2016年04月08日

そのままで価値ある存在


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。




今日は駅のホームで電車を待っていた時に、起こった出来事について
書きたいと思います。
 

この駅では、最寄りに私立の中学校があって、どうもこの日は入学式だったようです。
 

親と一緒の中学生がいる中、一人で電車が来るのを待っている子もいました。
 

私はそんな一人の男の子の近くに立って、電車を待っていたのですが、これまた一人で来ていた男の子がその子に話しかけてきたのです。

 

A 「こんにちは~。 自分(Bくんのこと)、同じクラスやんなぁ?」

B 「う、うん…」

 

Bくん、明らかに戸惑っている様子。

それをものともせず、Aくん、べらべらしゃべりかけます。

 

A 「どこ住んでんの?

  休日は何して遊ぶん?
  え?ゲームとかせぇへんの?

  やっぱり、医者目指してるの~?
  そういう子、結構(この学校を)受けてるみたいやもんなぁー」

 

ガンガンというか、ズケズケと相手の懐に入り込むAくんと、そういう人間関係は苦手と見えるBくん。

そしてどっちもコミュニケーションの取り方としては微妙だなぁ・・と思っている私。

 

そうこうしている間に、電車が到着しました。

乗り込んで席に座り、降りる駅まで寝ようかなぁ・・と思ったのですが、例の二人組の声が聞こえてきます。

気になるので聞くともなしに聞きながら、その子たちの姿を確認しました。
 

Aくん、思った通り、積極的にしゃべるタイプに見えます。少し、空気が読めないタイプかな?

Bくん、内気な中肉中背タイプ。クラスでは明らかにおとなしいグループにいそうな・・・

 
・・・と、二人を観察してハッと気付いたのです。

 

わぁ、私、また‘比べている’
 

Bくんに比べてAくんはこうだとか、Aくんに比べてBくんはどうだとか、比べるから何かしらアラが見えてくるんだ!

 
だったら、比べずに一人ずつを見てみたらどうでしょう?
 

そう思ってAくんだけを見てみたのです。
 

うん、普通の子だ。

 

今度はBくんだけ。
 

うん、この子も普通にいい子。

 

 

比較もせずに、ただ、その人を見る。。。
 

そんな、‘その人そのものを見る’ということが何と難しいことか!

 
そもそもその人そのものには、いいも悪いも何にもないのに、比較をすることでいい・悪いが出てきてしまいます。
 

そして私の場合、この比較癖、自分と他人の間でもよくやることなのです。

人と比べると自分は全くダメだと思ってしまいます。

そしていつも落ち込んでしまって。。。

 
でも、他人と比較ではない‘私そのもの’を見てみたら?

ただ、こういう特徴・性格の私がいるだけ。

ただそれだけ・・・
 

そうやって、 ‘私そのもの’を見てみたら、認めてあげたら、電車の中で涙が出そうになったのです。。。

 

 

このことに気づかせてくれたあの二人の男の子に感謝。
 

君たちは、そして私も、そのままでいいんだよ。

そのままで価値ある存在なんだから・・・

MH900449108




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


tomokonakamura at 17:34│Comments(0)TrackBack(0) 気づき 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 上司のいうことを聞いてもらうためには、まずは部下の話をしっかり聞く必要がある
  • 二人以上の人に、しかも同時にコーチングをして貰うと、どういう効果があるか?
  • コーチの意義 ~あなたが自分自身でパフォーマンスを最大限に上げられる様になって貰うためのもの~
  • 決め手は…集中力?
  • シングル女性の将来への不安
  • 崖っぷちに立たされるような事がなければ変われない?
  • 「三度目の殺人」
  • いい人やめたらどうなる? 
  • 貧困を連鎖させるのは、親の所得格差ではなく「思考の格差」?