2017年04月05日

「何を言うか」ではなく、「誰が言うか」


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
知り合いが発行しているメルマガで、コミュニケーション関係のことが書かれていました。
 
部下が嘘をつき、その上司がその事実を隠蔽し・・・
 
そうならないためにはどうすればいいのか?というような内容でした。
 
 
これまでもその方のメルマガでは、企業内でのコミュニケーションで役立つ内容が書かれたりしていたのですが、それは某有名新聞の1コーナーからの引用。
 
その方にしたら、これは役立つ!ということでご紹介されているようなのです。
  
 
私はずっとこういう仕事をしているので、その方のそのメルマガの記事については、
  
「前から私、(そのこと)言ってるのにな・・・」
  
と思ったりしているのですが、私の声がその方に届いていないのか、私が言っても「そうか!」と思ってもらえなかったのか。。。
 
 
 
 
こんなこともありました。
 
 
友人のブログの書き込みから。
 
ある体験を通して、
 
「『今、ここ』に意識を向けるって、本当に大事なことだと思いました!」
 
と。
 
   
私もずっと前から同じようなこと、言ってたつもりだったのだけど...
 
 
 
 
結局は「何を言うか」ではなく、「誰が言うか」(メディア力)が大事で、更にいうと、タイミングも大切ってことなんでしょうね。
 
 そう、「碎啄同機(そつたくどうき)」です。


 碎啄同機(そつたくどうき)とは?
  鶏の雛が卵から産まれ出ようとするとき、殻の中から卵の殻をつついて音をたてる。これを「碎」と言い、そのとき、すかさず親鳥が外から殻をついばんで破る、これを「啄」と言う。
そしてこの「碎」と「啄」が同時であってはじめて、殻が破れて雛が産まれるということ。



 
とにかく、 
 
・自分の伝えたいことをきちんと発信し続ける
(いつ聞き手に「碎」のタイミングが来るかはわからないので)
 
・自分のメディア力を上げていく
(この人の言葉なら信用できる!と思ってもらわないと聞いてもらえないので)
 
 
 
それを学んだこの数日間。



皆さんはいかがですか?


部下に対して、メディア力はありますか?

タイミングよく、伝えていますか?

 



MH900449108




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************

 


tomokonakamura at 15:25│Comments(0)TrackBack(0) 気づき | 感じたこと

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?
  • 「自分を信じる」ということ。
  • 嬉しい知らせをいただきました!
  • ‘知識’を‘知恵’に変えるには?
  • 「何を言うか」ではなく、「誰が言うか」
  • 上手に「伝える」コミュニケーション技術
  • 地雷を踏む、とは。。。
  • コーチングの手法を使った講座運営
  • ‘感情の揺れ’は自分の捉え方に気づくチャンス