2016年08月09日

「しめしめ、これはきっと、上手くいく」と言う魔法の言葉


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。

 

一週間ほど前でしょうか、元力士が川に流された親子3人を救出したとのニュースが報道されましたよね?

 


たまたま見ていたテレビ番組で、その元力士の方のインタビューが流れていたのですが、これがとても興味深かったのです。

 


 

川の流れは予想以上に強く、3人の親子を抱えたまま流されたこの方。

 

でも、底が少し浅くなり、足がついた場所で思いっきり踏ん張って、川の流れに流されないようにしたとか。

 

 

「力士時代練習していたことは、

 この瞬間のためだったんだと思いました」

 

と。

 

 

 

その時、今読んでいる本と繋がったのです。


 

 001

 

  「神さまとのおしゃべり」  さとうみつろう著




この本に書かれていることの一つで、うまくいかなかったことでも、未来においてそれがどういう位置づけになるかは、その人がその事をどう捉えるかによって違ってくると。

 

だから、最悪なことが起きたとしても「しめしめ、これはきっと、

上手くいく」と唱えよ、ということらしいのです。

 

 


まさにこのニュースはそうだと思いました。

 

この元力士の方、現役の時は三段目まで行ったそうです。

 

でもこの三段目は幕内、十両、幕下に続く地位で、やはり上を目指すことを思ったら、夢半ばで諦めて相撲をやめられたのだと思います。

 

でもでも、この力士と言う経験があったからこそ、人の命を助けることができたわけで。

 

そう思うと、相撲を辞める時は失意のどん底であったでしょうが、まさに

「しめしめ、これはきっと、上手くいく」ということが起きたのではないかと思うのです。

 

 

 

私自身も今考えると、あの時は上手くいかなかったけれど、あの時のあの経験が後々役に立っているということはいくつかあるわけで。小っちゃいことばっかりですが (苦笑)

 

 



そう思うと、今の結果で「最悪だ」と判断するのではなく、未来に判断を先延ばしにする、

 

「しめしめ、これはきっと、上手くいく」

 

と言う言葉。

 

 

これ、使えるのではないでしょうか。。。







******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 13:05│Comments(0)TrackBack(0) 感じたこと 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 「ハクソー・リッジ」
  • 職場に苦手な人がいて、困っています
  • 人は誰しも自分の内なるものを外に見る
  • 「ウチの上司は仕事ができない」
  • 人って自分一人では‘自家発電’はできない。
  • 単なる‘石ころ’を‘ダイヤ’にする??
  • 全ての企業は、社員が持っている‘最初のやる気’を萎ませないようにしていただきたいものです..
  •  「ちょっと今から仕事やめてくる」
  • 「銀の鈴」