コーチング

2016年12月22日

活水高校のカリスマ指導者・藤重佳久氏はコーチングを使っている?


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 

朝の情報番組を見ていたら、実に興味深い特集をしていました。

 

長崎にある活水高校と言う女子高の吹奏楽部が、わずか7カ月で全国大会に出場できるようになったと。

 

なぜなら、あるカリスマ指導者が来たからだそうです。

 

 

その人は藤重佳久氏。

 

吹奏楽部では名門の福岡・精華女子高校吹奏楽部を35年間、指導してきた人。

 

 

 

テレビを見ていると、練習量をそれまでと比べて圧倒的に増やし、また、一人1分の個人指導もやり・・で、部員の力を上げるための改革をされたようです。

 

それも大事なのですが、私が注目したのは、藤重氏が100人を越える部員一人ひとりと日誌を交換し、きちんと全員のことを把握し、声掛けしているということ。

 

 

「(自分のことを)ちゃんと見ていてくれる・・・」

 

このことが部員たちのやる気につながっているのです。

 

 


これ、まさにコーチングのコーチの‘在り方’。

 

すごい指導者が来てくれる!と言うだけではダメで、その指導者がちゃんと自分を見てくれる、認めてくれる・・このことによって、この人のために頑張ろう!という気持が生まれます。

 

信頼関係があれば、その信頼している人から提示された難しいチャレンジにも、果敢に挑戦することができるのです。

 

 

吹奏楽についての知識も教え方も一流なのでしょうが、それだけではない、一人ひとりの心に火をつけられるからこそこの方はカリスマ指導者であるのでしょう。

 


 

 

これは職場でも言えることではないでしょうか?

 

色んな知識や能力が高くても、部下と信頼関係を作ることができない上司は、部下の力を引き出すことはできません。

 

プレーヤーとしては一流ですが、指導者としては一流にはなれないと言うこと。

 

 

 

世の上司が、藤重佳久氏から学ぶことはたくさんありそうです...




DZ171_L tibi 2





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月29日

`敵’は自分の中にいる? ~推論のはしご~


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。




コーチもコーチをつけるのですが、Myコーチと行ったセッションでのことを今回は書こうと思います。



先日、ある仕事をさせていただきました。

私的には、まぁまぁ上手く出来たと手応えを感じた仕事だったのですが、時間が経つにつれ、


「いや、あそこはマズかったんじゃない?」

「クライアントさん、最後は笑顔でお見送りしてくれなかったよね・・」

「あれって、もしかしたらこういうことでは・・?」

 
と、ネガティブなセリフが頭の中に浮かんできて、風船のように膨らんでいた仕事直後の充実した気持ちが、一気にしぼんでいったのです。

 

ちょっと待ってよ、あんなにご機嫌さんで仕事を終えたのに、何でこんな憂鬱な気分にならなきゃいけないの・・・

 

と、思った時に気がついたのです。

 

これ、自分で言ってる!

自分で自分の足、引っ張ってるんだ!

 
ご機嫌さんの気分なのに、なぜ自分でその気分を凹ませる?

 

そこでふと浮かんだのは‘お城’のイメージ。

 
城内には信頼している家来ばかりだと思っていたのに、足を引っ張るヤツがいる!

 
情報操作で内部から崩壊させようとしているのです。

 

‘敵’は城外にいるんじゃない!城内(自分の中)にいる!

 

 

 

 

このことに気付いたこの日は、タイミング良くコーチングを受ける日だったので、早速これをテーマに。

 

「‘敵’は城内にいたんですよ!」
 

と、得意気にMyコーチに話す私。

あたかも犯人を見つけたかのように...

 
「ホント、油断も隙もありません。
 自分の中に裏切り者がいて、
 私を凹まそうと耳元でささやいていたとは!」

 

と、ベラベラしゃべっていて、ふと思ったのです。
 

あれ?コイツは私を陥れようとしているのかしら?

 

いや・・・


むしろ、私の‘ため’に言ってきているような・・・


 
あーーー!

‘良かれ’と思ってやってるんだ!

