学び

2018年02月10日

上司への質問は、「‘当たり’をつけたクローズドクエスチョン」が効果的


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日受けたアサーティブの研修で、面白い気づきがあったのでシェアしたいと思います。 

 

この時のテーマは、「批判に対してアサーティブに対応する」と言ったもの。 

事例は、上司に作成した資料を提出するものの、「こんなの全然ダメ!」と強く突き返される部下が、どうアサーティブに対応するか。。。
 

何度もそういう目に遭ってしまうと、オドオドしてしまうか、もしくは逆切れするか。

でも、責められて終わるでもなく、かといって、ブチ切れるわけでもなく、いいコミュニケーションを取っていきたいもの。

 

ロールプレイをしていて気づいたのは、上司に対する質問の仕方。


質問には大きく分けてクローズドクエスチョンと言われるものと、オープンクエスチョンと言われるものがあります。

クローズドクエスチョンとは「イエス」「ノー」で答えられる質問で、オープンクエスチョンとは5W1Hの質問で、出てくる答えが様々であるもの。

コーチングをしていると、オープンクエスチョンでクライアントさんの考えを引き出すようにするのですが、上司に対しては、敢えてクローズドクエスチョンの方がいいということに気づいたのです。

 

「こんなの全然ダメ!」

とダメ出しを受けて、すごすごと「すみません・・」とその場を去るのは最悪。

きちんと何がダメかを理解し、作り直しをしなければ、資料は改善されないわけで。

 
その時に言いがちなのが、

「どこが悪いんでしょうか?」

と言うオープンクエスチョン。


上司の中から答えを引き出そうとするのはNGです。

そりゃぁ上司もムッとして、「そんなの自分で考えろ!」と、言うでしょう。
 

そうではなく、クローズドクエスチョンを使う方がいいと言うこと。 

「ここを改善しなきゃいけないのかな~」と言う‘当たり’をつけて上申する。

ここで重要なのは、単に改善点を予測して言うだけではなく、その資料を作った時に気をつけたところも言うこと。


「私としてはこの部分を強調したかったのですが、
 フォントの大きさがマズイのでしょうか?
 それとも文章が長すぎるんでしょうか?」

と言うような感じ。
 

‘当たり’が当たっていれば「そうだ」とイエスを貰えるし、ノーの場合であったらそこから上司の考えがポロリと出ることもあるし、出ないとしても、‘当たり’をつけたところが問題ではないということはわかります。

 

上司は部下から答えを引き出されたくはない。

これだと思うのですよね。

 


何も考えずに「どうしたらいいですか?」ではダメで、「こうした方がいいのではないかと思います」と言う‘当たり’をつけた意見を上司は聞きたいのでしょう。


まぁ、状況にもよるでしょうが、基本、上司には‘当たり’をつけたクローズドクエスチョンで。

 

本当のところを言うと上司には「(他人は分かりやすく)言わなければわからない」と言うことを知った上で、敢えて本人の考える力を引き出す関わりをしていただきたいもの。

上司の自分が今これを言ってしまうのは簡単だけど、自分で考えて欲しいと思って資料を突き返すのならいいけれど、単に「アホか!」とか「何を答えを求めてるのだ!」の感情的な理由で突き返すのは止めていただきたいものです。。。



c35e59fb




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年01月26日

人に伝わる話し方


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、プレゼンテーションの研修を受けに行ってきました。


ウィキペディアによるとプレゼンテーションとは、
「情報伝達手段の一種で、聞き手に対して情報を示し、理解・納得を得る行為」
とのこと。

これをすることによって更に相手の行動を促すことができれば尚良し!だそうです。


で、この研修で非常に使えるな!と思ったものがあったのでおすそ分けしたいと思います。


それは何かといいますと、プレゼンテーションの「型」。

色々とあるのですが、
PREP法と言うものをご紹介しますね。


PREPとは

Point(結論)
Reason(理由)
Example(具体的な例)
Point(結論)

の略です。

この順で話を組み立てて話すことで驚くほど相手に伝わりやすくなるのです。

実際にワークでやってみたのですが、自分でも驚くぐらい話がうまく・・と言うか、伝わりやすくなって・・・。


この型を学ぶ前に1分間でプレゼンをするというものをしたのですが、とにかくグダグダ。

時間は足りないし、自分でも何を伝えたいのか、ポイントがズレるため、聞いている人にもイマイチ伝わりません。

でも、この型に沿って同じ話を組み立てて話してみると、あ~ら不思議。

1分が長く感じるほどコンパクトに、しかもわかりやすい内容になったのです。

私自身、話していて感じたことですが、最初にやったのはデコラティブにアクセサリーをつけすぎて、結局どこにファッションのポイントがあるのかわからない状態で、PREP法でやったのは、無駄なアクセサリーを削ぎ落してシンプルな装い・・な感じでしょうか。(わかりますか~?笑)

シンプルがゆえに伝わるって感じです。


これは本当に使えます。

皆さんも、とくにプレゼンテーションと言うことだけではなく、何か人に伝えたい話をする時に、一度PREP法を意識してやってみてはいかがでしょうか?



