2015年06月24日

「直感的思考」と「論理的思考」 


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


ずいぶん久しぶりの更新です。(スミマセン^^;)

今日は、‘独身管理職’には関係ないのですが、お子さんをお持ちのママさん管理職の方も読者にいらっしゃると思うので、その方々のお役に立ちそうなことを書きたいと思います。


 
先日、京都のマンガミュージアムに行って、「ドラゴン桜」を読んできました。

東大を目指すお勉強(?)マンガなんですが、御存知ですか?

結局、全21巻のうち、半分までしか読めなかったんですが、もちろんコーチングのことも書いてあったりして、中身はコーチとしてはとても興味深く・・。


その中でも面白いと思ったのが「直感的思考」と「論理的思考」の話。

東大受験に頑張っている男子高校生が、かつて小学校受験に失敗し、挫折感を味わった経緯があるというところでの母親の言葉。

「上の二人の兄達は、優秀だったのに・・」

・・・実際に同じセリフだったかどうかは覚えていないのですが、こんな感じのことを言っていたと思います。
 

そこで主人公の担任・桜木が「(受験失敗をした)息子さんは早生まれではないですか?」と。

母親は、「ええ」。


その時出てきたのが「直感的思考」と「論理的思考」と言う言葉。

子どもと言うのは、一般的に7~11歳くらいの間に直感的思考から論理的思考に移っていくと考えられているそうです。

これは、物事を直感的に考える時期から論理的に物事を考える時期にあたるのですが、小学校受験では論理的思考が問われるのに、早生まれであると、まだ直感的思考しかできない段階である可能性が高く、そこで失敗し、親に怒られるということでショックを感じたり、挫折感を味わったり・・と言うことがあるらしいのです。


マンガの中では以下の二つの例えで、「直感的思考」と「論理的思考」の違いを説明していました。


1.同数のおはじきを二列並べた場合、
  感覚をあけずに並べたAなら上も下も同じ数と答えられるのだが、
  二列目を感覚をあけて並べたBになると、
  直感的思考の子どもは上と下が同数であると認識ができない


A   ●●●●●●
    ●●●●●●


B    ●●●●●●
  ● ● ● ● ● ●



2.同じコップに同量の水を入れたのち、
  その片方の水を細長いコップに入れ直すと、
  見た目は細長いコップの方が水面位置が高くなるので、
  中身の水の量が同じであると直感的思考の子どもは認識できない


確か、このようなことが書かれていたと思います。




そこで私が思い出したのは、かつて薬剤師をしていた時の同僚の、小学校受験失敗の話。


彼女は3月生まれの早生まれ。

で、お受験で、‘うさぎが、魚が泳いでいる池で釣りをしている絵’が書いてあって、

「さかなをつっているのはなんでしょう?」

と言う問いがあったそうなんです。


そこで彼女、
 
「つりざお!」

と答えて、お母さんにこっぴどく叱られたそうな(笑)。
 

その話を聞いた時は、「いやぁ~、間違いじゃないもんね。感性豊か~」って二人で大笑いしたのですが、これってきっと彼女が直感的思考段階だったからなんじゃぁないかなって思うのです。

(一応、彼女の名誉のためにいっておきますが、彼女は今は優秀な薬剤師としてバリバリ働いています)



でも、きっとこんな風に、オトナでは考えられない思考をしてるんでしょうね、子どもって。



 と言うことで、小学校に上がる前後ぐらいのお子さんをお持ちのお母さん、お子さんが多少トンチンカンなことを言っていても、それは直感的思考段階なので、許してあげてくださいね・・・



MB900433167


******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 20:32│Comments(0)TrackBack(0) 心理学 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 「ハクソー・リッジ」
  • 職場に苦手な人がいて、困っています
  • 人は誰しも自分の内なるものを外に見る
  • 「ウチの上司は仕事ができない」
  • 人って自分一人では‘自家発電’はできない。
  • 単なる‘石ころ’を‘ダイヤ’にする??
  • 全ての企業は、社員が持っている‘最初のやる気’を萎ませないようにしていただきたいものです..
  •  「ちょっと今から仕事やめてくる」
  • 「銀の鈴」