心理学

2018年09月21日

私達人間は‘ロボット’?


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



皆さん、私達人間は‘ロボット’だってことに気づいていますか?


「何を言いだすやら・・(苦笑)」

と思った方もいらっしゃるでしょう。


ここで言いうロボットは何かと言うと、‘無意識’のロボットであるということです。


悩み事で頭が一杯であっても車を普通に運転して事故も起こさず目的地に着ける、出かける時にボーっとしていて、鍵をかけ忘れたのでは?!と思って戻ってみるも、たいていはちゃんと鍵をかけている・・・


意識がここになくとも、結構まともに動けていると思いませんか?

これって、無意識のうちに動いているわけですが、すごいと思いません?


私達の無意識は安心・安全を求めます。

なので、安心・安全でない状態を自動的に避けるようになっているのです。

大抵は子供の時に身につけたんですけどね。


でも、その安全装置である無意識が人生を邪魔することもあるのです。

しかも、自分が気づかないうちに!



私のお話をしようと思います。


私は‘責任’と言う言葉にとても反応します。

薬剤師として働いていた時は、人様の命を預かっているという思いが強く、その‘責任’の重圧に耐えられなくなって辞めてしまったのですが。

その反面、もっと責任のある地位につきたいと思っていたのも事実です。

でも、地位が上がれば責任も重くなる。。。

責任を取れる大きさが、その人の仕事の大きさであることにいつしか気づき、愕然となったものです。


しかし、どうしてこんなにも‘責任’と言う言葉に反応するのでしょうか?

必要以上に重圧感を感じてしまうのでしょうか?


そのことを深く考えた時に気づいたのです。

あぁ、私、「失敗をものすごく恐れているんだ」と。


‘失敗を恐れる自分’と言うのは以前からわかっていたことですが、‘責任’の中に‘失敗をしたら、その責任を負わねばいけない’と物凄く強く思っていたということに気づいたのです。


「そんなの当たり前じゃない」

と言われる方もいらっしゃるとは思います。

ですが、失敗を過剰に恐れる人間は、失敗の責任を取ることが怖くて怖くて仕方がないのです。



例えば私が昔やっていた薬剤師の仕事。

投薬ミスをしても、そんなに落ち込まない人もいれば、私の様に過剰に不安になる人間もいます。

そんなに落ち込まない人は、ミスはミスとして受け止めた上で、自分のできること(リカバリーできること)に目を向けられる人だと思うのですが、私などはそれこそ世の終わりなぐらい、自分の失敗に対して恐怖の感情が現れてくるのです。

その失敗の責任を取らねばならぬのか・・と思うと、恐ろしくて恐ろしくて・・・


だから、責任を取りたくない、責任のある地位に立たないように無意識は動いてくれているのです。

勿論これは私を守ってくれていることなのですが、やっかいなことに自分の意識ではもう少し大きな仕事がしたい(=責任のある仕事をしたい)と思っているので真逆のことが起きているということ。


これが、無意識のロボットになっているということ。


もし、思い通りの人生を送ることができていないとお嘆きの方がいらっしゃったら、いえいえ、無意識が望む通りの人生は送っているというのが事実なのでしょう。


例えそれが意識の上で納得のいかない人生であっても・・・



j0386815




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


次回は10/26!

▼ コーチング ワンコイン練習会

【日時】 
・土曜日(14~17時の3時間):11/17
・金曜日(19~21時の2時間):10/26

              
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ

 


tomokonakamura at 09:32|PermalinkComments(0)

2018年03月26日

自分自身の、そして相手の`本性’を見抜くには・・・


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日放送されていたTV「ダウンタウンなう」、見た方はいらっしゃいますか?


ダウンタウンと坂上忍がゲストと共にハシゴ酒をしつつ、トークをすると言う番組です。



で、この間は「本音を言いたいオンナたち」と言うことで、アラサ―女性芸能人5名が酒の力を借りて、ぶっちゃけトークをしていました。


そこで危険なトークテーマが出ていたのです。


それは、

「こんな女がキライ」。




なぜこれが危険かって?

だって、その人自身がバレるのですよ!


・・と言うのも、心理学では、「嫌いな相手が持っている嫌いな特徴=私が自分で自分を嫌いだと思っているところ」と言う風に言われているからなのです。

いわゆる、「鏡の法則」って言うものですね。


嫌いな人の嫌いな部分って、自分が持っていてイヤだと思っている部分。

だから、外に出さないようにグッと我慢したりしているのに、それをあからさまに表に出している人がいたりしたら、反応してしまうわけです。

イラッとしたり、カッときたりするのは、相手が悪いのではなく、自分の中にそういう思いがあり、それが原因であるということ。

だから、こういう話はその人自身がどんな自分を抑え込んでいるかがわかってしまうわけです。


なので、「え~~~!そんな危険なテーマをテレビでやるのね?!」なんて私などは思ったりしたのですが。


案の定、そこにいたアナウンサーの田中みな実さん、墓穴を掘っていました。


『人の男に手を出す都合のいい女』がキライだという田中さん。

話していくうちに、

「あなた自身がそうじゃない!!」

と皆から言われる羽目に。



こういうことが分かっているディレクターが敢えてこのテーマを出したのか、知らずにやったのか。

どちらにせよ、これは怖い。


他の芸能人も「こんな女はイヤ!」と声高に言っていましたが、私は冷めた目で見てしまいました。。




こんな危険なトークテーマ、使い方によっては自分を知る・相手を知る一つの方法にもなるけれど、こんな風に公衆の面前で振られた時はご注意くださいませ。


自分が気づかないうちに、「私ってこんなイヤなヤツなんですー」ってことを公言することにもなりかねませんので... 


