コーチ

2017年03月06日

‘感情の揺れ’は自分の捉え方に気づくチャンス


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。




先日、某所で行われた調理実習付きセミナーに参加してきました。

奄美群島の喜界島の文化と家庭料理を紹介するというセミナーです。

楽しい時間を過ごしたのですが、実はここで、相当イラッ! っとすることがありました。
 
 
ここでは5人で1グループとなって調理をしたのですが、その中に高齢の男性が1人いました。
 
その方の言動にイラッとさせられた私。
 
 
他の人にフライパンで調理をして貰っている間に、私は調理台を片づけ、皿を人数分用意し・・をしていました。
 

で、当初は、出来上がった料理を調理台に持って来てもらって、そこで皿に盛って貰おうかと思ったのですが、コンロの脇に皿を持ってった方がいいかもしれないな、と思ったのです。 
 
調理台の方はもう綺麗に拭いているので、またここで皿に分け入れると、汚れてしまいますしね。
 
料理は手際よく、効率よく、無駄なくやらなくっちゃ。
 
 
そう思ったので、炒めて下さっている方に「どうしましょ?」と声をかけたところ、横からその高齢メンズが、
 
「調理台で(皿に分け入れたら)いいんちゃう?」
 
と言ってこられたのです。
 
 
いやいや、調理台が汚れますよ、と私が言ったところ、
 
「拭けばいいやん」
 
と。
 
 
ここで私、カチンときたのです。
  
「そう言いますけど、拭くのはあなたではなく、私ですよね?!」

自分はやらないくせに、そんなことを言わないで欲しい!
 
 ...と、心の中で叫びました。(笑)

  
結局、料理はコンロ脇で配することになったのですが。
 
 
 
その後、試食が終わった後の後片づけでもその男性、自分の使った食器をすーっとシンクに移動させただけで、洗いもしません。
 
我々が食器を洗っている間、講師の方と談笑中。
 
 
「仕事してよ!」  
 
口に出して言いませんでしたが、無茶苦茶イライラしてしまいました。
 
おかしい、私、こんなに怒りが出ることってそんなにないのに・・・
 
 
 
と、その時ふと思い出したのです。
 

「怒りの元は相手ではなく、自分の中にある」


と言うことを。
 
 

 
同じ状況が起きても、反応する人としない人がいます。
 
例えば、友人が待ち合わせ時間に遅れて来たときに、全く何とも思わない人と、1分でも遅れて来たら怒りが出る人とがいますよね?
 
それって、‘遅れてきた友人がいる’と言う事実は一緒なんですが、それをどう捉えるかで感情が違ってくると言うこと。
 
要は‘捉える側の問題’
 
 
 
今回のことも、私はずっとこの高齢メンズに対してイライラしていたけれど、他の方々はどう思っていたかわかりません。
 
私と同じようにイライラしていた人もいるでしょうが、全く気になっていない人もいたはず。
 
  
そう、この‘感情の揺れ’は自分の捉え方に気づくチャンス。
 
私、なんでこんなにこの人の言動に引っかかったんだろ・・・
 
 
その時のことを振り返って考えてみました。
 
 
うーん・・・ 
 
 
そうだ、そう言えばアレがきっかけだったんだ!
 
アレと言うのは、料理実習の途中で、件のメンズがフライパン拭き用に皆で使う備え付けのロールのキッチンペーパーを、3ミシン目分ぐらい鷲掴みで持って来た時のこと。
 
「これでフライパンを一旦拭いたら?」
 
 
気が利いていると思うのですが、そこはメンズ。
 
たぶん、あんまり家事、やったことないのだろうな・・・
 
その時フライパンで調理をしていた女性が、3ミシン目のキッチンペーパーを1枚分だけ使おうとちぎろうとしたとき、
 
「全部使ったらエエやん」
 
と。
 
 
うーん、無駄を出さないのが家事。
 
1枚で拭けるなら、1枚で拭くよ。
 
現に、隣のグループから「ペーパー、うちに分けて頂戴」って言われてたし。
 
 
 
このことで、私の中でこのメンズに、「この人、使えないな。。。 (日頃から台所に立ってないはず)」と言うレッテルが貼られたのです。
 
だから、その後何をやっても「この人はダメ」って思うようになったんだっけ…。
 
 
でも・・・本当にこの人はダメなのか?使えない人なのか?
 