20



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


自分を知ることは、良い人間関係を作る第一歩!

▼ 心理テスト ~ エゴグラムセミナー ~

【日時】 
2018年2月7日(水)午後7時~9時 
              
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ



tomokonakamura at 16:21|PermalinkComments(0)

2017年12月13日

自分一人より、誰かと関わることによって、より深く、より遠くへ行ける。。。


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。




先日、久々に‘フォーカシング’の勉強会に行ってきました。



フォーカシングとは


なんとなく嫌な感じ・・・

なんとなく心がざわつく感じ・・・


など、「なんとなく」の身体の感じに目を向けるカウンセリング技法。


まさに‘腑に落ちる’という気づきが多く、コーチングにも使える手法なので学んでいるのです。




で、この時、面白い体験をしました。


まずは私がフォーカサー(=クライアント)役の時。

リスナー(=カウンセラー)役の人に色々と聞かれながら、「なるほどな~」と言う気づきを得たのですが、振り返りの時に、

「自分一人でやっても、ここまで深まらないんですよね」

と、私。


自分一人でやるときは一生懸命深めようと、自分の身体の感じに集中するのですが、これがなかなか難しい。




で今度は、役割を交代して、私がリスナーをやった時のこと。


「久しぶりなので、できるかなぁ...」


すっかり手順を忘れています。

ま、何とかなるかな。(笑)



基本的にフォーカシングはフォーカサーが口にしたことをリスナーが繰り返して言います。

その言葉を聞いて、フォーカサーが再びその言葉がしっくりくるかどうかを確認していく作業を通して、身体の声に耳を傾けるという感じです。


そう言えば、以前フォーカシングのトレーナーが、「相手の感じている感覚を自分の中に共鳴させて『こんな感じですか?』と聞いてみると良い」とも言っていたような。。。

それ、やってみようかな。


そう思ってフォーカサー役の方が言っていることを聞きながら、自分の中でも同じ様に感じるようにし、浮かんでくる言葉や感覚を伝えるというやり方でやってみたのです。



セッションが終わって、振り返りの時、フォーカサー役の人やオブザーバー役でその場にいたトレーナーの方から大絶賛!

「鋭いセッションで、(フォーカシングが)とても深まりましたよ!」

と。



へぇー、そうなの?

やった本人はあんまりわからなかったのですが。

ただ、「一緒に感じよう」として、そこに意識を向けたこと、そして、ふと自分が感じた体の感じを言葉に出しただけ。

それを聞いてフォーカサー役の方には、更に深い気づきがもたらされたみたいです。




これらの体験から、浮かびました。


こういうカウンセリングやコーチングってダイビングみたいなものじゃないかな、って。


海に行ってシュノーケリングをしたこと、ありますか?

海面にプカプカ浮かんで海の中を見ると、とてもきれいなんだけれど、もっと深くまで潜れると、新しい発見もあるし、楽しいじゃないですか。

自分でそれをするとなると素潜りになると思うのです。

でも素潜りで相当深く潜るには、練習が必要。

それでも限界がありますよね。


そこで、スキューバダイビング。

タンクをつけて潜ればかなり深く潜ることができます。

そこでは見られる生物も違ってくるし、洞窟だとかのシュノーケリングでは見に行くことができない場所にも行くことができます。

流れの強いところでも潜ることができますしね。


きっとカウンセラーやコーチって、このダイビングで使う‘タンク’みたいなもんなんじゃないかと思うのです。

浅瀬でピチャピチャしているぐらいならタンクは必要ないけれど、見たこともない世界を見るためには、タンクは必要。

きっと自分を知るためには、自分一人では難しく、タンクの役割を果たす誰かが必要なのでは?



これってカウンセリングやコーチングだけに言えることではないと思います。

人が誰かと関わることで、何かしらの影響があります。


自分一人より、誰かと関わることによって、より深く、より遠くへ行ける。。。


きっとこういうことなんだと思います。


そんなことを感じた勉強会でした。



MP900409144chibi




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


 


tomokonakamura at 16:37|PermalinkComments(0)

2017年12月01日

元アナウンサーから聞いた 人前で話すのが上手くなるコツ


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



あなたは人前で話すことが得意ですか?

プレゼンテーション、朝礼、その他にも、大勢の前で・・・など、人前で話すことって結構あると思います。


私は講師もしていますが、決して得意な方ではありません。

気が付いたら早口になっていたり、目が泳いでいたり・・・



先日、受けたセミナー。

元アナウンサーの講師が、人前で話すコツというのを紹介してくれたのですが、なるほど!と思えたのが「間(ま)を空ける」コツ。


わかってはいるんですよ、間(ま)を空けるのがいいってことは。

でも、実際に話す時にはそれが上手くできないのです。

焦ってすぐに次の言葉を継いだり、間(ま)を空けないことで、話すスピードがどんどん速くなったり。。。


そんな間(ま)を空けるのを上手くするには、声に出して言った後に、心の中でセリフを言う時間を持つこと、だそうなんです。


例えば

「みなさんこんにちは、私は○○(間)△△です。 
 今日はコーチングについて話をしようと思います。
 どうぞ最後までおつきあいくださいね」

と言うセリフを言うとしますよね。

この時に、間(ま)も空けずにつらつら~~と言うのではなく、( )の赤字部分を心の中で唱える時間を持つと言うこと。


「みなさんこんにちは、
 (私の方を見てくれていますか?)