032chibi




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 10:24|PermalinkComments(0)

2018年03月22日

周りに‘影響力’を発揮するためには・・・


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



皆さんは周りに‘影響力’を発揮できていますか?


‘影響力’と言うと、ちょっとわかりにくいかもしれませんね。

要は、「周りの人はあなたの言うことを聞いてくれますか?」ということ。


プライベートでもそう。
仕事でもそう。

どれだけあなたの意図した通りに周りが動いてくれるか・・・


実はこれには、周りの方からあなたへの‘信頼感’がどれぐらいあるかがポイントになってくるのです。

すなわち、‘ラポール’が築けているかどうかと言うことです。


‘ラポール’とはフランス語で「橋をかける」と言う意味。

相手と自分との間に橋がかかっている状態、つまり、心が通じ合い、互いに信頼し、相手を受け入れている状態、心が開いている状態を指します。

‘ラポール’が築かれていないと、「相手の話を聞きたくない」、「そもそも話をしたくない」という状態になってしまい、コミュニケーションそのものが上手くいかなくなってしまいます。

そしてこのラポールを築くベースとなるのが、「安心・安全でありたい」という気持ちなのです。


 
人は心を開いていない人の言うことは‘間違っている’と思うもの。

反対に心開いている人の言葉は‘正しいのだ’と認識するわけです。


なので、あなたが意図した方向へ周りの人を動かすにしても、まずは相手の心を開くことが第一で、その後で初めてリーディング(導く)が機能すると言うわけです。


「あれをやれ!これをやれ!」

と言っても、あなたが心を開くべき人間でなかったら、相手は心から従うわけではないので、パフォーマンスの低い行動しかとれません。



あなたがリードしたい人は誰ですか?

お子さん?
パートナー?
部下?


まずは‘ラポール’を築く努力をしましょう。

それから‘リーディング’。




順序を間違えないようにしてくださいね。



GD177_Ltibi



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 16:03|PermalinkComments(0)

2017年12月19日

願望実現のコツを知ってか知らずか使っている人


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



少し以前の話です。

何の番組だったか、テレビを見ていたら、お笑いコンビ・ピースが出ていました。


で、綾部氏(男前のアメリカに行った方)がとても衝撃的なことを言っていたのです。


「別にお笑い芸人になりたかったわけじゃないんです。

 とにかく、有名になりたかったんですよね」


これを聞いて私、思ったのですが、たぶんこの人はそういう夢を叶えられる人なんだろうなって。

ほら、夢を実現させるポイントは、「なりたい!」と言う‘強い願望’ではなく、いかに「なれて当然」と思えるかどうか?って言われてるじゃぁないですか。


「なりたい!」と言う強い願望は、結局のところ、今の自分がそうではなく、それを否定する形でなりたいと思っているということ。

潜在意識は、今の自分を実現していくので、結果的にそうでない自分(=願望が叶えられない)を実現してしまうわけです。


でも、「自分はこうなることが当たり前」と思っていると、潜在意識もそれを実現させる、と。


綾部氏って、たぶん自分で自分の容姿に自信があって、有名人になって当然と思っているんだと思うのです。

他人がどう思うかは関係なくて、自分がそう思うことが大事。

子供の頃に自分の姿を鏡に映して、惚れ惚れとし、「あぁ、有名人になりたい、いや、なれる」と思ってたんじゃないかと。


正直、ピースってお笑い的にそんなに面白いとは思わないんですが、それでも、と言うか、それなのにテレビに出ることができるっていうのはすごいことですよね。

ここでも綾部氏は自分の夢を叶えているのですよね。


で、今度は無謀とも思えるアメリカ進出に打って出たわけで。

でも、彼が「自分はアメリカでも当然スターになれる」と思っているのなら、どれぐらいのレベルはわかりませんが、そこそこの有名人になれるのでは?と思いますが。


そう思うと、今後の彼の行く末が楽しみですよね。。。




41 (70%)







******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************

自分を知ることは、良い人間関係を作る第一歩!

