感じたこと

2017年10月29日

決め手は…集中力?


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


朝のニュースを見ていたら、トライアスロン三連覇を達成した小学生がいるとの報道が。

こんな小さい時からトライアスロンをやっているなんて、すごいなぁ~・・と見ていて、ふと思ったのです。

子どもってなんでこんなに頑張れるんだろう?


小さい頃に始めた習い事やスポーツなど、結構いい線まで行くじゃぁないですか。

よく見るシーンとしては、負けて悔し涙を流す子どもの姿。

悔しい、負けたくないという気持ちがあるから、上達するのでしょうか?

いえ、それもあるのだと思うのですが、私は「集中力」がポイントと見ました。


好きだし、勝ちたいし、負けたら悔しいし、上達するためにはそんな感情は勿論のこと、集中できる環境やいい意味での世間の狭さなどが関係するのでは?と。


例えばこのトライアスロンの子にしても、一日中このトライアスロンのことを考えていても誰も文句を言わないですよね?

当然この子にしても、それ以外のこと(今晩のご飯はどうしようとか、生きていくお金をどう工面しようとか、将来の不安とか etc.)はほとんど頭の中にないのだと思うのです。

トライアスロンが頭の中のほとんどを占めていると言ってもいいぐらい・・・

でも大人だったらそういうわけにはいきません。


いらないことを考えず、集中できる力とたっぷりの時間。

これが、子どもの頃から何かを始めた時に上達することに繋がるのだと思ったりするのですが。


だったら自分自身も、部下も、パフォーマンスを上げるには、いかに集中力を高めていくかがポイント。

だから今、マインドフルネスなどが流行っているのかもしれません。。。




MP900409144chibi




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?!

▼ グループコーチング

【日時】 
・夜コース(7~11月 第一水曜日 19時~21時)
・昼コース(7~11月 第四土曜日 14時~16時) 
              
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ

 


tomokonakamura at 08:33|PermalinkComments(0)

2017年10月04日

崖っぷちに立たされるような事がなければ変われない?


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、何気なくネットサーフィンをしていたところ、大阪府下の高校の偏差値が書いてあるサイトに行きつきました。
 
早速、自分の出身校が今どうなっているのか気になって探しみたんです。
 
 
あったあった!
 
ふーん、私が行ってた時と、偏差値はそんなに変わらないみたい。。。
 
学区での順位も同じ。
 
ボーっとした学校なので、順位、抜かされてるかな?と思ったんだけど。
 
 
でも、今は国公立には、ほぼほぼ行ってない模様。
 
私立大学ばっかりだわ、進学先。
 
そう思うと、私がいた頃に比べて、レベルが落ちてるのかな?と思ったり。(阪大、神大、たまに京大に行く人もいたような気がするんですが)
 
 
 
で、口コミを見て笑ってしまいました。
 
 
自主自立の旗の元、指導放棄している教職員。
 
きちんと勉強スタイル・習慣が身についてこの学校に入学してきている人にはいいけれど、そうでなければ自主自立がかえって仇になっている。
 
進学実績が伴わないのに、進学校を自称しているのは笑止千万。
 
 
 
まぁ、こんな感じの辛口コメントが書かれていたのです。
  
いやぁ、私が行ってた時と変わらない!(笑)
  
的確だなぁ、この人の意見。
 
ちなみにこの人、まだ在学中と思われますが。
 
 
 
でも、ホント、校風って怖いですね。
 
私が通っていたのはもう40年近く前だというのに、ここまで変わってないのかと驚きです。
 
 
やはり、何か崖っぷちに立たされるような事がなければ、学校も、会社も、社会も変わらないのでしょうね。
 
ゆるゆるゆるゆる・・と、ぬるま湯に浸かり続ける。。。
 
 
もちろんそれは、個人も一緒。
 
 
 

あなたの会社はどうですか?

そしてあなた自身はどうですか?



41 (70%)



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?!

▼ グループコーチング

【日時】 
・夜コース(10~11月 第一水曜日 19時~21時)
・昼コース(10~11月 第四土曜日 14時~16時) 
              
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ



tomokonakamura at 13:27|PermalinkComments(0)

2017年09月19日

「三度目の殺人」


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
先日、上映前から気になっていた映画を見に行ってきました。
 
 
 
「三度目の殺人」
 
 
これ・・・
 
相当‘深い’ですよ。。。
 
 
ある方が書いていたユーザーレビューには「(見る人の)読解力が必要」とのことで、まさにそんな感じ。
 
監督の思いが、どのレベルで伝わっているかは、見る人によって相当差があるような気がします。
 
だって、映画を見てからYahoo!映画のレビューを読んでみたんですが、本当に様々なんですよ。
 
良く分かる人には(わかった‘つもり’の人にも)高評価ですが、単に犯人捜しとかそういう感じで見ている人には、とてもわかりにくい映画なので、評価が低いようです。
 
 
 