調理台で料理をお皿に分けた時、汚れたら、拭いてくれたかも。
 
後片付けも、やろうと思っていたのに、講師から話しかけられて、仕方なくできなかったのかも。
 
 
そう思うと、私があの瞬間にああいう行動を取る人に勝手にレッテルを貼ってしまうこと、自分はやらないくせに、口出しする人に嫌悪感を持つという癖があるということが判明したのです。
 
 

 
 
 
感情が振れる時。
 
例えばイラッとすることで、「腹が立つ!」で終わってしまうともったいない。
 
その腹が立つ原因は何なのか?
 
あくまでも自分の‘捉え方’に焦点を当てる。
 
 
そう、そこには自分自身を知るヒントが隠されているのだから。。。
 



41 (70%)





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************


 


tomokonakamura at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月16日

「3つの真実」


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


 
本って、何が書かれているのかの‘内容’が大事なのではなく、読み手のレベルによって受け取るものが違ってくるのではないかと思います。
 
いくら作者が深いことを書いていても、読み手がそれを理解できなければ、その本はその読み手にとっては駄作。
 
 
しかし同じ本でも、期間を空けて読み直すと、前回読んだ時とは違ったものが得られるってことがあると言うのは、読み手が変わっているからに他ならないのでは?と思うのですが。。。

 
 
 
 3つの真実
 
 
 
この本もまさにそう。
 
 
私にとってたぶん‘今’がこの本の‘読み時’だったのだと思います。
 
もう少し以前の私なら、これを読んでも「ふーん・・・」で終わっていたでしょう。
 
そして再びこの本を手にすることはないかもしれません。
 
 
でもまさに今これを読み、もし何年か経って、また再び読むことがあったら、今とは違う更なる理解を得られるような気がするのです。
 
 
 
 
 
 
本って、自分を試しているのだと思います。
 
その時点での理解力によって、得られるものが違ってくるから。
 
 
でも、これは本だけのことではないような気がします。
 
人間関係においてもそう。
 
会う人から何を得るか(学ぶか)は、こちら側のレベルによるわけで。
 
 
いえ、人間関係だけでもないのでは?
 
起きること全てにおいてそうなのかもしれません。
 
 
 
そこから何を得るか、学べるかは、
起きた出来事そのものではなく、
自分自身のレベルによる
 
 
 
 
そんなことに改めて気づかせて貰えた本でした。。。











******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************




tomokonakamura at 10:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月05日

空白の瞬間(とき)

 
こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


先日のことです。 

梅田の銀行のATMでお金をおろし、さぁ地下鉄に乗り換えてサロンへ向かおうと地下街を歩いていたら、フリーペーパーが置いてあるのを見つけました。 

サッとそれを手に取り、地下鉄の中で読もうとサブの手提げカバンに入れようとしたとき、気付いたのです。

   

 

カバンが・・・ない!!



持って来たはずです、手提げカバン。  

で、最寄りの駅から電車に乗った時にも手放してないので、そこまでは確かに持っていたはず。  

と言うことは…銀行?!  

ATMでお金をおろした時に台の上に置き、そのままにして出てきてしまった?! 

それしか考えられない!

 

踵を返し、今来た道を小走りで引き返しました。 

まだ、ありますように・・・ 

でも仮になかったらどうしましょう? 