▼ エゴグラム≪自己覚知≫セミナー

【日時】 2018年2月7日(水)午後7時~9時               
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)    
詳細はコチラ

 


tomokonakamura at 15:18|PermalinkComments(2)

2017年12月13日

自分一人より、誰かと関わることによって、より深く、より遠くへ行ける。。。


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。




先日、久々に‘フォーカシング’の勉強会に行ってきました。



フォーカシングとは


なんとなく嫌な感じ・・・

なんとなく心がざわつく感じ・・・


など、「なんとなく」の身体の感じに目を向けるカウンセリング技法。


まさに‘腑に落ちる’という気づきが多く、コーチングにも使える手法なので学んでいるのです。




で、この時、面白い体験をしました。


まずは私がフォーカサー(=クライアント)役の時。

リスナー(=カウンセラー)役の人に色々と聞かれながら、「なるほどな~」と言う気づきを得たのですが、振り返りの時に、

「自分一人でやっても、ここまで深まらないんですよね」

と、私。


自分一人でやるときは一生懸命深めようと、自分の身体の感じに集中するのですが、これがなかなか難しい。




で今度は、役割を交代して、私がリスナーをやった時のこと。


「久しぶりなので、できるかなぁ...」


すっかり手順を忘れています。

ま、何とかなるかな。(笑)



基本的にフォーカシングはフォーカサーが口にしたことをリスナーが繰り返して言います。

その言葉を聞いて、フォーカサーが再びその言葉がしっくりくるかどうかを確認していく作業を通して、身体の声に耳を傾けるという感じです。


そう言えば、以前フォーカシングのトレーナーが、「相手の感じている感覚を自分の中に共鳴させて『こんな感じですか?』と聞いてみると良い」とも言っていたような。。。

それ、やってみようかな。


そう思ってフォーカサー役の方が言っていることを聞きながら、自分の中でも同じ様に感じるようにし、浮かんでくる言葉や感覚を伝えるというやり方でやってみたのです。



セッションが終わって、振り返りの時、フォーカサー役の人やオブザーバー役でその場にいたトレーナーの方から大絶賛!

「鋭いセッションで、(フォーカシングが)とても深まりましたよ!」

と。



へぇー、そうなの?

やった本人はあんまりわからなかったのですが。

ただ、「一緒に感じよう」として、そこに意識を向けたこと、そして、ふと自分が感じた体の感じを言葉に出しただけ。

それを聞いてフォーカサー役の方には、更に深い気づきがもたらされたみたいです。




これらの体験から、浮かびました。


こういうカウンセリングやコーチングってダイビングみたいなものじゃないかな、って。


海に行ってシュノーケリングをしたこと、ありますか?

海面にプカプカ浮かんで海の中を見ると、とてもきれいなんだけれど、もっと深くまで潜れると、新しい発見もあるし、楽しいじゃないですか。

自分でそれをするとなると素潜りになると思うのです。

でも素潜りで相当深く潜るには、練習が必要。

それでも限界がありますよね。


そこで、スキューバダイビング。

タンクをつけて潜ればかなり深く潜ることができます。

そこでは見られる生物も違ってくるし、洞窟だとかのシュノーケリングでは見に行くことができない場所にも行くことができます。

流れの強いところでも潜ることができますしね。


きっとカウンセラーやコーチって、このダイビングで使う‘タンク’みたいなもんなんじゃないかと思うのです。

浅瀬でピチャピチャしているぐらいならタンクは必要ないけれど、見たこともない世界を見るためには、タンクは必要。

きっと自分を知るためには、自分一人では難しく、タンクの役割を果たす誰かが必要なのでは?



これってカウンセリングやコーチングだけに言えることではないと思います。

人が誰かと関わることで、何かしらの影響があります。


自分一人より、誰かと関わることによって、より深く、より遠くへ行ける。。。


きっとこういうことなんだと思います。


そんなことを感じた勉強会でした。



MP900409144chibi




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


 


tomokonakamura at 16:37|PermalinkComments(0)
プロフィール

ナカムラトモコ

■ パフォーマンス アップ コーチ ■
大学の薬学部卒業後、病院、リゾートスタッフ、スポーツメーカー、薬局、医薬品原料商社等、さまざまな仕事を経験。幅広い経験から「部下を生かすも殺すも上司次第」と考えるようになりその時知った‘コーチング’に感銘を受け、この‘コーチ’を天職と活動を開始する。
大阪府出身・在住。

                       ________________
(一財)生涯学習開発財団 認定コーチ
  米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
                  日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
                  文部科学省認定 1級色彩コーディネーター
                   (社)AFT認定 カラーデザイナー
                  薬剤師


                    

ギャラリー
  • 私達人間は‘ロボット’?
  • 周りの人々のパフォーマンスを上げることができる人が増えたら…
  • 日本のスポーツ界も、本当の意味で‘コーチング’を使えるコーチが出てくれば・・・
  • 私たちの主観は過去の経験・体験から作られ、未来を作ってしまう
  • 結果よりプロセスが大事 
  • 「JSA(共同警備区域)」
  • 7月のコーチング ワンコイン練習会、開催しました!
  • 今月は今週の土曜日です!「コーチング ワンコイン練習会」
  • 「万引き家族」