2016年02月15日

上手に自分を‘とどける’伝え方


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
先日、このブログでご紹介した本・「『先延ばし』にしない技術」
 
 
あの時も書いたのですが、この本にはこんなことが書いてあります。
 
 
・人からの頼みごとを断れないのは、
 自分の目指すところ(目標)が見えていない証拠
 
・人からの頼みごとを断れないのは、
 相手に対する配慮ではなく、人から愛されたい欲求と、
 拒否されることの恐れが強いことがもとになっている
 
 
これらから言えることは、どれだけ自分に誠実になって、自分の欲求をわかって人と接することが大事かと言うこと。
 
 
 
そして、そうしないことによるリスクはこうです。
 
 
・気の進まない頼みごとが断れなければ、
 本当に大切なことに時間とエネルギーが注げない
 
・気の進まない頼みごとを受けると、
 他人に振り回されている感になり、
 それは自信を失うことになり、ストレスになる
 
・断りきれずに頼みを聞いても、
 相手に対し無意識に腹を立てることになる。
 これは長期的にみれば人間関係を悪くすることになる
 
 
 
いつも自分を押し殺して、人の言いなりになってしまっている人、それを続けているとどうなってしまうと思いますか?
 
ストレスが溜まり、他人に対して大爆発してしまうか、もしくは、その爆発が自分自身に向いてしまい、精神的な病気につながってしまうか・・・
 
 
そうなる前に、上手に自分を‘とどける’伝え方、学びませんか?
 
 
_______________________
 
良い人間関係は人生を変える!
 
コミュニケーション ステップアップセミナー

相手に‘とどく’伝え方 
     ~アサーティブのすゝめ~
_______________________
 
 
 
23tibi

 
 
 
自分の言いたいことが言えず、過剰にストレスを抱え込んだり、
 
もしくは、きつい言い方をして相手との関係性が悪くなったり・・・。
 
 
どちらもいいコミュニケーションとは言えません。
 
 
相手も自分も尊重し、
‘きちんと’‘上手に’‘とどく’伝え方
ができるようになりませんか?
 

【日時】 2月26日(金) (19時~21時)

【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ) 
     
詳細はコチラ
 
※残3席です。ご興味のある方はお急ぎください。




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 09:36│Comments(0)TrackBack(0) お知らせ 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール

ナカムラトモコ

■ パフォーマンス アップ コーチ ■
大学の薬学部卒業後、病院、リゾートスタッフ、スポーツメーカー、薬局、医薬品原料商社等、さまざまな仕事を経験。幅広い経験から「部下を生かすも殺すも上司次第」と考えるようになりその時知った‘コーチング’に感銘を受け、この‘コーチ’を天職と活動を開始する。
大阪府出身・在住。

                       ________________
(一財)生涯学習開発財団 認定コーチ
  米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
                  日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
                  文部科学省認定 1級色彩コーディネーター
                   (社)AFT認定 カラーデザイナー
                  薬剤師


                    

ギャラリー
  • ヒデキからタツオへ、そして・・・本当の自分へ
  • コーチングスキルセミナー受講の感想を頂きました!
  • いよいよ来週開催!「コーチング ワンコイン練習会」
  • 部下の‘仕事上の成長を望む’と言う気持ちがなければ、コーチングは機能しません
  • いい人生、いい未来へ向かうために・・・
  • 気軽に練習してみませんか? ~コーチング ワンコイン練習会~
  • 社会に貢献できる人材を育てていく
  • 自分自身の、そして相手の`本性’を見抜くには・・・
  • 周りに‘影響力’を発揮するためには・・・