コミュニケーション

2018年03月11日

‘やりがい’を感じる職場は、従業員満足度を、顧客満足度を上げる


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、あるセミナーに参加してきました。

__________________

‘やりがい’を感じ共有できる職場づくり
~ES(従業員満足度)を高めるしかけとは~
__________________


たくさんの方が来られていました。

従業員満足度を上げないと業績は伸びない・・と思っている企業の幹部層の方々がこれほどいらっしゃることに少し安心したものです。

と言うのも、この分野=組織風土改革にはコーチングも大いに関係しますからね。




さてセミナーによると、従業員が会社を辞める本音は、以下の通りだそうです。

1位 上司とのまずい人間関係
2位 同僚とのまずい人間関係
3位 会社内の技術指導の不親切さ
      ・
      ・
      ・

そう、‘人間関係’。

「親の介護が・・」とか、「一身上の都合で・・」とか、何やかんやと理由をつけて退職願を出すけれど、結局のところはコレ。

反対を言えば、人間関係が良好であれば、少しぐらいキツくても、待遇が悪くても辞めないということです。


これは私も経験アリ。

人間関係が良ければ、辞めたいなんて思いませんでしたもの。



もし仮に辞めるまでに至らなくても、会社に不平不満があればそれは態度、表情に出てしまいます。


上司や同僚とのコミュニケーションのズレがやらされ感を生み、消極的でアイデアが出ない(出せない)企業風土に。

それはやがて不平不満を生み、顧客を大事にしようとする態度や表情にならず、クレームに繋がる・・・


こういった悪循環を作り出さないためにも、従業員満足度に繋がる「社内での良好なコミュニケーション」に手を抜いてはいけないのです。


じゃぁ、どうすればいいのか?


セミナーの中では5,6人でのグループワークで、各企業の取り組みをシェアすることをしました。

中々面白いことをされているなぁと思うものがあったので、ご紹介したいと思います。



●「今日、お誕生日の人」の胸にバッヂをつける

その人はその日一日、社内の色んな方から「おめでとう!」を言って貰えるのです。

これだけでも気分が良くなりそうじゃないですか?



●MVPを年一回決める

従業員だけで(上の人は口を出さないのがミソ)その年のMr.ホスピタリティとMs.ホスピタリティを決めて、表彰する。

励みになりますよね。



サンクスカードを作る

個人個人でやりとりすると、いつしかやらなくなってしまうかもしれないので、書いた紙は一旦総務に上げて、カードを一番多く書いた人、一番多く感謝されている人を表彰する。

感謝されるだけでも励みになるのに、書いた方も認められるというのが、やりがいにつながりますね。





お金をかけずともできることはたくさんあります。

従業員満足度、ひいては顧客満足度を上げるには、このような取り組みを諦めずに続けることが大事になってきます。

どんなにつまらなさそうなものでも、継続すると従業員満足度を上げようとする企業側の‘本気’が伝わるから。



従業員がやりがいを感じて働く職場を作っていきたいと思っている方は、何か取り入れてみてはいかがでしょう。。。



c35e59fb



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 14:11|PermalinkComments(0)

2018年02月10日

上司への質問は、「‘当たり’をつけたクローズドクエスチョン」が効果的


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日受けたアサーティブの研修で、面白い気づきがあったのでシェアしたいと思います。 

 

この時のテーマは、「批判に対してアサーティブに対応する」と言ったもの。 

事例は、上司に作成した資料を提出するものの、「こんなの全然ダメ!」と強く突き返される部下が、どうアサーティブに対応するか。。。
 

何度もそういう目に遭ってしまうと、オドオドしてしまうか、もしくは逆切れするか。

でも、責められて終わるでもなく、かといって、ブチ切れるわけでもなく、いいコミュニケーションを取っていきたいもの。

 

ロールプレイをしていて気づいたのは、上司に対する質問の仕方。


質問には大きく分けてクローズドクエスチョンと言われるものと、オープンクエスチョンと言われるものがあります。

クローズドクエスチョンとは「イエス」「ノー」で答えられる質問で、オープンクエスチョンとは5W1Hの質問で、出てくる答えが様々であるもの。

コーチングをしていると、オープンクエスチョンでクライアントさんの考えを引き出すようにするのですが、上司に対しては、敢えてクローズドクエスチョンの方がいいということに気づいたのです。

 