 

責任感が強いゆえに、「そんな程度じゃ、クライアントさんは満足しない」と言って来たり、私が失敗しないように慎重になれ!とか、もう少し心配した方がいい!とか・・・

 

 

「ってことは、それって‘爺(じい)’じゃない?」

 と、Myコーチ。


そうだ・・・

‘敵’じゃない!‘爺(じい)’だ!!

子供の頃から私を見守ってくれている・・・

 

そんな時、

「『推論のはしご』って知ってる?」

とMyコーチ。


コーチ「例えば、ゴミ出しに行って、近所の奥さんに挨拶したとするでしょ。

    その時、挨拶を返してもらわなかったらナカムラさんはどう思う?」
 


私 「うーん・・・それはその方から嫌われているかも・・って思います...」

 

コーチ「でも、それは事実かどうかわからないよね?

     もしかしたら、その奥さん、何か悩みごとで頭が一杯で、
     ナカムラさんの挨拶に気づかなかったかもしれないし、
     声が聞こえなかったのかもしれないでしょ?

      
     私たちは相手の言動を自分なりに解釈し、意味づけして、
     飛躍した結論に至ることがあるの。

     それが『推論のはしご』。

      
     各人、登り方の癖があるのよ。

      ナカムラさんの場合、‘爺(じい)’が掛けたはしごにいつも登って、
     イヤな気分にさせられるってことね。」

 

確かに。。。
 

何かあったら‘爺(じい)’がはしごを持って駆け付ける。
 

「殿!このはしごに登りなされ!」

 

私をはしごに登らせて、‘爺(じい)’が見せたいものはわかっている。

有頂天になっていて、もしネガティブな結果に転じたら、その落差に私の心が折れぬ様、心の準備をさせるようなものを事前に見させたり、もっともっと奮起をさせるようなものを見せたり・・・

 
でもそのことで、かえって私の心は凹みまくるんですけど。

 

 コーチ「‘爺(じい)’は、はしごは掛けるけれど、
      そのあとに起きる感情にまでは責任を持っていないわ。

      良かれと思ってやっているのは事実だけどね。

 
      ところで、この『推論のはしご』、
      登っても降りることができるのよ」

 

 私 「えっ?どういうことですか?」
 

コーチ「さっきの話でい言うと、

     嫌われていると思ったことが本当に事実かどうかを
     考えればいいのよ。

     ‘爺(じい)’のいつもの『考え癖によるはしご』を登らされていると
      気がつけば、静かに降りることができるはずよ」

 

 

 

私としては、私のことを思ってはしごをせっせと掛けてくれる‘爺(じい)’をクビにすることはできないので、せめて盆栽かなんかに興じる時間を増やして、はしごを掛ける回数を減らしてもらいたいのですが、まずはそのはしごを私自身ではなく、心配性の‘爺(じい)’が掛けたことに気づくことが大事なのでしょうね。


「ハイハイ」と言って取りあえず登り、そして、降りる・・・か。

 

 
‘爺(じい)’というキャラクターが自分の中にいると考えると、自分の考え癖と距離が取れる気がします。

 
このブログをお読みの方の中にも、‘爺(じい)’ではないけど、はしごを持ってウロウロしているキャラがいるはず。

それに気付けば、自分自身の考え癖で振り回されることも少なくなるかもしれません・・・


 

