感じたこと

2018年05月24日

ヒデキからタツオへ、そして・・・本当の自分へ


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



歌手・西城秀樹さんが亡くなりました。

 
特にファンではなかったのですが、やはり世代的に私は‘ヒデキ世代’。

何となく喪失感も感じます。
 



先日、「徹子の部屋」でヒデキが昔ゲストで出ていたものを追悼として放送されたのを見たのですが、その時感じたのは「あぁ、この人本当にアイドルだったんだな」と言うこと。


受け答えが全くアイドル。

未来に対してのキラキラした希望の気持ちを持っていたり、他人に対しての疑いなき目。


装っているのかな?

とも思ったのですが、そうでもなさそうでした。
 

元々、自から歌手になりたくて行動をしていたわけではなく、スカウトされて上京し、アイドルとしていきなり売れたと言うヒデキ。
 
田舎から出てきた少年が、訳もわからないうちに自分の周りの状況がドンドン変わっていき、でも純粋がゆえに、「西城秀樹」の仮面をかぶる・・というか、知らない間に「西城秀樹」と言うキャラクターが憑依していったんではないかと私は思います。
 

で、アイドル「西城秀樹」として君臨し続け、順風満帆に思える人生でいきなりの脳梗塞の発症。

一度ならずも二度も発症し、本人の思いはいかばかりかと思わずにはいられません。

 
美しくてカッコ良かった自分が、こんな風になってしまうなんて・・・

 
私達凡人には計り知れないほどの絶望感に陥ったのではないでしょうか。

 

 

また別の日に見た情報番組では、ヒデキは後年、その病気の後遺症で苦しんでいる姿、リハビリに励んでいる姿を公にし、出歩く時も変装もせず過ごしていたということを言っていました。

そして、同じような人たちにお役に立てるならと、講演とかも積極的に引き受け、その姿を世にさらしていたと。
 

これを聞いて私は思いました。
 

あぁ、ヒデキはアイドルで一世風靡し、その影響力をもって、晩年は脳梗塞で苦しんでいる人達を勇気づけるために存在していたんではないか?と。
 
そう、二回の脳梗塞を経て、アイドル「西城秀樹」から、本名「木本 龍雄」に戻り、そしてさらに、ただ一人の‘ひと’になったんでは?

 
いつまでも昔の栄光にすがって生きるのではなく、起きた出来事に意味を見出し、今の自分に何ができるのかを考えて行動されたのではないかと思うのです。

それは辛い選択だったと思います。

あんなにカッコよく、美しかった自分が、こんな風になってしまうなんて・・

 でもだからこそ、できることもあるんだと。

 

その選択をしたときに、ヒデキはタツオに戻り、そしてただ、周りの人にその存在だけで勇気を与えられる‘本当の自分’に戻ったのでしょう。
 

 

それを思うと、私はいったい何ができるのか?

今、私がここまで生きてきて、しなければいけないことは何なんでしょう。。。
 

そんなことを考えずにはいられません。


 

ヒデキのファンでもない私に、こんなことまで考えさせる彼に敬意を表し、改めてご冥福をお祈りいたします。。。


imgd85e8b2ezik7zjchibi





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


次回は6/22!

▼ コーチング ワンコイン練習会

【日時】 
・土曜日(14~17時の3時間):7/21 9/22 11/17
・金曜日(19~21時の2時間):6/22 8/24 10/26

              
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ

 


tomokonakamura at 13:09|PermalinkComments(0)

2018年03月31日

社会に貢献できる人材を育てていく


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、仕事でお世話になった方(女性)が、退職されるとのことでメールをいただきました。

メールでは退職される理由は書かれていなかったのですが、フェイスブックでその‘思い’を拝見し、その英断にエールを贈りたいと本当に思ったのです。



この方、私から見ても、とても仕事ができる方。

心遣いもきめ細やかで、一流ホテルのホスピタリティだー・・なんて思ったりすることもありました。(ちなみに、ホテル業界とは全く関係のないお仕事です)



そんな彼女が、小さいお子さんのため、ご家族のために一旦家庭に入ると。


正直、もったいない気もします。


でも、最近思っていたのです。


‘子育て’って本当に大切なことよね?

片手間にできることじゃないよね?って。




私も若いころ、まだ結婚に夢も可能性を持っていた時(笑)は、「結婚して、子供が生まれても働く!」と思っていました。


旦那や、子供のために自分の人生を犠牲にすることはイヤ!

自分は自分らしく生きたい、だから社会との繋がりも持ち続けたい、働き続けたい!