頭の中で中身を確認しつつ、どこへ連絡したらいいかを考えました。 

携帯会社とWi-Fi会社とポストペイのカード会社にストップの電話を入れないといけない・・・ 

 

意外と冷静ですね、私(苦笑)。

 

 

 

日頃走ることのない私が走りに走り、銀行へ。


すぐに気付いて引き返したおかげでカバンは無事に手元に戻りました。 

 

 ホッとしたのですが、でも。。。 

 

きっちりしている(と自分自身では思っている)私が、こんなポカをするなんて...

 

お金をATMから引き出した瞬間を思い出すと、ビックリするぐらいその瞬間は‘空白’。 

きっと何か考え事をしていて、どこか別のところに意識が向いていたんだとは思うんですが。 

 

そこで思ったのです。

人って自分の行動を全部自分で制御しているって思っているようですが、実はそうではないのかもしれないと。 

意識がなくとも勝手に‘自動運転’していることも相当あるんじゃないかってことです。 

酔っぱらってていても自分の家に帰りつくことができるように、自動的に動かされていることってあるような気がするのです。 

ボーっとしていても動ける・・・という感じ。 

 

ラクと言えばラクですが、これって自分の意思で自分の行動を制御できていないことになるわけで。 

で、思った以上にこう言うことって起きているんではないかと言うこと。 

 

これって結構怖いと思いませんか。 

何をしでかすかわからないってことですよね? 

カッとして、気が付いたら人を刺していたっていうのも、もしかしたらこういうことかもしれません。

 

 

 

空白の瞬間(とき)...

 

あなたにもありませんか?




メガネ(画像)





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月22日

部下育成に必要なコミュニケーション力を磨く


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



何かを学びに行く時って、スキルを得ることも大事なんですが、その場で何かしらの‘気づき’が得られることも私にとっては重要なこと。
 

そんな‘気づき’があった講座に先日行ってきました。

 

 

「聴き方のレッスン」

 
これは神戸市民大学講座さんがやっている講座。


 6回講座なんですが、2回目のこの日のテーマは「相手の言いたいことをつかむには?」でした。

 
 

私、人の話を聴く仕事をしていますが、普段の会話で他人の言うことが聴けなくなる時があります。
 

講師や他の参加者の方とお話していてわかったのですが、
 

・相手が本題に入るために話している‘前振りの話’に
 気を取られて、そちらに引き込まれ過ぎているとき
 
・相手の話の内容に対し、良い・悪いのジャッジを下しているとき

 

なんですね。

皆さんにも思い当たることではないでしょうか?



こういった気づきも、この講座ではお互いが相手の話をじっくり聴く‘場’があって、十分話をさせて貰えたからあったのだと思います。

 
もちろん、この日のテーマである‘相手の言いたいことをつかむポイント’も教えて貰え、充実した講座でした。

 

 

今回受けてみて思ったのは、講座を受ける人のレベルにもよるのかもしれませんが、スキルのレクチャーだけをやるのじゃなく、受講者の気づきも引き出せる講座構成って素晴らしいということです。

 
 なぜなら、その気づきがあるからこそ、次なる行動へ踏み出そうと言う気になるわけだから。

 

 

部下を上手く育成するためにはコミュニケーション力が必須です。
 

そして、そのコミュニケーション力でまず大事なのは「聴く力」。

 

「聴く力」をつけて、部下育成を更に促進させたい方は受けてみてはいかがでしょう?



GD177_Ltibi






******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

*************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

*************************************************



tomokonakamura at 13:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 単なる‘石ころ’を‘ダイヤ’にする??
  • 全ての企業は、社員が持っている‘最初のやる気’を萎ませないようにしていただきたいものです..
  •  「ちょっと今から仕事やめてくる」
  • 「銀の鈴」
  • 自分の人生をも左右する ‘セルフトーク’ 
  • あなたの中の‘ダイヤの原石’に磨きをかけませんか?
  • 「自分を信じる」ということ。
  • 嬉しい知らせをいただきました!
  • ‘知識’を‘知恵’に変えるには?