2014年07月11日

やる気の強さが結果を生む!



   こんにちは!

   パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



昨日このブログに
実用ペン習字の会のことを書いたのですが、


書


生徒さんのお一人がフェイスブックに感想を書かれていたのを見て、これ、まさしくコーチングだなぁと思いました。




最初、「3ヵ月で、お礼状が書けるようになりたい、邪道でもいいから」と言われた時は、


基本的なこともせずにお礼状?@@; しかも、3ヶ月?!



「何と無謀な・・・」と、正直思いました。

しかし、私の師匠に相談したところ、「大丈夫。本人にやる気があれば、必ず3ヵ月で書けるようになるから」と。

そこで、「じゃぁやってみますか?」と始めたこのプロジェクト(笑)。


3ヵ月間を振り返ってみて、この結果は全く持って本人のやる気に支えられたと思うのです。

これがコーチングと同じところなんですよね。

コーチングは、クライアントが主体的に取り組む「決意」、それによりそうコーチの「覚悟」が必要です。


何としてでも3ヶ月で書けるようになりたい。

でも、一人きりではどうすればいいかもわからないし、不安。。。

そんな気持ちを取り去り、もっとやりたい!もっとうまくなりたい!・・そんな‘人間の行動の原動力’となる「自主的な気持ち」を高めていくわけです。

そのためには小さなステップアップや承認やフィードバック。

これらコーチングのスキルを知らない間に駆使していたとは、当の私も気づかなかったのですが。


実際、生徒さんも初めは、「こんなの無謀だった」とか「慣れだよね、でもいつ慣れるの!」なんて、仲間内でブチブチ言っていたそうです。

でも後半、少し慣れて好きな字がでてきたら楽しくなってきました!と。

そして今は、「もっともっと、上手くなりたい」と思っているとのこと。


気持ちが高まれば、行動に移ります。

行動に移れば結果は出ます。

本人のやる気があれば、後はそっと介添えするだけで大丈夫なのです。


コーチが何かしてあげようと思わなくても、クライアントの力を信じて関わること。


これこそまさにコーチング!



それを学んだ今回のことでした・・・




__________________________

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

 


tomokonakamura at 10:24│Comments(0)TrackBack(0) コーチング 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 「三度目の殺人」
  • いい人やめたらどうなる? 
  • 貧困を連鎖させるのは、親の所得格差ではなく「思考の格差」?
  • 親の背を見て子は育つ。部下も上司の背を見て育つ。
  • 「グッド・ウィル・ハンティング ~旅立ち~ 」
  • 新幹線清掃チーム「7分間の奇跡」から学ぶ
  • ストレスに打ち勝つには?
  • 「ハクソー・リッジ」
  • 職場に苦手な人がいて、困っています