感じたこと

2017年06月12日

「ちょっと今から仕事やめてくる」


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
「イマドキの若い子は、すぐに仕事を辞めて・・・」
 
などと、よく聞く言葉。
 
かく言う私も、それを‘言う側’の人間に年が近いものですから、同じように思っていました。
 
 
でも、この映画を見て
 
「いやいや、これは辞めた方がいい!」
 
と考えを改めたわけで。
 
 
現在上映中の「ちょっと今から仕事やめてくる」
 
あらすじは、公式サイトを見ていただくとして、転職を数多くしてきたこの私が言いたいのは、
 
 
死なないで!
 
 
 
わかるよ、なんとか入れた会社だし、ここを辞めたら次は正社員になれるかどうかわからない恐怖。
 
それ以上に、途中で投げ出すことで、自分で自分に「×」をつけてしまうのではないかと、何をやっても自分はダメな人間なのではないかと思ってしまうかもしれない恐怖。。。
 
 
でも、たぶん本人が物凄く視野が狭くなっている上に、多様な価値観を認めてくれないような世の風潮が、「このまま仕事を続けるか、それとも、死ぬか」の究極の選択をさせてしまうことになっているのでしょう。
 
この世には逃げ道がある、今の目前の状況だけがこの世の全てではない、と思うことができれば、自分の世界をチェンジすることもできるはずなのに。。。
 
 
 
たとえその時逃げたとしても、その後そのことをずっと引きずって、自分を責めたとしても、それは何かを学ぶためのもの。
 
意味があること。
 
 
でも、死んでしまったら、学ぶこともできない。
 
 
死なないで、死なないで・・・
 
 
 
 
 
ラストは、ちょっと究極過ぎるとは思いますが、きっとそれぐらい違う世界がこの世にはあるんだよ、と言うことを作者は言いたかったんだと思います。
 
 
楽することを選択するだけが人生ではないとは思いますが、死を選ぶぐらい辛いのなら、楽もアリだと思う私です...





010




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?!

▼ グループコーチング

【日時】 
・夜コース(7~11月 第一水曜日 19時~21時)
・昼コース(6~11月 第四土曜日 14時~16時) 
              
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ

 


tomokonakamura at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月06日

「銀の鈴」


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
大阪に「ピースおおさか」と言う‘大阪空襲を語り継ぐ 平和ミュージアム’があるのをご存知でしょうか。
 
そこで毎週土曜日に月替わりで映画を無料でやっているので、見に行って来ました。
 
 
6月は「銀の鈴」。
 
沖縄の学童集団疎開で沈没した対馬丸についての話です。
 
 
鈴の音

 
 
とにかく見ていて‘せつない’気持ちになりました。

 
対馬丸が沈没して、漂流したのち助けられた数少ない子供たちにしかれた緘口令。
 
運良く沖縄に戻ることができたとしても、言えばスパイとみなされると脅され、何があったかを一切しゃべることができない・・・
 
また、ヤマト(本土)の収容所に入れられた子たちは、内地の人間から石を投げつけられることも。。。
 
 
船と共に沈んで行った仲間の遺品(筆箱や衣類)を譲り受けた収容所の子供たちが、初めて見る雪に感動し、自分たちが譲り受けた遺品を雪にかざし、亡くなった子たちにも雪を見せてやろうとするシーンには涙がこぼれました。
 
 
 
戦争・・・
 
こんな時代があったなんて、本当に恐ろしい。
 
この「ピースおおさか」での展示物や空襲の映像を見ていると、胸が締め付けられるような感覚になります。
 
 
今こうして幸せに暮らせるなんて、奇跡にも近いのではないでしょうか。
 
当たり前だと思ってはいけないのだと思うのです、平和であるということに。
 
 
 
「銀の鈴」、今月末まで毎週土曜日に上映されます。
 
「ピースおおさか」の展示と共に、平和を考えるために見ることをお勧めします…




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?!

▼ グループコーチング

【日時】 
・夜コース(6~11月 第一水曜日 19時~21時)
・昼コース(6~11月 第四土曜日 14時~16時) 
              ※各全6回コース
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ



tomokonakamura at 08:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月13日

「自分を信じる」ということ。


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、「信じる」ってどういうことだろう?と考えてみました。 

(はい、今私は‘何と言うことはないものについて5分間考える’と言う訓練をしていますので^^)
 
 

 
「信じる」って、「そう強く思う」ってことなのですよね、きっと。
 
あの人って信じられるわ・・とか、この会社は信じられる・・とか。
 
 
あれ?
 
でも、‘何’をそう強く思うんだろう・・?
 
 
そう思った時に、はたと気が付いたのです。
 
「あの人」→「信じられる」とか、「この会社」→「信じられる」ではなく、それぞれ矢印のところにもう一個言葉が入るんじゃない?!
 
