「うまくスタッフを育成できない」
「上司と上手くいかない」
「仕事は楽しいけれど、私、このままでいいの?」

リーダーである前に‘一人の女性’であるあなた。
充実した人生を送るために
私があなたのコーチとなって
よりよい人生を送るお手伝いを致します。


≪ 公式サイトはこちら

_______________________



あなた再生プログラム  ~Re Born~

人生を変えるダイエット


詳細はこちら


_______________________





2014年01月20日

この‘例え’でわかります?

こんばんは。

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。


今日はコーチングのスキルについて書きたいと思います。



コーチングの質問の種類に「チャンクダウン」と言うものがあります。


チャンクとは‘塊’の意味。

ザクっと大きいチャンクで話していると、なかなか解決策が生まれてこないものです。

なので、細かいチャンクにする(=チャンクダウン)ことで、具体的に問題を捉えやすくする、と言った時に使います。


例えば「仕事が辛い」と言っている人に、この大きさのチャンクのままでは解決策などは出てきにくかったりするので、仕事の何が辛いのか?と聞くことにより、「営業の仕事が向いていない」と具体的な話になり、更に営業のどこが向いていないのか?と聞くことで、「新規開拓が辛い」と言うところまで細かくしていくと、対応策が考えやすくなるのです。


先日、いつもお世話になっているところでこの箇所を説明している時に、例え話が閃きました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

闇の中に浮かぶ洋館の前にコーチとクライアントが立っている・・・

手には懐中電灯を持って。


電気が切られているこの洋館に入って、‘ある物’を探そうとするこの二人。

その時、玄関先で

「さ、どこ行こ?」

とコーチが聞いても、クライアントは答えようがない。


闇雲に真っ暗な洋館の中に入って行ってもいいけれど、灯りは自分の手元の懐中電灯の光のみ。

広い洋館の中で、‘ある物’を見つけ出すのは難しい。


そこでチャンクダウン。

求める物がありそうなところはどこなのか?

そしてその部屋のどの部分にありそうか?


と言うことを事前に聞きながら、その部屋に向かい、例えば机の中だったりすると、そこに懐中電灯の光を向ければいい。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コーチングで使う質問はスポットライトの様なものなのです。

その部分だけ照らすことによって、クライアントはそこに意識を向けることができます。

その光が狭ければ狭いほど、強ければ強いほど、クライアントの意識はそこに向かいやすくなるのです。


だからこそ、洋館全部をもわ~っとした光で照らすのではなく、どの部屋の、どの部分と言う様に絞りこんで光を当てる方が答えが出てきやすいと言うわけなのです。



いかがでしょう?

この例えで、チャンクダウンの意味がおわかりになりましたでしょうか・・・?



tomokonakamura at 19:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コーチングスキル 

2014年01月14日

変化?進化?

こんにちは。

パフォーマンス アップ コーチのナカムラトモコです。


この3連休、NRTと言うワークショップに参加してきました。


NRTとは、

Natural(自然)
Returning(回帰)
Transformation(変容)

の頭文字をとったもので、一言で言うと‘進化’のためのワークショップです。

(NRTについて更に詳しくはこちら


何の進化かと言うと、私達は生まれてきてから色んな体験を通して、様々な価値観を身につけてきています。

それが、自分自身をがんじからめに縛って、身動きできない様にさせる原因ともなっているのです。


~してはいけない

△△であるべきだ

○○さんは間違っている!  ・・・・等々。


イライラの原因やストレスはこれらが元。


今までのやり方だと、それを克服するために、更に次なる価値観を身につけていったり、価値観を強めていったりと言うことになるのですが、それではストレスが減るどころか益々ストレスを増強させることに。

そうではなく、元のシンプルな状態に戻る必要があると言うこと。

シンプルな状態とは究極を言えば、生まれた時と同じ状態。

厳密に言うと、生まれた状態と全く同じになると言うことではないのですが。



そのためにやることはただ一つ。


「イヤな感情を味わいつくす」



理屈ではわかっているんです。

でも味わいつくすってどういうこと?


実際にやってみると、確かにしっかり味わうと、その感情はスーッと消えてなくなり、その後、そのイヤな感情を生み出す元の出来事を思い出しても、味わう前と比べて何にも感じない状態になっていたりします。


しかし、これも100発100中でできるわけでもないのです。


うまくできない・・


うまくできない・・・・


うまくできない・・・・・・


私が‘変わる’ためには、このNRTが必要であると、それはわかっているのです。

でも、うまくできるようになるのだろうか?

私自身、シンプルに変化・進化していくことはできるのだろうか?



ぜひ皆さまには、今後周りから私に変化があるのかどうかを見届けて頂ければと思います・・・



tomokonakamura at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学び 

2014年01月10日

人に何かを伝えるって難しい

おはようございます。

パフォーマンス アップ コーチのナカムラトモコです。

久々のブログ更新となります。


・・・・・・・・・・・・・・


私は月に一度、ボイスレッスンに通っているのですが、そこでの話です。



「緩急(かんきゅう)が必要なのよ」


と、ボイスの先生。



一本調子で話をしていても、相手には十分伝わらない。

何を伝えていくのかを言葉の強弱や、速度に変化をつけてメッセージとして届けなきゃ、と。



「最近はパワーポイントなんかを使ってて、
 誰がしゃべっても同じじゃない?

 でもそこにしゃべる人の‘キャラクター’が乗らないと、
 相手の心には残らないわよ」


確かに。


先日もある講座を受けに行ったのですが、講師のよどみない言葉の使い方、美しいしぐさに素敵だなぁ・・・こんな風にしゃべれたらいいなぁ・・・と思いつつ、講座が終わってから肝心の中身が頭の中に残っていないことに愕然。

当然、講座を受けた受講生である私の‘おつむ’の方(笑)にも問題はあるのだと思うのですが、伝える講師の方にも何か問題があるのでは?

講師が、見られる自分を美しく、素敵に見せることに主眼を置いて講座をするのか、それともどうすれば参加される方にためになったと思って頂く様な講座をするのか・・・

どこに焦点を置いて講座をするかって大事。



しかし、難しいですねぇ、人に何かを伝えるって。。。



tomokonakamura at 09:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)


プロフィール

ナカムラトモコ

■ パフォーマンス アップ コーチ ■  大学の薬学部卒業後、病院、リゾートスタッフ、スポーツメーカー、薬局、医薬品原料商社等、さまざまな仕事を経験。幅広い経験から「部下を生かすも殺すも上司次第」と考えるようになりその時知った‘コーチング’に感銘を受け、この‘コーチ’を天職と活動を開始する。
大阪府出身・在住。

                       ________________
国際コーチング連盟(ICF) プロフェッショナル認定コーチ(PCC)
(一財)生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
日本プロフェッショナル講師協会™ 認定講師
日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
文部科学省認定 1級色彩コーディネーター
(社)AFT認定 カラーデザイナー
薬剤師
                    

ギャラリー
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 信じる者は救われる・・・か?
  • 一人でも多くの方が怒りの正体を理解し、アンガーマネジメントができますように...
  • 「私は怒らないから・・」と思っているあなた。でも、周りのイライラしている人に振り回され、困ってはいませんか?
  • ‘怒り’に上手く対処できるようになりませんか?