・・そんな風に思っていたのです。



それから何十年も経ち、もう、子供を産む年齢も過ぎ去り、この世をある意味客観的に眺めてきた私。


心理学的なことも学んできたこともあり、感じていることは、
「子育てにおいて、親の関り、ムチャクチャ大事よね?」



私が子供の時、あの頃は珍しかったのだけれど、両親は共働きでした。

なので、子供の頃から何かしら寂しい思いをしてきたのです。

もちろん、親はそんなつもりはなかったとは思いますが、でも、子供心には仕事優先の親の背中しか見てこなかったように思います。


だから私が親になったら、子供の手が離れるまではずっと子供の側にいたいと思っていたけれど、時代が女性活躍を推し進めるような雰囲気になり、そんな私でもいつしか、「結婚しても働く!」と思うように。



でも、今の人たち、社会を見ていると、何かひずみが来ているような気がするのです。


寂しさを抱え、自己肯定感も育たず、親の管理の下でしか行動が取れない・・・


そんな人が多くなっている気がするのは気のせいでしょうか?



親からの愛情をたっぷり受けている自覚があり、その親が見守り、いつでも帰って来て大丈夫な‘港’の機能を果たすことで、子供は自由に冒険、チャレンジができます。


そんな子供が、未来において社会に貢献できる人になるのでしょう。


その様な人材を育てる大事な仕事が‘子育て’。




今、自分が社会に貢献するのか。

それとも、子供が社会に貢献できる人になることをサポートするのか。


企業でもそうですよね?

自分が今会社にいる間にバリバリ貢献するのも良し、将来を見据えて、後進の育成に力を注ぐのも良し。


そんな感じなんでしょうね。





まぁ、子供も産んでいない私が言うことではないのですが、その彼女が下した決断に関して、私は本当に応援したい気持ちです。




「社会に貢献できる人材を育てていくミッションを見失わずに頑張っていきたい」

そう彼女は言っています。



彼女のそのミッション、私も心に刻み、残りの人生を生きていきたいと改めて決意致しました。。。




a









******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 10:38|PermalinkComments(0)

2018年03月26日

自分自身の、そして相手の`本性’を見抜くには・・・


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日放送されていたTV「ダウンタウンなう」、見た方はいらっしゃいますか?


ダウンタウンと坂上忍がゲストと共にハシゴ酒をしつつ、トークをすると言う番組です。



で、この間は「本音を言いたいオンナたち」と言うことで、アラサ―女性芸能人5名が酒の力を借りて、ぶっちゃけトークをしていました。


そこで危険なトークテーマが出ていたのです。


それは、

「こんな女がキライ」。




なぜこれが危険かって?

だって、その人自身がバレるのですよ!


・・と言うのも、心理学では、「嫌いな相手が持っている嫌いな特徴=私が自分で自分を嫌いだと思っているところ」と言う風に言われているからなのです。

いわゆる、「鏡の法則」って言うものですね。


嫌いな人の嫌いな部分って、自分が持っていてイヤだと思っている部分。

だから、外に出さないようにグッと我慢したりしているのに、それをあからさまに表に出している人がいたりしたら、反応してしまうわけです。

イラッとしたり、カッときたりするのは、相手が悪いのではなく、自分の中にそういう思いがあり、それが原因であるということ。

だから、こういう話はその人自身がどんな自分を抑え込んでいるかがわかってしまうわけです。


なので、「え~~~!そんな危険なテーマをテレビでやるのね?!」なんて私などは思ったりしたのですが。


案の定、そこにいたアナウンサーの田中みな実さん、墓穴を掘っていました。


『人の男に手を出す都合のいい女』がキライだという田中さん。

話していくうちに、

「あなた自身がそうじゃない!!」

と皆から言われる羽目に。



こういうことが分かっているディレクターが敢えてこのテーマを出したのか、知らずにやったのか。

どちらにせよ、これは怖い。


他の芸能人も「こんな女はイヤ!」と声高に言っていましたが、私は冷めた目で見てしまいました。。




こんな危険なトークテーマ、使い方によっては自分を知る・相手を知る一つの方法にもなるけれど、こんな風に公衆の面前で振られた時はご注意くださいませ。


自分が気づかないうちに、「私ってこんなイヤなヤツなんですー」ってことを公言することにもなりかねませんので... 


032chibi




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 10:24|PermalinkComments(0)

2018年02月05日

自己肯定感を上げるために...~‘行動’の前に‘決断’する!~


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



今、毎日チャレンジしていることがあります。それは、‘プチ有言実行’というもの。 

‘プチ’っていうのがミソです。
 

‘自己肯定感’を上げるには、‘自己信頼感’が必要。 

で、その‘自己信頼感’を持つためには、自分で決めたことをやり遂げることが大事なんだそうです。

 
だから‘有言実行’。

しかも‘プチ’。(笑)
 

 
私はコツコツ何かを継続するのは得意です。 

なのに、自己肯定感が未だに低いのはなぜなんでしょう・・・

 

で、この‘プチ有言実行’を暫く続けて気が付いたのです。 

先に・・・  ‘決断’をしてから行動を取らなければいけないんだ・・・!