chibi jpg







******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************






tomokonakamura at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月23日

残りの人生を有意義に自分らしく生きていくことを考える時間を持つこと


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、あるイベントに参加しました。

なんと、私より年上の先輩方が多いイベントだったのですが、ここである参加者の方から興味深い話を聞くことができたのです。


この方、60代後半の男性。

定年後に大学へ社会人入学したと言う経験をされています。

で、大学に行ってつくづく感じたのは、「旦那は粗大ごみ」だと言うこと。


こう言うことです。


定年して、退職金を全て奥さんに取られ(笑)、自分で自由になるお金がなければ、旦那は家から外に出ることもできません。

結果、粗大ごみと言われる始末。


だから、奥さんにいちいちお伺いを立てないと使えないお金ではなく、自分で自由になるお金を持って退職の日を迎えた方がいい、と。


この方も、退職したら、大学に行こうと思っていたそうです。

だからこそ、第二の人生を考えた上で自由になるお金は自分で確保していたらしいのです。

そうじゃないと、何十万とかかる大学などには行けないと。


最近は定年延長で再雇用をする会社もあるけれど、給与は激減するし、ストレスは変わらないし・・なので、体よく会社に使われる形になるそうです。

だったら、ちゃんと先を見据えて考えていった方がいいとのこと。


なるほど~


また、こんなこともおっしゃっていました。


大学に行くと、年齢の違う友人ができます。

そのことがとても刺激になるそうな。

同じ会社にいつまでも縛られ、その狭い世界だけで生きていくのを選ぶより、ずっと有意義だとも。



結局はそれぞれがそれぞれの価値観で未来を考えていけばいいのですが、残り少ない人生をどう生きていっていいか考えがまとまらない人もいるかもしれません。

そう思うと、やはりコーチと言う前向きに話を聴ける人間と話をして、残りの人生を有意義に自分らしく生きていくことを考える時間を持つことも、この高齢化社会の日本では今後大事になってくるのでは?と思うのです。


正直、今まで高齢の方に対してコーチングは難しいと消極的になっていた私。

でも、必要ですよね。



衰えていく身体とどう折り合いをつけて生きていくか。

この後、悔いなく人生を終えていくのに、何が必要か。



それを考えてまとめてもらうコーチング。



どなたか、お手伝いさせていただきます。。。


34



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


良い人間関係は人生を変える!

▼ コミュニケーション ステップアップセミナー

【日時】 1月29日、2月26日、3月25日 
各回 19時~21時
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ

 


tomokonakamura at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月26日

自分自身をなかなか認めてあげられないあなたへ


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



今日は、Myコーチとのセッションでのことを書こうと思います。



何の話からそうなったのかは覚えていないのですが、

「目的地に向かうのに、舗装された道を進まず、
 敢えて沼地を歩いて行く人もいるわよね」

と言うコーチの言葉からそのイメージは浮かんだのです。

ちゃんとした道があるのに、敢えて田植え時期のドロドロな田んぼに向かって降りて行き、泥に足を取られながら前に進む私自身・・・


こんなイメージが湧きました、とコーチに伝えると、


「ふーん。じゃぁ、道の上から声をかけるわね。

 『ナカムラさん、どうしてあなたはそちらの泥の中を歩くの?』」


わぁー、なんでだろ?

でも実は人生において、たいていそういう道を選んでいるのですよね、私。

足は沈むし、歩きにくいし、なのに、わざわざそんな道を選んできているのです。


暫く、自分の深い部分に問いかけていて、ふと頭に浮かんだ言葉、それは、「苦労したほうがいい」。



「なぜ苦労した方がいいと思うの?」

とコーチ。


苦労、苦労・・・

うーん、苦労とはちょっと違うのかな?

なんだろ・・・


その時、あっ!と気づきました。

苦労と言うより、‘ゆっくり進む方が色んな体験ができる’からなんだ!



目的とするところへ行くのに、車だとビューっと短い時間で行けてしまいます。

たぶん、いわゆる‘成功’する人って、こういうタイプなのでしょう。

でも、これだと、無駄なものには目もくれず、目的のものを手にできるので合理的と言うことはできますが、周りの景色を見ることができません。


だったら自転車なら?

自動車よりはスピードが遅いので、より周りの景色に注意を向けることができるけれど、それでも早い。


徒歩。

徒歩だと、目的地に着くにはものすごく時間がかかります。

でも、ゆっくり周りの状況を見ることができます。

鳥のさえずりを聞いたり、街の細かな変化に気づいたり、足裏のアスファルトの感触を感じたり・・・

その都度入ってくる刺激に対して感じたことを、自分自身と対話しながら前に進んでいけるのです。


そう、そうなのです!

私が敢えてスピードを出さないように、ぬかるみを歩こうとするには、それなりの意味があったのです。


色んな経験ができる。

好奇心を満たせる。


このあたりは、まさに私ならではの行動パターンなのです!


「ナカムラさんは 『体験そのものに価値がある』 と思っているのね」

とコーチ。


うんうん!まさにそうです!

