コーチングスキル

2014年04月15日

モチベーションに火をつけるためには・・・


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


先日ある講演会を聴きに行きました。

モチベーションコンサルタントの方のお話ということだったので、お勉強の意味も込めて潜入したのです。

聴いてみて、仕事柄、知っている話だとは言え、しっかりまとめられておられるなぁ~と感心。


このブログを読んで下さっている方にも役立ちそうな内容だったので、シェアしようと思います。



<モチベーションに火をつけるためには・・・>


1.達成率が50%の時が一番モチベーションが上がる 


 → 全く歯が立たないものではモチベーションは上がらないし、
    簡単に出来そうなものでもダメ。
    「できるかできないか」・・・こういう5分5分の時に
    人は心理的に燃えるのである。


2.身体を動かす

 → 身体を少し動かすことによって
   モチベーションに火がつきやすくなる。


3.やることを決める

 → 曖昧なものでは動けないし、モチベーションも上がらない。
   具体的に何をしたらいいかがわかると
   「できそう、やってみたい」となる。


4.時間を決める

 → かかりそうな時間を予測して、それの八掛けでやると
   モチベーションと共に集中力が増す。


5.宣言する

 → 誰かに宣言すると、やらねばならない気持ちになり、
   モチベーションが上がる。


6.モチベーションの‘伝染性’を利用する

 → モチベーションは伝染するので、
    モチベーションの高い人と付き合う。


7.承認欲求を利用する

 → 人に承認されたいと言う欲求は誰しも持つもの。
    これを利用してモチベーションに火をつける。



まさにコーチングですね。




いかがでしょう。

ご参考になりましたでしょうか?


 

__________________________

【やります】

いよいよ一週間後開催!
プチ☆うたこ セミナー 番外編 
▼ ‘強み’発見! ~ ‘強み’を見つける6つのポイント ~

【日時】 4月22日(火)19:00~21:00
【場所】 ドーンセンター ※天満橋駅下車 東へ徒歩5分              

詳細はコチラ


【発行しています】

無料レポート
▼ 真の幸せを手に入れるための‘うたこの法則’の秘密

ダウンロードは
コチラ


メルマガ
▼ 人生の質を上げて幸せになる方法 <うたこの法則>

登録は
コチラ





【告知応援】

マナー講師を目指す・探しているあなたに・・・
 NPO法人 日本サービスマナー協会

詳細はコチラ






セラピストの自立と起業を応援するスクールです
一般社団法人 My-do
 セラピスト起業サポート講座

詳細はコチラ









tomokonakamura at 12:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月20日

この‘例え’でわかります?

こんばんは。

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


今日はコーチングのスキルについて書きたいと思います。



コーチングの質問の種類に「チャンクダウン」と言うものがあります。


チャンクとは‘塊’の意味。

ザクっと大きいチャンクで話していると、なかなか解決策が生まれてこないものです。

なので、細かいチャンクにする(=チャンクダウン)ことで、具体的に問題を捉えやすくする、と言った時に使います。


例えば「仕事が辛い」と言っている人に、この大きさのチャンクのままでは解決策などは出てきにくかったりするので、仕事の何が辛いのか?と聞くことにより、「営業の仕事が向いていない」と具体的な話になり、更に営業のどこが向いていないのか?と聞くことで、「新規開拓が辛い」と言うところまで細かくしていくと、対応策が考えやすくなるのです。


先日、いつもお世話になっているところでこの箇所を説明している時に、例え話が閃きました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

闇の中に浮かぶ洋館の前にコーチとクライアントが立っている・・・

手には懐中電灯を持って。


電気が切られているこの洋館に入って、‘ある物’を探そうとするこの二人。

その時、玄関先で

「さ、どこ行こ?」

とコーチが聞いても、クライアントは答えようがない。


闇雲に真っ暗な洋館の中に入って行ってもいいけれど、灯りは自分の手元の懐中電灯の光のみ。

広い洋館の中で、‘ある物’を見つけ出すのは難しい。


そこでチャンクダウン。

求める物がありそうなところはどこなのか?

そしてその部屋のどの部分にありそうか?


と言うことを事前に聞きながら、その部屋に向かい、例えば机の中だったりすると、そこに懐中電灯の光を向ければいい。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コーチングで使う質問はスポットライトの様なものなのです。

その部分だけ照らすことによって、クライアントはそこに意識を向けることができます。

その光が狭ければ狭いほど、強ければ強いほど、クライアントの意識はそこに向かいやすくなるのです。


だからこそ、洋館全部をもわ~っとした光で照らすのではなく、どの部屋の、どの部分と言う様に絞りこんで光を当てる方が答えが出てきやすいと言うわけなのです。



いかがでしょう?

この例えで、チャンクダウンの意味がおわかりになりましたでしょうか・・・?



tomokonakamura at 19:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • コーチ役とオブザーバー役と、立ち位置によって何が違うと言うのか?
  • 元アナウンサーから聞いた 人前で話すのが上手くなるコツ
  • 「火花」
  • 真の沖縄を理解するための旅がここから始まる・・・
  • 自分で自分のパフォーマンスを最大に上げるために… 
  • 上司のいうことを聞いてもらうためには、まずは部下の話をしっかり聞く必要がある
  • 二人以上の人に、しかも同時にコーチングをして貰うと、どういう効果があるか?
  • コーチの意義 ~あなたが自分自身でパフォーマンスを最大限に上げられる様になって貰うためのもの~
  • 決め手は…集中力?