メンバー育成

2016年04月28日

種は蒔いてみなければ、育ててみなければわからない?


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、友人と話をしていて、「なるほどな~」と思ったことがあります。
 
 
 
うちの家は代々、職人的な仕事をしているのですが、そのせいか‘お商売’が下手なのです。しかもうちの兄弟全員。
 
 
お金を‘稼ぐ’ということに、なんとなく後ろめたい気持ちがあったりしますが、やはり家が‘お商売’をしている子は、そういうメンタル的なブロックもないし、お金を稼ぐセンスがあるよね、と。
 
でも、最近はどうなんでしょう?
 
サラリーマンが多くなっているので、親が仕事をしている背中を見て育っている人も少ないしなぁ・・・
 
 
そこで友人が言った言葉。
 
「親の背を見て大きくなるって、ある意味、それ自体が‘英才教育’なんでしょうね」
 
 
 
なるほど~


 で、実はこの後すぐに、たまたまテレビをつけた時に放送していた番組で、「ギャル」の若いママが娘(幼稚園児ぐらい)に同じ様な恰好をさせ、自分のギャルママ友と積極的に関わらせ、
 
「この子が大きくなった時に、またギャル文化が復活して、
 この子が活躍できるように、今から英才教育しているの!」
 
と言うのを見たのです。
 
友人との会話の中で出てきた「英才教育」と言う言葉をすぐにテレビで聞くなんて、そのあまりのタイミング良さに、ビックリしたもんですが。
 
 
で、テレビのその番組を見て私は正直なところ、眉をひそめたのです。
 
その幼稚園児の娘も、すっかりギャルの恰好が板についていて、何の疑いもなく振る舞っているのが、「あぁ、こうやって子どもって親の価値観を押し付けられて育つんだな・・」と言うことをまざまざと見せつけられたような気がして。
 
親の背を見せて育てるって言っても、その親がどんな背中を見せて育てるかによって子どもの人生が変わってくるよね・・・
 
何やらモヤモヤした気持ちを、このギャルママの番組を見てからずっと心に持っていたのですが、ふと、思いました。
 
確かに、一見、眉をひそめてしまう(私は・・ね)ことですが、テレビに出ていたギャルママは、娘をギャルにすることが娘にとっても自分にとっても最大の幸福であると‘今’思っているわけです。
 
で、あと10数年して、双方本当に幸福だと感じることもあれば、このことによって不幸が生じる(?)こともあるかもしれないし、先のことなんてわかりません。
 
でも、その未来において、今蒔いた種がすくすくと何のトラブルもなくまっすぐ育っていったとしても、反対に、想定外の植物に育ったとしても、刈り取るのは自分。
 
それを覚悟してようがしてまいが、関係性を放棄する(親子の関係を断つとか)ことがなければ、やはりそれを刈り取るのは自分。
 
相当困難なことになりそうですが。
 
でも、困難であればあるほど‘人間としての成長’があると思えるのです。
 
 
上手く言えないのですが、
 
親が正しい背中を見せようとしたって、そもそもそれが正しいかどうかなんて後々にならないとわからないし、でも今の結果は必ず未来にかえってくるわけだし。
 
良かれと思ってやったとしても、どうなるかなんてわからないことだし、どんな結果になろうとも、それは自分を成長させるために必要なことだとすれば、どんな背中を見せようともOKなのかな?って。
 
 
冒頭の話でいうと、うちは職人気質の親の背中を見て育ったので、お商売が下手だと書きましたが、もしかして、親は敢えて‘商人の姿を子どもに見せてなかっただけ’(良かれと思って)かもしれないし、でもそのことによって今私がこういう状態であるのも事実だし。
 
 
上手く言えないんですが、要するに何でもいいってことか・・・。
 
人生は成るようにしか成らないってことなんでしょうね。
 
 
だからどんな種を蒔いても、どんな育て方をしてもいいのかも。

あ、もちろん社会に迷惑をかけるような人になる育て方はダメだとは思いますが。 
 
 
 
・・・って思ったんですけど、あなたはどう思われます?