「あの人」→(○○だから)→「信じられる」
「この会社」→(○○だから)→「信じられる」
 
と言う風に。
 
 
 
例えば、よく言う「自分を信じる」って言葉。
 
自分を信じることができる人は自信があるということになるのですが、これって、「自分」と「信じる」の間に「何を」が入るわけです。
 
自信がない(自分を信じられない)というのは、自分の誠実さとか、能力とか、「こうあって欲しい」と願っているものに対して深くそう思うことができないから「自分が信じられない」。
 
つまり、「自分の肯定的な面があるのを強く思えない」って言うことじゃないでしょうか。
 
反対に、自分がダメだなぁ・・と思っていること(例えば、三日坊主で何をやっても長続きしないとか、すぐにウソをついてしまうとか)も、そうだなぁ・・と強く思っているのなら、これも信じるってことになるわけですよね?
 
 
だから、「自分を信じる」と言うことは、肯定的だと思っていることについてだけではなく、否定的に思っていることも含まれているとするならば、プラスの面もマイナスの面も全てが「私」と思うことが「自分を信じること」じゃないでしょうか。
 
そしてそれが‘ありのままの自分が存在している’と言うことを信じる、と言うこと。
  
 
そう思うと、ある場面で自分が信じられない(=自信がない)私も、ありのままの自分を認められます。
 
 
確かに私が存在していることは信じられること。
 
いい面も悪い面も含めて、私はここに‘いる’のだから。。。
 
 
 MB900433167
 
 
 




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?!

▼ グループコーチング

【日時】 
・夜コース(6~11月 第一水曜日 19時~21時)
・昼コース(6~11月 第四土曜日 14時~16時) 
              ※各全6回コース
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ



tomokonakamura at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月05日

「何を言うか」ではなく、「誰が言うか」


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
知り合いが発行しているメルマガで、コミュニケーション関係のことが書かれていました。
 
部下が嘘をつき、その上司がその事実を隠蔽し・・・
 
そうならないためにはどうすればいいのか?というような内容でした。
 
 
これまでもその方のメルマガでは、企業内でのコミュニケーションで役立つ内容が書かれたりしていたのですが、それは某有名新聞の1コーナーからの引用。
 
その方にしたら、これは役立つ!ということでご紹介されているようなのです。
  
 
私はずっとこういう仕事をしているので、その方のそのメルマガの記事については、
  
「前から私、(そのこと)言ってるのにな・・・」
  
と思ったりしているのですが、私の声がその方に届いていないのか、私が言っても「そうか!」と思ってもらえなかったのか。。。
 
 
 
 
こんなこともありました。
 
 
友人のブログの書き込みから。
 
ある体験を通して、
 
「『今、ここ』に意識を向けるって、本当に大事なことだと思いました!」
 
と。
 
   
私もずっと前から同じようなこと、言ってたつもりだったのだけど...
 
 
 
 
結局は「何を言うか」ではなく、「誰が言うか」(メディア力)が大事で、更にいうと、タイミングも大切ってことなんでしょうね。
 
 そう、「碎啄同機(そつたくどうき)」です。


 碎啄同機(そつたくどうき)とは?
  鶏の雛が卵から産まれ出ようとするとき、殻の中から卵の殻をつついて音をたてる。これを「碎」と言い、そのとき、すかさず親鳥が外から殻をついばんで破る、これを「啄」と言う。
そしてこの「碎」と「啄」が同時であってはじめて、殻が破れて雛が産まれるということ。



 
とにかく、 
 
・自分の伝えたいことをきちんと発信し続ける
(いつ聞き手に「碎」のタイミングが来るかはわからないので)
 
・自分のメディア力を上げていく
(この人の言葉なら信用できる!と思ってもらわないと聞いてもらえないので)
 
 
 
それを学んだこの数日間。



皆さんはいかがですか?


部下に対して、メディア力はありますか?

タイミングよく、伝えていますか?

 



MH900449108




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************

 


tomokonakamura at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月13日

地雷を踏む、とは。。。


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



 
 
これって、‘地雷を踏む’ってことじゃないかしら?と思いました。
 
ほら、よく言うじゃないですか、「あの人、私の地雷を踏んだわ。だから、どなってやった!」って。
 
 
でも、その地雷を仕込んだのは、紛れもなく自分自身。
 
相手がたまたまそれを踏んでしまったので、怒りが出たのも自分。
 
そもそも地雷を仕込んでいない人には、同じことがあっても(言われても)何にも起こらないわけです。
 
 
 
地雷をたくさん仕込んでいる(~せねばならない、~するべきだ が多い)
 
地雷の威力が凄まじい(~せねばならない、~するべきだ が強い)
 
 
が、その地雷を踏まれた時に自分も相手も傷つけるのです。
 
 
 
そんな地雷に気づいて撤去できるのは、自分自身だけじゃないでしょうか。。。
 


s201106250200






******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 単なる‘石ころ’を‘ダイヤ’にする??
  • 全ての企業は、社員が持っている‘最初のやる気’を萎ませないようにしていただきたいものです..
  •  「ちょっと今から仕事やめてくる」
  • 「銀の鈴」
  • 自分の人生をも左右する ‘セルフトーク’ 
  • あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?
  • 「自分を信じる」ということ。
  • 嬉しい知らせをいただきました!
  • ‘知識’を‘知恵’に変えるには?