2017年12月09日

コーチ役とオブザーバー役と、立ち位置によって何が違うと言うのか?


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



私はNPO法人 日本サービスマナー協会と言うところでコーチ養成講座の講師をさせていただいています。

講座では受講生にスキルをお伝えした後、実際にコーチングを行って貰っております。

コーチ役、クライアント役、オブザーバー役(観察者)の三つの役を順繰りに体験。

最後に振り返りで、やってみて気づいたこと、感じたことを言って貰うのですが、その時に一人の受講生が、

「オブザーバーで見ていた時は、
 『私だったらこうするのにな~・・』
 なんて思ったりしたのですが、
 自分がコーチ役をやっている時は、それどころじゃないって感じでした」

と。

これはこの方のみならず、私自身もいつも感じること。

折角このことを受講生が感じたのだから、「コーチ役とオブザーバー役と、立ち位置によって違ってくるのは何故だと思いますか?」と問うてみたかったのですが、時間がなかったのでその質問は飲みこみました。

でも、口には出さなくても、自分自身に問うことになって、はたと気が付いたのです。


あぁ、この本に書かれていることだ・・・!!


003



オブザーバー役の時は、結構気楽にコーチングセッションを見ることができます。

でも、コーチ役だとセッション中に関係のない言葉が頭の中に浮かんでくるのです。


しっかり聴かなきゃ・・・

上手くコーチングしなきゃ・・・

クライアントさんに満足してもらわなきゃ・・・


実はこういう‘雑音’がコーチのパフォーマンスを落とすのです。

目の前のクライアントさんに意識を集中するというより、これってコーチ自身が自分に意識を向けているのと同じこと。

自分をコントロールし、自己評価をしている状態では、自分の潜在能力が発揮されなくなってしまう、とこの本は言っています。


それに比べてオブザーバーのなんと気楽なこと。

気楽であるがゆえに、落ち着いてセッションを見ることができ、効果的であろう質問も浮かびやすくなるのでしょう。


なるほど・・・

長らく思っていたことが、こういうことだったとは... 






ご興味のある方はこの本、ぜひ読んでみてくださいませ。。。





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 09:58│Comments(0) コーチング | 感じたこと

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール

ナカムラトモコ

■ パフォーマンス アップ コーチ ■
大学の薬学部卒業後、病院、リゾートスタッフ、スポーツメーカー、薬局、医薬品原料商社等、さまざまな仕事を経験。幅広い経験から「部下を生かすも殺すも上司次第」と考えるようになりその時知った‘コーチング’に感銘を受け、この‘コーチ’を天職と活動を開始する。
大阪府出身・在住。

                       ________________
(一財)生涯学習開発財団 認定コーチ
  米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
                  日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
                  文部科学省認定 1級色彩コーディネーター
                   (社)AFT認定 カラーデザイナー
                  薬剤師


                    

ギャラリー
  • パワハラ対策、どのぐらい進んでいますか?
  • コーチが不要になることこそがコーチの意義
  • 人は誰しも自分の内なるものを外に見る
  • 今年最後のコーチング ワンコイン練習会、開催しました
  • イライラへの対処法
  • いよいよ・・・今年最後の開催です!「コーチング ワンコイン練習会」
  • 気づかなくても、もう役目は果たしている ・・・誰でも
  • あなたの役目は何ですか?
  • 上手な`叱り方’とは?