2016年08月18日

いつも何を言っているのかわからない部下はもしかして・・・


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。

 

‘何と言うことはないものについて5分間考える’ということをしている私なのですが、先日、「立派」ってどういうことだろう?と考えてみました。


 うーん...

 

言葉では説明できないなぁ・・・

 

‘感覚的’に「立派」ってどういうことかはわかるので、立派だなぁ~って思う行動を取った人には「立派ですね!」と声をかけることができるのですが。

 

 

 

あれ?

 

でも、言葉で言い表せられないのに、自分の感覚だけで「立派」って言っていいのかな?

 

そう思うと、言葉って各人の‘感覚的な認識’によって使われている可能性があるのではないでしょうか。

 

そうなると、当然、‘ズレ’と言うものが発生するわけで。

 

同じ「立派」と言う言葉でも、Aさんの思う「立派」と言う感覚と、Bさんの思う「立派」と言う感覚とがズレている場合、会話をしていると微妙なズレが居心地の悪さ、ひいては、話が通じない感覚になるのではないのかと思うのですが。

 


思っ ていること・伝えたいことを言葉に‘翻訳’してしゃべるのが人間だとすると、誰か人としゃべっているときに、何か会話がかみ合わないとか、言っていることがスッと入って こない時って、‘翻訳’の仕方(言葉への変換)が上手くいってないということもあるけれど、‘翻訳’前のその人のその言葉の認識が、そもそも私とは違う認識である可能性 があると言うことも考えられるのではないでしょうか。



「この部下は、いつも何を言っているのかわからない!」


そんな場合は、あなたと言葉の認識が違っているのかも。


もし部下の言葉の認識が自分と違うのかもしれないと思える上司なら、きちんとその部下の話を「聴き」、「理解しようとする」姿勢もできるのではないでしょうか・・・

 



23tibi






******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 18:39│Comments(2)TrackBack(0) メンバー育成 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事へのコメント

2. Posted by ナカムラトモコ   2016年08月19日 20:35
コメントありがとうございます。

確かにそうですね。
子育てと同じく、部下を育てるのも難しいですが・・
1. Posted by げのやん   2016年08月19日 18:20
4 国語力の低下。ひとりっ子は、親がYesかNoの答えでいいように質問するから、コミュニケーション能力が挙がらない。

本、新聞を読むべし。

日報、週報、月報を書いて、上司が校正すべし。

上司も自分のレベルで話さず、若手のレベルまで降りてこな。育てるのも仕事。

ま、ストレスで上司の酒量は増えるかもね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 上司のいうことを聞いてもらうためには、まずは部下の話をしっかり聞く必要がある
  • 二人以上の人に、しかも同時にコーチングをして貰うと、どういう効果があるか?
  • コーチの意義 ~あなたが自分自身でパフォーマンスを最大限に上げられる様になって貰うためのもの~
  • 決め手は…集中力?
  • シングル女性の将来への不安
  • 崖っぷちに立たされるような事がなければ変われない?
  • 「三度目の殺人」
  • いい人やめたらどうなる? 
  • 貧困を連鎖させるのは、親の所得格差ではなく「思考の格差」?