じゃぁ、私はどうだったかと言うと・・・
 
私が監督の思いを深いレベルでわかったかと言うとそんなことはないとは思います。
 
ただ、難しい映画であるということだけはわかりました。
 
 
 
本なども、何年かして同じ本を読んだときに
 
「あぁ、そういうことだったのか・・」
 
と、以前読んだ時にはわからなかったことがわかると言うことがありますよね?
 
この映画もたぶんその類のもの。
 
 
何年か後で見ると、今よりはわかる自分になっているのではないかと思うのですが。
 
 
 
単に、犯人捜しとかそういうものではなく、モヤモヤした気分が残る映画。
 
いや、あえてモヤモヤ感を残しているのかもしれません。
 
で、そのモヤモヤした気分を感じない人だけが、監督の意図を完全にわかったか、全く違う捉え方をしているか。
 
 

とにかく、なぜモヤモヤするか興味のある方はぜひ。
 
敢えてわかりにくくして、観る側に自由に解釈をさせる・・・

私的にはなかなか凄い映画だと思いました。。。


chibi jpg



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?!

▼ グループコーチング

【日時】 
・夜コース(9~11月 第一水曜日 19時~21時)
・昼コース(9~11月 第四土曜日 14時~16時) 
              
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ

 


tomokonakamura at 11:26|PermalinkComments(0)

2017年09月18日

いい人やめたらどうなる? 


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
先日、Aさんから、共通の知人・Bさんに対する不満を聞かされました。
 
 
いえ、私もBさんに対するモヤモヤした思いはあるんですよ。
 
でも、聞かされると、「そんなこと言ったらダメなんじゃない?」って思ってしまいます。
 
 
 
 
別の時に、Cさんから、Dさんに対する陰口を聞かされました。
 
 
正直、私もDさんに対するモヤモヤした思いはあるのです。
 
でも、Aさんの時と同じ様に他人が陰口を言うのを聞くのはちょっとヤダな・・って思うわけで。
 
 
 
で、このCさんと言うのが、割と何でも腹を割って話せる仲なので、そのことを伝えたのです。
 
そうするとCさん、
 
「ナカムラさんに言ったら、わかってくれそうな気がしたから。
 
 Aさんもそうだから言ったんじゃない?」
 
と。
 

 
えーーー!
 
私ってそんなに悪口・陰口を言いそうなタイプに見えるってこと?!
 
 
ショックだなぁ~と思いつつ、いや待って下さい。
 
Bさんに対しても、Dさんに対しても、私自身ちょっとモヤモヤしたものを感じていることは事実。
 
でも、それを口に出して言うのはダメだと思っている。。。
 
人の悪口をいうのは良くないことだと。
 
 
でも、心の奥で思っていることが実は、表に何となくにじみ出ているとしたら?
 
 
 
そもそも、なぜ人の悪口を言うのはダメだって思っているのでしょう。
 
 
そこでハタと気が付いたのです。
 
 
他人から、「‘いい人’だと思われたい」んだ、私。。。
 
 
 
‘いい人’は、他人の悪口を言っちゃいけません。
 
聖人君子でなければなりません。
 
 
物凄くそういう自分でありたいと思っているのです。
 
 
でも本当の自分は、文句もあるし、嫌いな人もいるし、悪口だって言いたいと思っています。
 
なのに、それを抑え込んでいる。。。
 
 
 
そんな私を周りの人は見抜いているのでしょうか。
 
同じように不満を持っている、言ったら共感してもらえると思って、私に打ち明けてくるのでしょうか・・・
 
 
 
そう思うと、自分では‘いい人’になろうと頑張っているけれど、そうは見られていないってこと?
 
だったら、やる必要あるの?
 
 
でもどうなんでしょう。
 
いきなり‘いい人’やめたら、‘いい人’ぶってここまで頑張って培ってきた友人たちが私の側から離れていくんではないでしょうか。
 
いえ反対に、‘いい人’ぶってるつもりが、伝わっていないのなら、今まで通りで誰も近づきも離れもしないのでしょうか。
 
 
 
 
‘いい人’をやめてみる・・・
 
 
これを実行するのは、私にとって結構ハードルが高いこと。





皆さんはいかがですか?


‘いい人’やっていませんか?

やめてみたいと思いませんか?