「こんなの全然ダメ!」

とダメ出しを受けて、すごすごと「すみません・・」とその場を去るのは最悪。

きちんと何がダメかを理解し、作り直しをしなければ、資料は改善されないわけで。

 
その時に言いがちなのが、

「どこが悪いんでしょうか?」

と言うオープンクエスチョン。


上司の中から答えを引き出そうとするのはNGです。

そりゃぁ上司もムッとして、「そんなの自分で考えろ!」と、言うでしょう。
 

そうではなく、クローズドクエスチョンを使う方がいいと言うこと。 

「ここを改善しなきゃいけないのかな~」と言う‘当たり’をつけて上申する。

ここで重要なのは、単に改善点を予測して言うだけではなく、その資料を作った時に気をつけたところも言うこと。


「私としてはこの部分を強調したかったのですが、
 フォントの大きさがマズイのでしょうか?
 それとも文章が長すぎるんでしょうか?」

と言うような感じ。
 

‘当たり’が当たっていれば「そうだ」とイエスを貰えるし、ノーの場合であったらそこから上司の考えがポロリと出ることもあるし、出ないとしても、‘当たり’をつけたところが問題ではないということはわかります。

 

上司は部下から答えを引き出されたくはない。

これだと思うのですよね。

 


何も考えずに「どうしたらいいですか?」ではダメで、「こうした方がいいのではないかと思います」と言う‘当たり’をつけた意見を上司は聞きたいのでしょう。


まぁ、状況にもよるでしょうが、基本、上司には‘当たり’をつけたクローズドクエスチョンで。

 

本当のところを言うと上司には「(他人は分かりやすく)言わなければわからない」と言うことを知った上で、敢えて本人の考える力を引き出す関わりをしていただきたいもの。

上司の自分が今これを言ってしまうのは簡単だけど、自分で考えて欲しいと思って資料を突き返すのならいいけれど、単に「アホか!」とか「何を答えを求めてるのだ!」の感情的な理由で突き返すのは止めていただきたいものです。。。



c35e59fb




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年01月06日

星野仙一氏の訃報を聞いて・・・


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


朝、星野仙一氏の訃報が飛び込んできました。

私は野球を見ないので、彼のことをそんなに知らないのですが、ちょうど前の日にあるコーチング講座の動画を見ていて星野仙一氏の話が出ていたのでびっくりしました。

その動画では、星野氏は監督時代、コーチング的手法で関わったチームを優勝に導いていっていた、と。


わかりやすいのは、選手の奥さんの誕生日に花束とカードを毎年贈っていたというもの。

一見、優勝には関係のないようなこの行動ですが、これは、「選手みんなに関心を持っている」ということを示すもので、選手の存在そのものを承認している行動。


考えてもみて下さい。

どこのトップが、従業員の家族の誕生日を把握していて、プレゼントまで贈ってくれますか?

贈られた奥さんももちろん感激するでしょうけど、選手も嬉しいのではないでしょうか。

そして、そんなトップのために頑張ろうと思うのではないでしょうか。


会社で考えると、業績が悪く、どんどん部下の頭をすげ替えても何も変わらないこともあります。

でも、上の人が変わり、上の人のコミュニケーションが変わるだけで、業績が上るということは、何を意味しているのでしょう。


プロ野球の世界で、星野氏はそれを証明しているのです。

だから、星野氏が関わった球団が優勝していったのです。



星野氏の行動には学ぶところがとても多いですね。

惜しい方を亡くしました。

もっともっと、そのコーチング的手腕を揮って欲しかったものです。



ご冥福をお祈りいたします。



GD177_Ltibi





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


自分を知ることは、良い人間関係を作る第一歩!

▼ エゴグラム≪自己覚知≫セミナー

【日時】 
2018年2月7日(水)午後7時~9時 
              
【場所】 EXE SALON(大阪市 天満橋駅すぐ)      

詳細はコチラ



tomokonakamura at 09:55|PermalinkComments(0)

2017年06月05日

自分の人生をも左右する ‘セルフトーク’ 


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


‘セルフトーク’って聞いたこと、ありますか?

セルフトークとは、別名「自己会話」と言われるものです。
 
いわゆる自分自身との会話。
 
 
私達は常に頭の中で自分自身とおしゃべりをしています。
 
「あれ、どうしよう」とか「今日のお昼は何を食べよう」とか「A子ちゃん、どうしてるのかな?」とか。
 
 
で、割とパターンが決まってるのです。
 
ネガティブな思考の人はネガティブなセルフトークが癖になっているわけです。
 
 
例えば、何か失敗したことがあると、
 
「どうしよう・・・オロオロ
 
「私には無理・・・」
 
「絶対に怒られるに違いない・・」
 
など。
 
 
でも、みんながみんな、こういうネガティブなセルフトークをしているわけではなく、ポジティブなセルフトークを常にしている人もいるのです。
 
 
「あ!チャンス到来!!」
 
「ここから学べることは何かしら・・」
 
「これを乗り切るのに必要なものは何?」
 
 
 
