへ行ける。。。
  • コーチ役とオブザーバー役と、立ち位置によって何が違うと言うのか?
  • 元アナウンサーから聞いた 人前で話すのが上手くなるコツ
  • 「火花」
  • 真の沖縄を理解するための旅がここから始まる・・・
  • 自分で自分のパフォーマンスを最大に上げるために… 
  • 上司のいうことを聞いてもらうためには、まずは部下の話をしっかり聞く必要がある
  • 二人以上の人に、しかも同時にコーチングをして貰うと、どういう効果があるか?
  • コーチの意義 ~あなたが自分自身でパフォーマンスを最大限に上げられる様になって貰うためのもの~