気づき

2017年01月01日

2017年 新年のご挨拶 & 抱負



001


あけましておめでとうございます。
 
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
 
 
 
 
 
昨年末に大きな気づきがありました。
 
私って、‘言い訳’ばかりしている人生を送ってきたな・・と。
 
 
特に‘できない言い訳’、‘しない言い訳’。
 
あれがないからできない、とか、これがまだなのでできない、とか。
 
 
そのことによって、言い訳しやすい人生が作られてきて覚悟ができず、益々言い訳をし、決断が先延ばしになる・・・
 
そんな負のスパイラルに入ってしまっているようです。
 
 
今年はそのスパイラルを断ち切るためにも、自分で言い訳に入っているな・・と感じたら、そこから抜け出すようにしていきたいと思っております。
 
まずは‘決断’することから!
 
 
 
皆様にも素敵な一年になりますように・・・



2017_0101 初日の出①




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月05日

人にとって、「特別な日」ってなんだろう?


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



人にとって、「特別な日」ってなんだろう?

と、先日迎えた自分の誕生日の日に気づいたことがあったので、今日はそのことについて書こうと思います。

 

何も変わらない毎日なのに、「今日は特別な日」と思うだけで見えてくるものが違ってきます。 

いえ、厳密に言うと、見て、感じるものが違ってくると言った方が正確なようですが。

 
 

「今日私は特別の日なのよー!」と、心の中で叫んでも周りの誰にも聞こえません。

なので、いつもと同じ風景がそこにあるだけ。

でも、私は「特別な日」だと思っているので、色んなことが感慨深いのです。

 

年に一度の「特別な日」は誰にでもやってきて、その人にとってはその日は「特別な日」なんだけれど、街行く人は誰も知らない。。。


この不思議な感覚。

 
そのことを敢えて感じたくて、あの日一人っきりで過ごしてみた私です。

 

いつもは営業の電話しかかけてこない証券会社の人の「おめでとうございます」の電話に妙に感動したのには苦笑しちゃいましたけど。

 


 

やはりこの世は、自分の心持ち一つで風景が変わるってことなんでしょうね。

だから、「特別な日」だけ特別な心持ちにならなくても、毎日「特別な日」だと思えば、世界はアッと言う間に変わるのです。

 
 
部下にお小言を言いたい時も、「特別な日」なので怒りをぶつけるのではなく、この部下の‘ため’に叱ってみる・・・

上司から何かを言われても、「特別な日」なので、きっとこれは自分を成長させてくれる言葉なのだと受け止める・・・



と、こんなに都合よく捉え方が変わるかどうかはわかりませんが、「特別な日」と思うだけで、心持ちが変わることは事実です。


たくさんの方からお祝いを言ってもらうのもうれしいことですが、それでは気付かないこともあります。

次の「特別な日」は、SNSで敢えて公開せず、ひそやかに過ごしてみませんか?
 

 
そこでは静かに流れる特別な時間があるのを感じられると思います・・・



002




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月21日

こうやって、人は今日も‘自分独自の世界’を生きている...(SMAP報道で思ったこと)


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 

世間を騒がしているSMAPの解散報道。

  

別にファンじゃないのですが、やはり気になります。

なので 、ワイドショーを追ったり、ネットニュースを開いたり。

  

そんな時、タイミング良くSMAPファンの友人からメールが来ました。 

なので、待ってました!とばかりに聞いてみたのです。


 「ねぇ、やっぱりメンバー同士、仲が悪いの?」



そんな質問に友人は、 

「そんなことないよ。

 でも、世間の人にはそういう風に映っているのね」

 との返事。

  

詳しいことを書くのはここでは控えますが、友人によると、事実は相当違うらしいのです。 

どうも、上手くマスコミを使ってストーリーを作り上げられているようです。

  

これ、私としては、とても興味深い話。

と、言うのも、以前書いたこのブログにつながる話だと思ったからです。


それと同時に、今行われているオリンピックの映像が頭に浮かびました。

 

スタジアムで競技をしている選手たちと、

その観客席で見ている人たち。
 

そして、テレビを通して生放送で見ている人と、

録画放送を見ている人。
 

さらに言えば、ダイジェスト版だけを見ている人たち、

全く興味がなくて見ていない人たち。。。

 

競技している選手と同じ空間で応援している人と、テレビで見ている人とは明らかに見え方が違うはず。

 

これをSMAP問題で言うならば、SMAPのメンバーが選手で、私の友人の様なファンは観客席にいる人達。

そして私なんかはたぶん、テレビの録画で見ている人って感じでしょうか。
 

 見ている場所によって、見える景色、情報、事実の受け止め方が違うのです。
 

 どうも、観客席にいる人の方が事実により近い景色を見ているようなのですが、それも本当の意味で事実かどうかはわかりません。

 だって、本当の事実は、競技しているSMAPのメンバー本人達にしかわからないのですから。

 

そう考えると、すごいと思いませんか、私たち人間って。

 

‘自分’と言う‘情報収集器’を通して世界を認識しているのだけれど、その位置によって自分独自の世界を作り上げていってるとも言えるわけですから。

 

こうやって、人は今日も‘自分独自の世界’を生きているのです。


これはつまりは、あなたも部下も、違う世界を見て生きているということ。


ここを理解しておかないと、部下を理解していくことはできないでしょうね。。。




43



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月09日

そして・・・自作自演?



こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。




 先日このブログを書いたのですが、実はこれには続きがあって、もう一つ衝撃的なことに気づいてしまったのです。

 

 

 

悪い思い込みによって、悩まなくていいことで悩んでしまう私。

 

それは、「良かった」とホッとする気持ちを味わいたいこともあると書いたのですが、と言うことは、実際には悩まなくていいことを悩むように‘させられている’ってこと。

 

しかも何を隠そう、この自分自身に!

 

まるでジェットコースターの様に上に行ったり下に行ったり。

 

 


好きじゃないんですよ、ジェットコースター。

 

実生活でも乗りたくはありません。

 

だって、怖いじゃないですか。

 

あえて乗る必要があります??

 

 

 


でも・・・

 

そう言えば・・・・・・

 


 

人生においてもなるべく浮き沈みのないように、平々凡々とした生き方がしたいと常日頃思っている私。

 

そして、実際に過去を俯瞰して眺めてみると、今まで大きな浮き沈みはない人生なのに、自分のこの考え方によって気持ちは激しく上下させられてるではないですか!

 

 

ダーン!と上に上がって喜んだり、ダーン!と下に下げて心苦しんだり、まるでジェットコースター。

 

自分の頭の中のイメージで、平々凡々とした人生が、何とスリル溢れる人生に・・・!

 

イメージするたびに、心臓がキュッとなったり、ウキウキしたり。

 

これって、自作自演してるんじゃぁないですか?!

 

あたかも、すごい波にのまれているような感じですが、実際は(事実は)そんなに大変なことが起きているわけではないのです。

 

単に自分の思い込み(イメージ)で作り出される現実(と、思っている)。。。

 

 

chibi jpg




 

波のある人生は嫌だと思っているのに、結果的に波立っている人生を送っている私。

 

その理由やメリットはまだわからないのですが、きっと私の深い意識で望んでいるんでしょう、波のある人生を。

 

 

 

 

ほら、そこで他人ごとのような顔をしているあなた。

 

あなたも自作自演のバーチャルな人生を送っているんですよ、きっと。。。










******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月07日

心の奥深くでメリットを感じているから、やめられない??


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 

実は・・・驚くべきことに気づいてしまいました。

 

 

先日書いたこのブログ

 

‘自分の解釈’について書いたのですが、私は子供の頃から物事を悪く捉える傾向がありました。

 

その理由は、いいことを考えていて、実際に悪いことが起きたら、‘落とされる’気持ちになるのがイヤだったから。

 

だから最初から悪めに考えておけば、それよりも悪い結果になったとしても落とされる距離(?笑)も少なくて済むし、仮に結果が良ければ、上に上がるわけだから心に打撃は与えられない。

 

そんな感じで物事を悪く捉える癖がついていたのです。

 

いらない心労がかかってしまうのもわかっているんですが、最終的に上からどーん!と落とされるぐらいなら・・と、どうしても悪い結果を予想してしまいます。

 

 

それはそういう癖なんだと思っていたんですが、実はそうではないのかも・・・と。

 

 

と言うのも、先日また悪い思い込みをしていたことがあり、でも結果はそんなに悪くなかったということがあったのです。

 

その時のホッとした感じ。

 

 

ん・・・?

 

あれ?もしかして・・・

 

 

落とされる気持ちになるのがイヤだというのも事実なんですが、この「ホッとした感じ」を味わいたくて、敢えて悪い思い込みをするのでは?

 

 

 

人が何かを起こすのには、何らかの理由があります。

 

自分でわかっているのもあれば、わからないのもあるのです。

 

 

例えば、煙草をやめたいと思っているのにやめられない人。

 

若い時に不良となって煙草を覚えた時に、実は煙草を吸うことによって、‘一人じゃない、仲間に受け入れられる’と言うメリットが自分の深い意識の中に擦り込まれたとしたなら・・・

 

一見悪いことに思えそうでも、自分の中でメリットを感じてしまっていたとしたら、知らず知らずのうちにそうしてしまうのが私達人間。

 

 

私の場合も、今思うと、今まで悪く想像していたほど、その後の結果はそんなに悪くなかったんですよね。

 

いつも最低最悪のことを想像して、ホッとする状況に持って行っていたような気がします。

 

そして、それを毎回味わいたい自分・・・

 

 

自分が傷つきたくない!と思ってやっていたことが、実はホッとする感覚を味わいたいためにやっていたとは!

 

 

 

あなたにも心当たりはないですか?

 

やめたいと思う悪しき癖なのに、なかなかやめられないものがあるのなら、それは心の奥深くでメリットを感じているからかもしれません。。。




chibi jpg





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?
  • 「自分を信じる」ということ。
  • 嬉しい知らせをいただきました!
  • ‘知識’を‘知恵’に変えるには?
  • 「何を言うか」ではなく、「誰が言うか」
  • 上手に「伝える」コミュニケーション技術
  • 地雷を踏む、とは。。。
  • コーチングの手法を使った講座運営
  • ‘感情の揺れ’は自分の捉え方に気づくチャンス