2016年07月07日

心の奥深くでメリットを感じているから、やめられない??


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 

実は・・・驚くべきことに気づいてしまいました。

 

 

先日書いたこのブログ

 

‘自分の解釈’について書いたのですが、私は子供の頃から物事を悪く捉える傾向がありました。

 

その理由は、いいことを考えていて、実際に悪いことが起きたら、‘落とされる’気持ちになるのがイヤだったから。

 

だから最初から悪めに考えておけば、それよりも悪い結果になったとしても落とされる距離(?笑)も少なくて済むし、仮に結果が良ければ、上に上がるわけだから心に打撃は与えられない。

 

そんな感じで物事を悪く捉える癖がついていたのです。

 

いらない心労がかかってしまうのもわかっているんですが、最終的に上からどーん!と落とされるぐらいなら・・と、どうしても悪い結果を予想してしまいます。

 

 

それはそういう癖なんだと思っていたんですが、実はそうではないのかも・・・と。

 

 

と言うのも、先日また悪い思い込みをしていたことがあり、でも結果はそんなに悪くなかったということがあったのです。

 

その時のホッとした感じ。

 

 

ん・・・?

 

あれ?もしかして・・・

 

 

落とされる気持ちになるのがイヤだというのも事実なんですが、この「ホッとした感じ」を味わいたくて、敢えて悪い思い込みをするのでは?

 

 

 

人が何かを起こすのには、何らかの理由があります。

 

自分でわかっているのもあれば、わからないのもあるのです。

 

 

例えば、煙草をやめたいと思っているのにやめられない人。

 

若い時に不良となって煙草を覚えた時に、実は煙草を吸うことによって、‘一人じゃない、仲間に受け入れられる’と言うメリットが自分の深い意識の中に擦り込まれたとしたなら・・・

 

一見悪いことに思えそうでも、自分の中でメリットを感じてしまっていたとしたら、知らず知らずのうちにそうしてしまうのが私達人間。

 

 

私の場合も、今思うと、今まで悪く想像していたほど、その後の結果はそんなに悪くなかったんですよね。

 

いつも最低最悪のことを想像して、ホッとする状況に持って行っていたような気がします。

 

そして、それを毎回味わいたい自分・・・

 

 

自分が傷つきたくない!と思ってやっていたことが、実はホッとする感覚を味わいたいためにやっていたとは!

 

 

 

あなたにも心当たりはないですか?

 

やめたいと思う悪しき癖なのに、なかなかやめられないものがあるのなら、それは心の奥深くでメリットを感じているからかもしれません。。。




chibi jpg





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 12:26│Comments(0)TrackBack(0) 気づき 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 「三度目の殺人」
  • いい人やめたらどうなる? 
  • 貧困を連鎖させるのは、親の所得格差ではなく「思考の格差」?
  • 親の背を見て子は育つ。部下も上司の背を見て育つ。
  • 「グッド・ウィル・ハンティング ~旅立ち~ 」
  • 新幹線清掃チーム「7分間の奇跡」から学ぶ
  • ストレスに打ち勝つには?
  • 「ハクソー・リッジ」
  • 職場に苦手な人がいて、困っています