MB900433167





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月10日

生きた接客はリピーターを作る


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、お習字教室の帰りに生徒さんが、

「芸人さんがプロデュースした焼き鳥屋さんが、
 この近くにあるんですよ」

と言われました。
 

そこで、タイミング良くその芸人さんに会えたらいいねと、遅い夕飯を食べにその店に行ってみたのです。


で、結果的に芸人さんには会えませんでしたが、この店、いい感じです。

食べ物も美味しかったし、店内の雰囲気も、なかなか。

でも、私達を感動させたのは、店員さんの接客。


あれ?ここ、マニュアル的な接客じゃない。。。

血が通っているというか、ロボット的ではないというか・・・


たまに‘いい意味’で、「あれ?」と言う接客の店があるんですよね。

まさにここは、そんな感じのお店でした。


どういう社員教育してるんだろうね?と言う話になり、聞いてみることに。


スタッフの若い女性の話では、特に研修とかはないそうです。

ただ、お店としての方向性(お客さんが満足いくようなお店にする)を示して、あとは結構自由にさせてくれるらしいのです。


「だからこうやって、
 スタッフの一人がお客さんのところで話し込んでいても、
 他のスタッフがそれをカバーするように動くようにしています」

と。


うーん、凄いな。

やはり‘自由’とか‘権限委譲’とかがキーワードのようです。

普通は、下の者に自由に動かれるとイヤな上司も多いでしょうが、きちんと方向性を示して、自由に動ける範囲を広げてやり、ある程度は本人に考えて動いて貰う方が、本人もやる気がでるし、イキイキするし、お客にもそれは伝わります。

でも、やはり基本的なコミュニケーションが取れる人じゃないと、すぐには生きた接客はできないでしょうから、採用時にはきちんとふるいにかけて採ってるのだろうな・・とも思いますが。


芸人さんがプロデュースしたと言っても、その芸人さんは要するに広告塔。

宣伝して、実際にお店に来てもらっても、味が悪いは、接客がイマイチでは、リピーターは作れません。




帰りには、先ほどインタビューした女性スタッフが玄関までお見送りしてくれました。

なんと!その手には「また来てね」の横断幕が!


また、来ようと思わせてくれるお店。。。




マニュアルではない、自分で考えて行動して、客の心をつかむスタッフにするには、企業の方向性を示し、ある程度の自由を与えることが大事ですね。


 j0423780tibi


******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************
 


tomokonakamura at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月04日

意識レベルが行動の質を変える


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、こんなことがありました。


朝、大阪の西中島南方駅界隈を新大阪方面に向けて歩いていた時のこと。


この界隈、いわずと知れたプチ繁華街。

でも、朝は当然のことながら、眠った様に静かな街。


そんな中、ある女性が箒とちり取りを持って、お掃除をしていたのです。

歳の頃は、60~70歳ぐらい。

とっさに、どこかのお店のおかみさんが、自分ところのお店の前を掃き清めているんだな、って思ったのです。

でも、この方、結構広範囲まで出向いていって、落ちている吸殻なども拾っておられて・・・


この時私が何を思ったかと言うと、‘その人の意識がどこにあるかで、行動が違ってくる’と言うこと。



NLP(神経言語プログラミング)と言う心理学では、私達にはニューロ・ロジカル・レベルと言ったピラミッド状の意識のレベル段階があると考えられています。


上から、

自己認識 
(「私は○○である」と言った、
 自分の役割、ミッションを意識するレベル)

信念・価値観 
(信じていること、思い込みなど、
 「なぜそれを大事に思うのか?」を意識するレベル)

能力 
(才能、資質など、「どのように(する)?」を意識するレベル)

行動 
(実際の行動、振る舞いなど、「何を(する)?」を意識するレベル)

環境 
(いつ、とか、どこで、とかを意識するレベル)
 