 私は○○(間)△△です。 
 (ぜひ覚えてくださいね)

 今日はコーチングについて話をしようと思います。
 (お役に立つ話が満載ですよー!)

 どうぞ最後までおつきあいくださいね。
 (長い時間になりますが、楽しんでいってくださいね)


実際に、( )内を言わずに話したパターンと、( )内の赤字部分を心の中で唱えるパターンとをデモンストレーションして貰ったのを見ると、明らかに違っていました。

( )内の赤字部分を心の中で唱えるパターンだと、落ち着いているし、聞いている人にも伝わりやすいのです。


これは使える!!




皆さんも、人前で話すときに、このワザを使ってみてはいかがでしょう?



IMG_1882chibi







******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 16:28|PermalinkComments(0)

2017年11月26日

真の沖縄を理解するための旅がここから始まる・・・


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



実は私、沖縄好きなんですね。


んー・・・違いますね。

‘好き’と言うよりも、特別な思いを持っているというか・・・

若い頃、移住していたということもあるのですが、私にとっては何か心惹かれる土地。


青い海、青い空、楽しく陽気な島の人たちと、毎晩一緒に飲む泡盛。。。


でも、実はそんなパラダイスな一面しか見ていなかったことに気づかされたのは、「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史」(佐野眞一著)と言う本なのです。


それでも、戦後直後の話だし・・とか、きっと私が沖縄通いを始めた初期の頃の話・・と遠い昔のことだからと、どこかもう終わってしまった話として受け止めていました。





先日、上間陽子さんと言う琉球大学教授の講演会に行って来ました。

「暴力にさらされる少女たちと共に生きる」と言うタイトルの講演会。

上間教授は「裸足で逃げる」と言う著書を出されていて、その取材で会った沖縄の少女たちの話をされたのです。




もちろん、‘現代’の話。

なのに内容を聞いて、ショックが止まりません。


これって、戦後の話じゃないの?

貧しいアジアの国の話じゃないの??


とても同じ日本国の現在の話とは思えないのです。



子どもの貧困率が29.9%であるという沖縄。

これは全国の2倍、沖縄の子供の3人に1人が貧困であるということだそうです。

その中で、貧しさと居場所がないため10代半ばで性風俗で働くことにならざるを得ない女の子たち。

二十歳になる前に赤ちゃんを産み、育てるためにやはりまた性風俗の世界に身を置かねばならない運命。

覚せい剤に手を染めて、そのことを親にすら話すことができず20代前半で亡くなっていった女性・・・


教授がこういう調査をずっと続けていて気づいたのは、そんな女の子たちの陰には必ずと言っていいほど‘暴力’を受けてきたという事実があるということ。


暴力と貧困。

子どもたちにはなんの責任もないのに、被害を被るのは一番弱い立場の子どもたち。

問題なのは、子どもと関わる大人、養育者、社会制度であると教授は言っています。





とにかくショックな内容。

まだ本は読んでいませんが、ぜひ読んでみようと思いました。



そして・・・

ここ数年、毎年の沖縄行きを断念していた私。

でも、ここからは本当の意味で沖縄の姿を探りに行く旅が始まりそうな予感がしています。


もう、青い海、青い空と言う幻想を求めてではなく、真の沖縄を理解するために。。。


imgd85e8b2ezik7zjchibi








******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************

 


tomokonakamura at 12:12|PermalinkComments(0)
プロフィール

ナカムラトモコ

■ パフォーマンス アップ コーチ ■
大学の薬学部卒業後、病院、リゾートスタッフ、スポーツメーカー、薬局、医薬品原料商社等、さまざまな仕事を経験。幅広い経験から「部下を生かすも殺すも上司次第」と考えるようになりその時知った‘コーチング’に感銘を受け、この‘コーチ’を天職と活動を開始する。
大阪府出身・在住。

                       ________________
(一財)生涯学習開発財団 認定コーチ
  米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
                  日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
                  文部科学省認定 1級色彩コーディネーター
                   (社)AFT認定 カラーデザイナー
                  薬剤師


                    

ギャラリー
  • ヒデキからタツオへ、そして・・・本当の自分へ
  • コーチングスキルセミナー受講の感想を頂きました!
  • いよいよ来週開催!「コーチング ワンコイン練習会」
  • 部下の‘仕事上の成長を望む’と言う気持ちがなければ、コーチングは機能しません
  • いい人生、いい未来へ向かうために・・・
  • 気軽に練習してみませんか? ~コーチング ワンコイン練習会~
  • 社会に貢献できる人材を育てていく
  • 自分自身の、そして相手の`本性’を見抜くには・・・
  • 周りに‘影響力’を発揮するためには・・・