だから、結果(目標)を手に入れることより、より多くの体験をしてみたい、そのことによって、‘引き出し’を増やしたい、そう思っているからこその私自身の今までの行動パターン!


目的地に到達するのが遅いので、手に入れられるものも残り物かもしれないし、到達すらしないかもしれないけれど、寄り道して、色んな体験をすることで、小さなガラクタを集めながら進んでいくわけだから、ゴールで手に入れられるものに匹敵する量を、進む過程で手に入れているわけです。




今まで思うように前に進まない、結果がでない自分自身を腹立たしく思っていたのですが、こういう自分だったんだと改めて認識できたことで、自分自身を素直に認めてあげられるような気になりました。


仕方ないよね・・・

他人と比べてもしょうがないよね・・・




情報が多すぎる現代、どうしても他人と自分を比べて「自分はダメだ」と思いがちになりますが、自分の資質、生き方、価値観をしっかり理解すると、他人とは比べようがない、唯一無二の存在なんだということがわかります。

そうすれば‘比較’と言う世界から抜け出せ、気持ちがふわりと軽くなるのです。





私と同じように、自分自身をなかなか認めてあげられないあなたへ、何かご参考になればと思い、書かせていただきました・・・


MB900433167



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


良い人間関係は人生を変える!

▼ コミュニケーション ステップアップセミナー

【日時】 2015年12月4日、2016年1月29日、2月26日、3月25日 
各回 19時~21時
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ



tomokonakamura at 14:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月12日

幼い子どもであっても、自分で決めて宣言したことはやるのです


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



今日は、先日行ったいつも講師としてお世話になっているところでのコーチングスキル講座でのことを書こうと思います。


二日間と言う短い時間内でも受講生の方々に、‘使えるコーチングスキル’を身に着けていただきたい私は、講座修了後もコーチングのクライアントとして、コーチとして、の感覚を味わって欲しいので最後に‘宿題’を出します。

「スキルを学んで、明日すぐにできることは何ですか?」

と。


先日のコースに参加された方のうち、ある方は小学生のお嬢さんにコーチングを実践してみると言って帰られました。

で、講座が終わった翌日、早速その御報告をいただいたのですが、ちょっと感動することがあったのです。


お嬢さんには、ちゃんとコーチングでやる気と行動を引き出したその方。

それだけでも素晴らしいのですが、更にある気づきがあったそうです。


お嬢さんの下の息子さんが、幼稚園からの課題で夏休みに頑張ることに『お野菜を食べる』と記入していたと。
 
お野菜が苦手な息子さんが、「お約束したから」と頑張って食べる姿を単純にえらいなと思っていたそうなのですが、講座を受け、自分で決めて宣言したことは幼い子供であっても実行しなければと考えて行動しているのだと気づくことができたとのことでした。


そう、人は

「自分がやる!と決めたこと(宣言したこと)」しかやる気にならない!

のです。


それをコーチングの講座の中で学んだその方は、こんな小さな子ですらそういうものだということに気付いたということです。


このタイミングじゃないと気付けなかったこのこと。

今後、この方はコーチングを使うと言うことはどういうことがわかった上で使っていかれるのでしょうね・・・

とても嬉しい御報告でした。



でもこれは、会社でも同じことが言えると思いませんか?

部下に対して指示・命令だけではなく、その人の口から‘やる!’と言う決意を引き出すことが実はとても大事なことなのです。

自分で決めて宣言したことは‘やる気’を生み、‘やる気’は人を行動に向かわせるわけですから。


このブログをお読みの方には、ぜひとも‘やる気’を引き出せる上司になって欲しいと思います・・・


DZ171_L tibi 2

 
※今回の話は、ご本人のご了承を得た上で、ご紹介しました




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 単なる‘石ころ’を‘ダイヤ’にする??
  • 全ての企業は、社員が持っている‘最初のやる気’を萎ませないようにしていただきたいものです..
  •  「ちょっと今から仕事やめてくる」
  • 「銀の鈴」
  • 自分の人生をも左右する ‘セルフトーク’ 
  • あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?
  • 「自分を信じる」ということ。
  • 嬉しい知らせをいただきました!
  • ‘知識’を‘知恵’に変えるには?