2016年03月14日

怒りが出てきたときにはどうする? ~感情のマネジメント法~


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



みなさん、カーッとなって、‘怒り’に心と身体が支配されてしまったことはないですか?
 
そしてそんな時はどうしています?
 
 
怒りにまかせて目の前の人をぶった切る(笑)か、それか言えずに我慢して、いつまでも恨みと共に悶々と過ごすか・・・
 
 
 
私自身は‘怒り’に振り回されるってことはあんまりないのですが(これも、単にその感情を抑え込んでしまっているだけかもしれませんけど)、それでも無性に腹が立って仕方がないってことも年に数回あるわけで。
 
そんな時どうするかと言うと、その感情に気づいた上で、その感情を生み出した‘思考’を探ります。
 
 
‘怒り’の感情は第二感情。
 
まずは‘怒り’が発生する元の感情があるってこと。
 
ショックだったとか、悲しかったとか、焦りだったりとか・・・
 
 
それに気づいて、その感情を引き起こした思考を探り、その上でどう行動を取るか?
 
 
これが感情のマネジメント法です。
 
そこがわかっていなくて、反射的に手が出るとか、暴言が口から出るということがあるから、人間関係が悪くなっていったりするのです。
 
 
他人と上手くコミュニケーションを取るには、自分自身とコミュニケーションを上手く取っていかねばなりません。
 
そんなお話をさせていただくセミナーをします。
 
残席わずかですので、ご興味のある方はお急ぎくださいませ。。。


 
 
___________________
 
    自分の感情をマネジメントする 
 
~自分自身とのコミュニケーション~
___________________
 
      MB900433167
      
 
コミュニケーションスキルという‘剣(つるぎ)’を手に入れても、
それを扱う人がその剣を上手く扱えなければ意味がありません。
 
他人とのコミュニケーションが上手にできる人は、
自分自身とのコミュニケーションも上手くできる人。
 
自分の感情に振り回されないように
自分自身ともきちんとコミュニケーションを取れるような
あなたになりましょう。
 
【日時】 3月25日(金) (19時~21時)
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      
 
                     詳細はコチラ




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 11:14│Comments(0)TrackBack(0) お知らせ 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール

ナカムラトモコ

■ パフォーマンス アップ コーチ ■
大学の薬学部卒業後、病院、リゾートスタッフ、スポーツメーカー、薬局、医薬品原料商社等、さまざまな仕事を経験。幅広い経験から「部下を生かすも殺すも上司次第」と考えるようになりその時知った‘コーチング’に感銘を受け、この‘コーチ’を天職と活動を開始する。
大阪府出身・在住。

                       ________________
(一財)生涯学習開発財団 認定コーチ
  米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
                  日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
                  文部科学省認定 1級色彩コーディネーター
                   (社)AFT認定 カラーデザイナー
                  薬剤師


                    

ギャラリー
  • 平本あきお氏の「非言語コーチング」
  • 今月は再来週の金曜日です!「コーチング ワンコイン練習会」
  • クライアントさんからの感想 ~ダンサーのためのマインドアップコーチ・吉田麻里さん~
  • 影響力・実行力のある方に、ぜひ受けて頂きたいです!
  • 新社会人の方、早めに気づいた方が得ですよ...
  • ヒデキからタツオへ、そして・・・本当の自分へ
  • コーチングスキルセミナー受講の感想を頂きました!
  • いよいよ来週開催!「コーチング ワンコイン練習会」
  • 部下の‘仕事上の成長を望む’と言う気持ちがなければ、コーチングは機能しません