2014年05月29日

「チョコレートドーナツ」


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



フェイスブックでつながっている知人が


「いい映画だったが、切ない」

と書いていたのに興味を持ったので、この日、その映画を見に行きました。



「チョコレートドーナツ」


70年代のアメリカで、実際にあった話をもとにした映画。


麻薬中毒で警察に捕まってしまった母親の代わりに、そのダウン症の息子と一緒に暮らすことになったゲイカップル。


周囲の偏見や、司法の壁に阻まれ、それと闘っていく・・・。




しかし・・・

時代が時代なのでしょう。

今ではゲイだからと言って、ここまで激しく叩かれることはないのかもしれません。


でも衝撃の結末を見ると、当の本人(特にダウン症の少年)にとって大事なのは、司法で決められる「ゲイカップルが保護者として適切かどうか」ではなく、その少年が「どう思っているのか」の‘気持ち’なのではないでしょうか。


なんでもかんでも理路整然と頭で考えて、ジャッジを下すことがいいとは限らない。

いつの時代も、結局は‘心が求めているかどうか’が大事なのでは・・・



そんなことを感じさせられたこの映画。


ご興味のある方は見てみては、いかがでしょうか・・・




__________________________


※ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方は
コチラ

__________________________

◆◇
◆◇◆◇◆◇セミナーのお知らせ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<プチ☆うたこ>
~ 幸せ ギュッと 引き寄せ セミナー ~

【日時】 6月24日(火)19:00~21:00

【場所】 EXE SALON
        ※大阪・天満橋駅下車 西へ徒歩5分

               詳細はコチラ  
 


tomokonakamura at 08:46│Comments(0)TrackBack(0) 学び 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?
  • 「自分を信じる」ということ。
  • 嬉しい知らせをいただきました!
  • ‘知識’を‘知恵’に変えるには?
  • 「何を言うか」ではなく、「誰が言うか」
  • 上手に「伝える」コミュニケーション技術
  • 地雷を踏む、とは。。。
  • コーチングの手法を使った講座運営
  • ‘感情の揺れ’は自分の捉え方に気づくチャンス