これ、ホント、考え癖。
 
ネガティブシンキングの人は「ポジティブな考え方を!」と言われても、どういう風な問いかけを自分にしたらいいのかわかりません。
 
だって、自然にネガティブな言葉が浮かんでくるから。
 
 
これを打破するのに有効なのがコーチング。
 
 
そもそも‘目線を上に上げる質問’をコーチはクライアントにするので、コーチングを受けた人は自然とその質問パターンを身に着けることができるようになるのです。
 
解決不可能で堂々巡りに入ってしまいがちな悩み事も、自分でそこから抜け出せるヒントを自分の中から出せるってことですね、セルフトークで。
 
 
そんなセルフトークも磨くことができる「グループコーチング」、いよいよ今週水曜日から開始です。
 
 
自分のセルフトークの癖を見直したいあなたも、ぜひいらして下さいね♪
 
 
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
ピンと来た方はぜひ!

あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?

    グループコーチング

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 
    j0234764

 
【日 時】
・夜コース(6~11月 第一水曜日 19時~21時)
・昼コース(6~11月 第四土曜日 14時~16時) 
    ※各全6回コース(ご興味のある回のみの ご参加も可)
 
【場  所】EXE SALON(エグゼ サロン)
      (大阪市・天満橋駅すぐ)
 
詳細はコチラ
 
 







******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月25日

あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
いよいよ2週間を切りました!
 
‘グループコーチング’、やります!
 
 
 
‘知識’をたくさん身につけても、それを活かせなければ意味がありません。
 
使える‘知恵’に変えなければいけないのですが、知識を知恵に変えるためには、‘行動’が必要なんです。
 
行動して、あぁ、そうなのかと腑に落ちる体験・・・
 
これが必要となります。
 
 
でも多くの方は、知識は知識として、頭の中の引き出しにしまいこんでしまって、使わずに置いています。
 
と言うか、自分の実生活の中でどの知識を使って体験に落とし込み、腑に落ちるようにしていくのかがわかっていないのです。
 
 
そこでコーチング。
 
 
あなたの中の引き出しを開けて、ダイヤの原石(知識)を取り出しましょう。
 
そして磨いて、いつでも使える状態にしましょう。
 
 
 
それをみんなで楽しくワイワイとやっていくのが‘グループコーチング’。
 
 
あ、もちろん、新たに引き出しの中に入れることができる原石(知識)も毎回お伝えしていきます。
 
 
 
御興味のあるテーマのみのご参加も大歓迎ですが、6回分まとめて先にお申込みいただいた方は5回分のお値段で6回受けることができる特典付き。
 
 
コーチングなので、やはり継続して受けて頂く方が効果的ではありますけどね。
 
 
 
コーチングに興味のある方、会社でグループコーチングをやってみたい方、身近な方へコーチングを使ってみたい方・・・お待ちしています^^
 
 
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?

    グループコーチング

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 

               グループ

 
【日 時】
・夜コース(6~11月 第一水曜日 19時~21時)
・昼コース(6~11月 第四土曜日 14時~16時) 
                   ※各全6回コース
 
【場  所】EXE SALON(エグゼ サロン)
      (大阪市・天満橋駅すぐ)
 
詳細はコチラ
 
 
 
 
 



******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



 


tomokonakamura at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

ナカムラトモコ

■ パフォーマンス アップ コーチ ■
大学の薬学部卒業後、病院、リゾートスタッフ、スポーツメーカー、薬局、医薬品原料商社等、さまざまな仕事を経験。幅広い経験から「部下を生かすも殺すも上司次第」と考えるようになりその時知った‘コーチング’に感銘を受け、この‘コーチ’を天職と活動を開始する。
大阪府出身・在住。

                       ________________
(一財)生涯学習開発財団 認定コーチ
  米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
                  日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
                  文部科学省認定 1級色彩コーディネーター
                   (社)AFT認定 カラーデザイナー
                  薬剤師


                    

ギャラリー
  • 気軽に練習してみませんか? ~コーチング ワンコイン練習会~
  • 社会に貢献できる人材を育てていく
  • 自分自身の、そして相手の`本性’を見抜くには・・・
  • 周りに‘影響力’を発揮するためには・・・
  • ‘やりがい’を感じる職場は、従業員満足度を、顧客満足度を上げる
  • 上司への質問は、「‘当たり’をつけたクローズドクエスチョン」が効果的
  • 自己肯定感を上げるために...~‘行動’の前に‘決断’する!~
  • 企業は「社員を教育する!」と覚悟を決めないといけない
  • 人間関係のストレスを軽減させるためにできること