でも、やめたらどうなると思いますか?
 
 
 49



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?!

▼ グループコーチング

【日時】 
・夜コース(9~11月 第一水曜日 19時~21時)
・昼コース(9~11月 第四土曜日 14時~16時) 
              
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ



tomokonakamura at 11:34|PermalinkComments(0)

2017年09月02日

親の背を見て子は育つ。部下も上司の背を見て育つ。


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



 
子どもの夏休みの宿題で工作ってありますよね?
 
あれって、今はメルカリで売ってたりしているんですってね。
 
わざと下手に作られたものが出品されていて、結構売れるのだそうです。
 
需要と供給が上手くマッチしているので、いいと言えば、いいんでしょうが・・・
 

 でも、

「あ!メルカリで売ってる!ラッキー♪」
 
って言って買う親は、どういう良識なんでしょう。。。
 
 
確かに、とりあえず結果さえ良ければそれでいいのかもしれませんが、夏休みの宿題って、それをやる目的は提出する「結果」のみならず、その「過程」が大事なんじゃないかな・・なんて思うのは私だけでしょうか。
 
 
 
 
 
 
実はこの話を聞いた時、思い出されたのは亡き父のことです。

 
私が高校生の時、自営業でほぼほぼ自宅近辺しか行動範囲がなかった父が大阪市内に出ると。
 
その頃私は、通学で定期券を持っていたので父に、

「定期券、貸そうか?」

と提案。 
 

運賃、浮くでしょ?って思って言ったのですが、
 
「そういうことはしてはいけない!」
 
と一蹴されました。
 
 
その時は、そんな硬いこと言わなくてもいいのになぁ~・・なんて思ったりしたんですが、後で考えると、自分の父がこの人で良かったとも思ったわけで。
 
 
なぜなら、高校生と言えど、頭の中はまだまだ子供。
 
やっていいことと悪いことの区別があんまりはっきりしていません。
 
友人たちとのノリで、悪いことをしてしまうこともあるぐらいだから、やはりそこは大人が正しい背中を見せないといけないわけで。
 
 
他人の定期を使って運賃をちょろまかすのがOKという教えを受けたら、その子はきっと大人になってそれはOKの領域に入れることになって、それをまた自分の子供に伝えることでしょう。
 
 
 
ちなみに私の親は、夏休みの宿題を手伝ってくれたことは一切ありません。
 
忙しかったからかもしれませんし、子供の宿題は難しくて手に負えないと思ったからかもしれませんが。
 
幸い私は子供の頃からきちんとした性格だったので、宿題ができなくて8月末に慌てるということはありませんでしたが、兄などは、できずに新学期を迎えて、学校で先生に怒られたという話も聞いたことがあるので、両親はそんな兄にも手助けはしなかったのでしょう。
 
宿題ができなくて怒られるんだったら、それはその子がそこから学んでいくことだと思うし、うちの親が子供の夏休みの宿題に対してノータッチだったのは正しいことだと思うのですが。
 
 
でも、そんな真面目な、不正をしない親に育てられたら、それはそれでキッチリしすぎる性格となって、自分を苦しめることにも。
 
だからある程度ゆるゆるな親の方がいいのでしょうか?

 
「お金で解決できるなら、それでもいいよね」
 
こういう考えの親に育てられたなら、上手く世の中渡っていけそうです。
 
 
たぶん思うに、こういう親の考え方は、そのまた親の考え方を受け継いでいることが多いのだと思います。
 
今の時代、何がやっていいことか、悪いことかわからなくなってきていますが、こうやってその人の良識が子に、孫に、どんどん引き継がれていくわけです。
 
 
子供は親の背を見て育つ。
 
 もちろん、部下も上司の背を見て育つ。




 
こわい、こわい・・・


DZ171_L tibi 2




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?!

▼ グループコーチング

【日時】 
・夜コース(9~11月 第一水曜日 19時~21時)
・昼コース(9~11月 第四土曜日 14時~16時) 
              
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ



tomokonakamura at 13:29|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 上司のいうことを聞いてもらうためには、まずは部下の話をしっかり聞く必要がある
  • 二人以上の人に、しかも同時にコーチングをして貰うと、どういう効果があるか?
  • コーチの意義 ~あなたが自分自身でパフォーマンスを最大限に上げられる様になって貰うためのもの~
  • 決め手は…集中力?
  • シングル女性の将来への不安
  • 崖っぷちに立たされるような事がなければ変われない?
  • 「三度目の殺人」
  • いい人やめたらどうなる? 
  • 貧困を連鎖させるのは、親の所得格差ではなく「思考の格差」?