なのですが、NLPの師匠の言葉を借りて例えるならば、ピアニストがいたとして、その方の
 

環境レベルは「ピアノが家にある」、

行動レベルは「ピアノの鍵盤をたたく」、

能力レベルは「○○という曲を弾くことができる」、

信念・価値観レベルは「音楽は人の心を豊かにするものだ」、

自己認識レベルは「私はピアニストである」、


と、こうなります。


で、このニューロ・ロジカル・レベルの上位の概念は下位の概念に影響を及ぼすと言われているのです。

能力レベルが一緒の人が何人かいたとしても、信念・価値観レベルで「音楽は人の心を豊かにするものだ」、自己認識レベルで「私はピアニストである」を持っている人なら、単に能力を持っているだけの人より、より積極的に練習するとかの‘行動’が違ってくると言うことです。



ここで、この街を掃除していた女性の話に戻ると、この方、誰かに命じられてやっている風ではありませんでした。

きっと自らの意思でやっていたんだと思います。


で、この人は「自分たちの街は綺麗にしておくのが当然だ」(信念・価値観)と言うものを持っているのではないかと推測できます。

いやもしかしたら、もう一段高いレベルで、「私はこの街の住人である」(自己認識)を持っているのかもしれません。


要するに、街の美観を自分事として捉えているからこそ、放ってはおけない(掃除すると言う行動をとる)のです。


これは、会社や組織でも言えること。

部下が単に上からの命令だけで行動するのと、その行動の意味(何のためにそれをするのか)、そして、その人が会社の中でどういう認識を持っているか(「私はこの会社の一員だ!」)で、行動の質が変わってくるのです。


例えば、飲食店で。

店の掃除をいいつけられてやる場合、 単に「言われたから・・」のスタッフと、その掃除を「お客さんが気持ちよく食事をして貰うために(お店は)綺麗にするべきだ」と思うスタッフと、更に、「私はお客さんに喜びとくつろぎを与えるこの店のスタッフなんだ」と思っている場合とでは、掃除をするという行為も違ってきますよね?


と言うことは、単にやることを命じるだけではだめなのです。

きちんとその意味を わかってもらうようにしなければいけないのです。

自分はこの会社の一員だという意識を持ってもらうようにしなければいけないのです。



 DZ171_L tibi 2


あなたの職場のメンバーはいかがですか?

単に行動をしているだけではありませんか?



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月18日

自分の伝えたいことを、きちんと伝える方法


こんにちは!



パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



私のコーチングのクライアントさんには、部下を持つ方が多いのですが、そんな方々から良く聞くのは、「部下が全く理解してくれない!」と言う言葉。

頭から湯気を出すぐらいカッカきている人もいますが、私としてはそこもサポートしていかなければいけないわけで。


このブログを読みに来て下さる方の中にも、部下に自分の言うことを上手く理解して貰えていないと感じている方もいらっしゃると思うので、今回は‘伝わる’コミュニケーションのポイントをお話しようと思います。
 


まず、コミュニケーションとは、相手あってのこと。

で、良く言われるのが、「言ってることが、(相手に)ちっとも通じない!」と。

ここで押さえておきたいのは、コミュニケーションにおいての‘責任’は相手と自分、五分五分だということです。


DZ171_L tibi 2

 

自分が伝えたいことが伝わらなかったとき、普通は相手を責めるのですが、実はこちらにも半分責任があると言うことなのです。

勿論、相手の聞き方、理解力がないと言うこともあるのですが、こちら側も伝え方が悪いかもしれないと言うわけです。

本当に‘相手に通じる言葉で’、‘わかって欲しいことをわかりやすく’伝えられているか?

ここが、大事なのです。


では、伝える側として、どうすれば自分の責任を果たせられるかと言うと、

①伝えたい内容を明確にしているか

②伝わる方法で伝えているか



結構①があいまいな場合があるのです。

自分が本当に伝えたいことは何なのか?