 
 

私の場合、大概のものは継続できます。
 
ただし、‘決断’すれば、なんですが。

でもその‘決断’がなかなかできないのです。
 
なぜなら‘決断’することは、自分自身に対して‘責任’が生じると思っているから。

出来なかったときに「自分はダメな人間だ・・」と思いたくないので、あえて決断をしない。

 
で、なんとなくやり始めたこと(=小さめのことなので、特に「やるぞ!」と決断はしていない)と言うものは、「あぁ、続いているな・・・」っていうものが結構あるのですが、これでは自己信頼感につながらないのです。
 
なぜなら、なんとなくやっちゃってるんですもの。

 
言えば、‘気が付いたら私の後ろに道ができている’って感じでしょうか。

 
それはそれでいいことなんですが、自分で決めた事をやっている感はないので、自己信頼感には繋がらないのでしょう。
 

でも、自分で「よし!やるぞ!」と決めて口に出して実行できたことは、自分の自信に繋がるわけです。
 
‘気が付いたら私の後ろに道ができる’というよりは、‘自分で道を切り開いていく’って感じだと思います。
 

 
なので今日、具体的に何をやるのか?というものを朝、仏壇に手を合わせる時に宣言し、それをちゃんとこなしていくと言う風にやっていくようにしました。

そうすると、自分に対する信頼感が増す様な気がします。

やる!と決めたことを実際にやるわけですから。
 

 

もし、自己肯定感を上げたい、自己信頼感を上げたい方がいらっしゃいましたら、「プチ有言実行」をされることをお勧めします。

‘プチ’なことを、‘やると決めて口に出してから行動’してくださいね。

MB900433167




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


 


tomokonakamura at 07:47|PermalinkComments(0)

2018年02月04日

企業は「社員を教育する!」と覚悟を決めないといけない


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
先日、大阪府が主催している「女性活躍推進リーダー養成講座」に参加してきました。
 

その後の交流会で、名刺交換をさせていただいたある企業の社長さんからとても興味深い話をお聞きしたのです。
  

この方、社内改革に取り組んでおられる、まだお若い社長さん。
 
ご自身が前任者から引き継いでから、随分社内が変わってきたということなのですが、意識的に行ってきたのは、「社員に考えさせる癖をつけさせる」ということだそうです。
 

報告を上げる時も単に「○○でした」と言う報告だと、却下するのだと。

そのことについて、自分の考えも一緒に述べなさい!と。
 

これを、口を酸っぱくして何度も社員に言ってきたそうです。
 

その効果もあってか、最近はちゃんと「私としては、この件について△△だと思います」と、自分の意見も一緒に言ってくるようになったと。

 


 

「そんな状態に、どれぐらいの期間がかかりましたか?」

と言う私の質問に社長さんは、

「そうですね・・・5年かな。カンのいい子で3年ぐらいでしょうか」

 

 

とかく、社員教育には時間がかかります。


特に今の時代、家庭や学校で「自分で考えて行動する」という基本的な訓練もなされないまま社会に出てきた子たちを雇う企業としては何と大変なことか。


よく聞かれるのは、「イマドキの子は・・」と呆れ、匙を投げ、挙句の果てに辞めさせて新しい子を雇う・・・


こうやって首をすげ替えても、また同じことがおきてくるのですが。

 

だからこそ、そんな今のご時世だからこそ、企業は「社員を教育する!」と覚悟を決めないといけないのです。

それが、昔より大変なことであっても。
 

粘り強く、粘り強く・・・



a



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


自分を知ることは、良い人間関係を作る第一歩!

▼ 心理テスト ~ エゴグラムセミナー ~

【日時】 2018年2月7日(水)午後7時~9時 
              
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ

 


tomokonakamura at 10:57|PermalinkComments(0)
プロフィール

ナカムラトモコ

■ パフォーマンス アップ コーチ ■
大学の薬学部卒業後、病院、リゾートスタッフ、スポーツメーカー、薬局、医薬品原料商社等、さまざまな仕事を経験。幅広い経験から「部下を生かすも殺すも上司次第」と考えるようになりその時知った‘コーチング’に感銘を受け、この‘コーチ’を天職と活動を開始する。
大阪府出身・在住。

                       ________________
(一財)生涯学習開発財団 認定コーチ
  米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
                  日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
                  文部科学省認定 1級色彩コーディネーター
                   (社)AFT認定 カラーデザイナー
                  薬剤師


                    

ギャラリー
  • 平本あきお氏の「非言語コーチング」
  • 今月は再来週の金曜日です!「コーチング ワンコイン練習会」
  • クライアントさんからの感想 ~ダンサーのためのマインドアップコーチ・吉田麻里さん~
  • 影響力・実行力のある方に、ぜひ受けて頂きたいです!
  • 新社会人の方、早めに気づいた方が得ですよ...
  • ヒデキからタツオへ、そして・・・本当の自分へ
  • コーチングスキルセミナー受講の感想を頂きました!
  • いよいよ来週開催!「コーチング ワンコイン練習会」
  • 部下の‘仕事上の成長を望む’と言う気持ちがなければ、コーチングは機能しません