学び

2016年01月05日

「チャイナ・ルール」


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、こんな本を読んでみました。

010


中国人はなぜ声が大きいのか、なぜマナーが悪いのか、なぜお金にがめついのか・・・


それら一般の日本人が「?」と思っていることを、日本人の視点で、そして現在中国に拠点を移し、中国の人と関わって仕事をされている小林純子さんの体験からの言葉で書かれているので、ものすごくわかりやすく興味深い本。


これを読んで、「中国人って、こんなに違うんだ!」と初めて思った私。

いやもうホント、初めてだと思います。

たぶんその裏には、「同じアジア人だし」とか「同じに決まっている」とか言う思い込みがあったからだと思うのですけど。


「いやいや、日本人と中国人、違うに決まってるよ」

そういうことを言う人もいるでしょう。

でもそういう人に限って、本当に違うんだから分かり合わなければ・・と言う気持ちを持っていず、だからこそイライラして頭にくるってことで終わっちゃうのでは?

これが、同じ‘違う’と言っても、目が青色で、髪の毛が金色で・・と言った欧米人だと、見た目も明らかに違うので、はっきり違うという認識で接することができるはずなのに。

だけど、なまじ同じアジア人なので心の奥のどこかで、全く違うものと言う風に見ていないのではないのかもしれません。

だからこそ、「これが普通なのに、これをしない中国人はおかしい」とか、「こうああるべきなのに・・」とかと言う発想になるんだと思うのです。


このことは実はコミュニケーション全般に言えることで、近い存在(夫婦間、親子間)であればあるほど、コミュニケーションがとりにくくなるのは、心の底に「自分の当たり前は相手の当たり前(であるべき)」と言う考えがあるから。

相手が中国人に限らず、日本人同士であっても「自分以外は自分とは違う」と言うことを‘本当に’‘しっかり’認識した上で、相手と分かり合おうという姿勢が必要なんだろうな・・と本を読みながら思ったんですが、最後の最後で小林さんも

私はこのことは中国人だけに限ったことではないと思うのです。相手を嫌えば、相手も自分を嫌うもの。相手を理解しようと心がけて接すれば、相手も自分を理解しようと接してくれるもの。そうして向き合っているうちに、お互いが理解しあって、信頼関係が生まれる。これは中国人のみならず、日本人にも通じる普遍的なものではないでしょうか。

と言う言葉で締めくくっていらっしゃいます。



とにかく読みやすく、この私にもアジアの隣人の違いをわからせ、歩み寄ってみようかと思わせてくれたこの本。

一般の私でさえそう思えたのだから、これからビジネスで中国の方と関わろうと思っている方にもぜひ読んでもらいたい一冊です。





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


良い人間関係は人生を変える!

▼ コミュニケーション ステップアップセミナー

【日時】 1月29日、2月26日、3月25日 
各回 19時~21時
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ

 


tomokonakamura at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月31日

うさぎがライオンを目指しても幸せになれない


   こんにちは!

   パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。




以前、このブログでも告知しました


_____________________

山崎啓支  「体感イメージ」で願いをかなえる! 

『願いがかなうNLP』

文庫化記念・ミニ講義とQ&Aセミナー
_____________________



行ってきました。


・・・と言うか、司会だったので(苦笑)。



司会と言っても当日までは「何とかなるだろう」と甘く見ていたんですが、やはり会の時間が迫るに連れ、心臓の鼓動が高なり、緊張がピークに達し・・・

それでも最初の挨拶と最後の挨拶だけやれば良かったので、その間のミニ講義はバッチリ聞くことができました。



「願いを叶える方法は
 本に書いているワークをちゃんとやれば
 誰でも叶えられるけれど、

 何が一番大事かと言うと、
 その願いの設定の仕方なのです」


と、山崎さん。


「こんな自分では嫌だから、理想の自分になりたい!」

と、今の自分を否定したところで掲げた理想は、もし、叶ったとしても決して幸せにはなれないのだと。

そうではなく、自分が自分のままで幸せになることこそ、本当の意味での‘願いを叶える’こと。

なぜなら、理想に向かっていくのは究極、‘幸せになりたい’から。

自分を否定して作った理想は、自分を幸せにはできない。


「うさぎがライオンを目指しても幸せになれないように、
 うさぎは本来のうさぎのままで生きることが一番幸せ」



この言葉が響きました。





御参加頂いた皆様、ありがとうございました。



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月21日

対症療法ではなく、根治療法を ~虐待 及び いじめ~


    こんにちは!

   パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



ここ数日、「虐待」と言う言葉が妙に目に入ってきます。


見たテレビで特集をしていたり、友人のフェイスブックにその言葉が書かれていたり。。。


実は先週土曜日にもそれに関連した勉強会に参加したところだったのです。

どういう勉強会かと言うと、「虐待を選択理論心理学から解析する」と言うもの。


選択理論とは、昨年学んだ心理学。

その後、しばらくご無沙汰していたのですが、丁度タイミングが合ったので勉強会に参加したわけです。


今回ここで私が学んだのは、「人の心のケアをしていかないと、将来日本はまずいことになるのでは?」ということ。


まずは虐待の話から致しましょう。


虐待には見える虐待と見えない虐待があります。

見えるものは暴力であったり、DVであったり。

これはわかるのですが、見えないものには、ネグレクト、性的虐待のほかに、過厳格、過干渉、過期待、過保護、過放任等があり、これらも虐待と言うことになるらしいのです。

だったら、私たちは子供の頃に何かしらの虐待を受けていることになるのではないでしょうか?

‘しつけ’と言う名のもとに。


要はこれらによっても、心理に影響が及ぼされるということなのです。

なぜなら、出生後の環境は精神構造に多大な影響を与えるから。



選択理論心理学は、人は自分の「快」を求めて行動するものであると言う考え方をしています。

なので「不快」であると、普通はそれを解消してこうとする行動を取るわけです。


虐待を受けるということは、不快な状態が続くのですが、これを解消することができず、心の傷となって残り、いつの日か子どもの頃に体験したあの不快な状態に出くわしたときに、あらぬ行動に出るかもしれないことに繋がる可能性もあるとのこと。

暴言を吐いたり、暴力をふるったり、ひどい場合は、人を殺めてしまう・・・

なので、虐待と言うものは虐待を受けた人の行動に多大なる影響を与えてしまうという意味で、非常に恐ろしいものなのです。



今、テレビを見ていても虐待のニュースがない日はないぐらいですよね。

いえ、ニュースで報道されているのは氷山の一角かもしれません。

そう思うと、どれだけの子供が虐待を受け、心に傷を負っているのか、そして、その子達が大きくなった時にどういった世の中になっているか・・・

考えると、そら恐ろしいとは思いませんか。


でも、虐待を受けた子供をフォローするのは勿論なのですが、虐待をしている人の心をケアするのも重要なはずです。

だって、虐待をされる人を生み出すのは、虐待をする人だから。



いじめもそう。

いじめられた子も勿論ですが、いじめる子の心の状態を何とかしないことには、いじめはなくならないのです。


虐待された側、いじめられた子を追っているだけでは対症療法。

虐待する側、いじめをする側をケアしてこそ、根治療法。


身体については「予防、予防」と言っていますが、行政も心についての予防も必要だと、気づき、対策を練らないといけないのでは?と思います。


しかしながら、ここで問題なのは、虐待やいじめをする側は自分に問題があるとは思っていないことが多いのでは?と言うこと。

心がしんどいと思えば、それなりの人(カウンセラー等)に相談することもできるでしょうが、自分が心の中にストレスを感じていることすら気づかない場合は、そのはけ口を知らず知らずの間に子供や他人に向けてしまうからです。


そう思うと、‘カウンセラーに相談することの敷居が低くなること’か、‘全国民カウンセラー化’と言うのが良いのでしょうね。


きちんと聴いてあげることだけで、ストレスは軽減します。

自分の「不快」な気持ちをわかってくれる人が近くにいると思えば、ある一線を越えて取り返しのつかない行動に出ることも抑えられるのです。





今から手を打っていかなければ、手遅れになってしまうような気がするのですが・・・




******* 応援宜しくお願い致します! *******
 
    
    コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月16日

「ウミガメと少年」



   こんにちは!

   パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
実は私、「沖縄」にアンテナが立っています。

テレビ欄で「沖縄ロケ」と書かれていたら、必ず見たいと思うし、沖縄関連の催しものをやっていると聞けば行きたいと思うし。

そんな私が、某自治体で沖縄関連の資料の展示と上映会をすると言う情報を得たので、行って見たのが「ウミガメと少年」。


上映時間が45分と聞いていたので、ウミガメの産卵に関するドキュメント映像かと思っていたら、行ってみて初めて知ったのですが、どうもアニメのよう。

うーん・・・しまったな・・・

いい年した大人が見に来る内容ではないのか・・・


そう思ったのですが、わざわざこのために出かけてきたのだからと見て帰ることに。


内容は沖縄戦のあった沖縄で、疎開していた男の子の戦時下での話。

そっか、この時期ですもんね。ウミガメの産卵シーンの上映会と思ってた私って・・・(苦笑)





結果・・・




泣きました。。。




のちにネットで検索すると、「見て、トラウマになったアニメ」の一つとして挙げられてたりしていました。

だから子どもに見せるもんじゃない、と。


確かに大人の私が見てもショックがあったのは確かだけれど(と言っても映像はそんなにショッキングではなく、話の内容が、ってことです)、こんな短いアニメで「なんて切ないんだ・・」と思わせることは凄いと思うし、子どもにも戦争がどんなに惨いものかを知って貰う上ではこれを見せることは大事なんじゃないでしょうか。

第一、こんなアニメでトラウマになるぐらいなら、あの戦争を体験した子どもたちは・・・




機会があれば、ぜひ見ていただければと思うアニメです。。。





◆◇◆◇◆◇◆◇セミナーのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆

<あなたの‘うたこ’を突き止める!>
~ 幸せ ギュッと 引き寄せ セミナー ~

【日時】 8月30日(土)12:00~17:00

【場所】 EXE SALON
        ※大阪・天満橋駅下車 西へ徒歩5分

               詳細はコチラ  


tomokonakamura at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月14日

「ソウォン/願い」


   こんにちは!

   パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。 


世間がお盆休み真っ最中のこの日。

フリーランスの私にはお盆休みも平日もほぼ変わりがないのでサロンに行って仕事をすることにしたのですが、あまりに暇なので急遽映画でも見に行こうかと思いました。


ユーザーレビューの点数が高いと言うことで選んで見に行った映画が「ソウォン/願い」。


これは、韓国で実際に起きた少女暴行事件を元に作られたもの。


心と身体を余りに惨たらしく傷つけられた8歳の女の子。

彼女の心を思うと胸が張り裂けそうになります。


そして最愛の娘がそんな目に遭わされた両親の苦悩。

ことに父親は、事件のトラウマから男性全てに恐怖を感じる様になった少女が、父親でさえ拒絶してしまうようになってしまわれ・・・

映画を見た後でユーザーレビューを詳細に読んでみると、観客の中ではここで涙を流す男性も多いそうな。

確かにそうだと思います。

もしも自分の娘が・・とオーバーラップさせると怒りや悲しみや色んな思いがその胸に起こってくるわけだから。


仲の悪かった少女の同級生の男の子が「あの時一緒に学校に行っていれば・・」と泣きじゃくるシーンも私には響きました。

このことで、その小さな心をずーっと痛めていたのかと思うと胸が詰まってきます。。。



日本では絶対にこの手の映画は作ることができない?もしくは、作らないよな・・・。


もう、なんと言っていいやらと言う様なぐらい、色んなことを感じさせてくれた映画。



ぜひ、ハンカチを持って見に行って下さい・・・


__________________________


◆◇◆◇◆◇◆◇セミナーのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆

<あなたの‘うたこ’を突き止める!>
~ 幸せ ギュッと 引き寄せ セミナー ~

【日時】 8月30日(土)12:00~17:00

【場所】 EXE SALON
        ※大阪・天満橋駅下車 西へ徒歩5分

            詳細はコチラ  


tomokonakamura at 10:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 単なる‘石ころ’を‘ダイヤ’にする??
  • 全ての企業は、社員が持っている‘最初のやる気’を萎ませないようにしていただきたいものです..
  •  「ちょっと今から仕事やめてくる」
  • 「銀の鈴」
  • 自分の人生をも左右する ‘セルフトーク’ 
  • あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?
  • 「自分を信じる」ということ。
  • 嬉しい知らせをいただきました!
  • ‘知識’を‘知恵’に変えるには?