2015年10月30日

問題だと思っているのは、周りの人であって、当の本人には全く違和感のないことでは?


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


ここのところ、認知症になった声優・大山のぶ代さんの夫・砂川啓介氏が、介護日記を発表されたと言うことが話題になっています。

テレビでも取り上げられているので、私も何度か関連番組を目にすることがあったのですが、その中で、印象的だった話がありました。


砂川氏が、一緒に見ていたテレビでドラえもんをやっていたので、「ドラえもんだよ」と大山のぶ代さんに声をかけたのに、何の反応もなかった、と。

自分がドラえもんの声をやっていたことすら忘れてしまったのか・・・


砂川氏のショックはいかばかりだろうと思いつつも、この話からふと思ったことがあったのです。



認知症の人って、その周りの人にとっては、記憶をなくしていく人、問題がある人かもしれないけれど、その本人にとっては、別になんてことはないのではないだろうか?と。



よく聞くのは、認知症の人であったり、統合失調症の人は幻覚を見る、と。

あと、飛躍するかもしれませんが、霊というものが見える人も世の中にはいるわけで。

これも、その人の‘世界’では見えるのでしょう。
 

要は、‘自分が作り出している世界で、自分が生きているのであればそれもアリなのかも’、って思ったのです。

43


問題だと思っているのは、周りの人であって、当の本人には全く違和感のないことでは?

たとえ、大山のぶ代さんがドラえもんを忘れたとしても、本人の今見えている世界では別になんてことはないのかもしれません。

右往左往しているのは、世の中にいる人全てが同じものを見ていて、同じ様に感じるはずだと思っている周りの人なのでは?


そう思うと、「なぜこんなミスをやったにも関わらず、ケロッとしているのだ!」と、部下の態度にイライラしていた人も、少しは(ケロッとしていることに対して)理解できるのではないでしょうか・・・(ミスを犯したことがいいか悪いかは別として、です。笑)





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 11:05│Comments(0)TrackBack(0) 感じたこと 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 上司のいうことを聞いてもらうためには、まずは部下の話をしっかり聞く必要がある
  • 二人以上の人に、しかも同時にコーチングをして貰うと、どういう効果があるか?
  • コーチの意義 ~あなたが自分自身でパフォーマンスを最大限に上げられる様になって貰うためのもの~
  • 決め手は…集中力?
  • シングル女性の将来への不安
  • 崖っぷちに立たされるような事がなければ変われない?
  • 「三度目の殺人」
  • いい人やめたらどうなる? 
  • 貧困を連鎖させるのは、親の所得格差ではなく「思考の格差」?