これを明らかにして、コンパクトに伝えないと、相手には伝わりにくいし、自分自身も結局何が言いたいのかわからなくなってしまいます。

長々と言えば言うほど、お説教になるので、核心は伝わりません。

だから、誰かに何かを伝えたいときは、‘自分が本当に伝えたいポイントを絞る’ということが大事。



②は相手に対し、尊大な態度もしくは、へりくだった態度で伝えたりと、言葉と態度が違ったりすることで、伝わりにくくなってしまうと言うことです。

何か止めて欲しいなどの頼みごとをしたいのに、相手に遠慮してヘラヘラ笑みを浮かべながら伝えると言うことを、もししているのなら、相手にはどう伝わるでしょうか。

「そんなに大したことではないんだー」と言う感じで伝わるかもしれません。


また、偉そうにガンガン上から押し付ける言い方で伝えた場合、いくら言っていることが理屈では正しくても、言われた方の気持ちとしては「絶対、止めてやるか!」と言う反発を起こさせることにも繋がりかねません。




まとめると、コミュニケーションの結果においては、お互いに責任があり、伝わらないのは相手が悪いのだけではなく、こちらも伝わるように伝えているかを考えていく必要があると言うこと。





あなたは、自分の伝えたいことをちゃんと伝えられていますか?





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月15日

コミュニケーションが上手く取れない部下とは…


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



このゴールデンウィークは東京へ研修を受けに行っていました。

その間、一緒に研修を受けている友人と夕食をすることがあり、その時話をしていて面白い発見があったので、ご紹介をしようと思います。




人が何かを‘理解’するとき、誰もが自分の理解の仕方が普通だと思っていると思うのですが、実は人によってずいぶん違うらしいと言うことにその時気づきました。

と、いうのも、その友人は非常に感覚的な人らしく、‘言葉’ではなく、雰囲気とかエネルギーとかと言うもので、相手の言いたいことがわかったりするらしいのです。


「理解するって、言葉のやりとりでするもんじゃないの?」

と言う私に、

「言葉にならないところは、心の奥でキャッチできるのよ。

 私はナカムラさんには、言葉にしなくても
 ものすごーく理解してもらえていると感じてるわ。

 だからナカムラさんは、
 言語的な方としゃべっても、感覚的な方としゃべっても
 理解できる人なんだと思う」



そ、そうなの...?



「そうよ。

 ナカムラさんは、感覚派でもあると思うよ」



うーん、意外な指摘。

だって、雰囲気を感じるとかそういうのって、私には全くない能力だと思っていたのですもの。

ただ、だからと言って、言葉で的確に自分の思いを伝えたりするのって、難しいと感じていたし、ガチガチの言語で何かを言われたりしても、言っている意味がイマイチわからなくて、私って低能なんだ…って思うことも多々あったりはしたりして。


そうか、私にはそういう能力もあったのか!


j0234764


何が言いたいかと言うと、どうもこういう風に、自分が予想もしない方法でコミュニケーションを取っている人が世の中にはいるということなのです。

そう思うと、例えば職場で上手くコミュニケーションが取れない部下がいたとした時に、ただ単に、ラポールを築くためにやる方法(ペーシングとか)と言うのは、物凄くうわべなやり方であると言えるわけで・・・


話がイマイチ通じないなーって思う相手は、あなたとは違うタイプの理解の仕方をしているかもしれないと疑ってみるもの、相手を理解する一つの手かもしれないということを覚えて置いて頂ければと、このブログを書きました。。。。





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?
  • 「自分を信じる」ということ。
  • 嬉しい知らせをいただきました!
  • ‘知識’を‘知恵’に変えるには?
  • 「何を言うか」ではなく、「誰が言うか」
  • 上手に「伝える」コミュニケーション技術
  • 地雷を踏む、とは。。。
  • コーチングの手法を使った講座運営
  • ‘感情の揺れ’は自分の捉え方に気づくチャンス