2022年08月24日

小学生の「あだ名問題」 ~あなたはどう思いますか?~


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。




先日テレビを見ていたら、最近の学校(小学校?)では男女共に「○○さん」と呼ばないといけないと言うようなことを言っていました。

 

ジェンダー問題みたいですね。
 

子どもがいない私なので「そうなのか・・」と。 

私が小学生だった頃の半世紀前(苦笑)とは、ずいぶん違っているんだな・・って。

 

 

そういえば・・・

 

別にジェンダーだとかそういう言葉もなかった時代なのですが、子供心に感じていたことはあります。
 

体育や、講堂で並ばされる時、なぜ男子が前で、女子はその後ろに就くんだろう・・って。
 
出席簿も絶対男子の方が先。
 

それも疑問でした。

 
今は出席簿はどうなってるのでしょうか?

男女混合のあいうえお順なんでしょうかね?

 

 

 

男女共に「さん付け」で呼ぶというのも少し違和感があるのですが、それよりなにより、あだ名で呼んではいけないとも言われているようです。
 
あだ名によってはいじめに繋がるからというのがその理由だそうなんですが。
 

確かにそれも言えますね・・・

 

でもそのテレビ番組では、「イヤなあだ名をつけられたら、それは『嫌だ』と認識し、止めてもらうよう行動をするチャンスでもある」と言ったようなことを言われていて、それもそうだ・・とも思ったわけです。

 

というのも、小学生の時のある出来事を思い出したから。
 

それは私が低学年の時、終わりの会でのことでした・・・ 
 

 
終わりの会とは通称・チクり もしくは 糾弾の会。
 

ある時、その会で私が槍玉に挙げられたのです。

 

一人のクラスメートにこんなことを言われました。 

「ナカムラさんが○○君に『ビスコ』ってあだ名をつけてました!」

 

 エッ!?

 

この会の性格上、ここで言われるということは、やっていけないことをやったから謝れ!反省しろ!ということです。 

 

ちなみに「ビスコ」とは、あのお菓子のビスコのことです。

なぜ私が○○君にそのあだ名をつけたかは覚えていないのですが、悪口のつもりはなかったはず。

 
なのに、なぜ終わりの会で糾弾されるわけ?!

 

 手を挙げて発言した子は、正しいことをしているかのように私をにらみつけて言っています。

当のビスコこと○○君は、何にも言ってはいません・・・

 

 

実はこの体験がものすごく心に残っているのです。
 

未だになぜそのあだ名が良くなかったのかはわからないのですが、きっとビスコはビスコと呼ばれることがイヤで、終わりの会で発言した子に相談したのでしょう。

そう思えば、自分で言わないにせよ、何とか解決するためにビスコは何かしらのアクションを取るという‘学び’をしたわけです。 

 
私もそれ以来、人の呼び名に関しては、気を付けるようになりました。

 
私にとってもこれは‘学び’。

 

でも、私が子供の頃とは状況が違うでしょうから、今だと深刻な問題になるのかもしれませんね。

 
 

難しいですね、あだ名問題。

 

 

皆さんはどう思いますか?
名称未設定のデザイン (33)





******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

************************************************

 <人生を変えるダイエット> 
  あなた再生プログラム ~Re Born~

             詳細はこちら

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************


人生の‘質’を上げるのは、あなたのコミュニケーション力!

▼ ≪オンライン≫
コミュニケーション力UP 3つの秘訣


【日時】 あなたのお好きな二時間で
              
【方法】 zoom 

【受講料】 5000円(税込)/1回 

詳細はコチラ


マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ





メルマガ購読・解除


 

 


tomokonakamura at 17:02│Comments(0)学び 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール

ナカムラトモコ

■ パフォーマンス アップ コーチ ■  大学の薬学部卒業後、病院、リゾートスタッフ、スポーツメーカー、薬局、医薬品原料商社等、さまざまな仕事を経験。幅広い経験から「部下を生かすも殺すも上司次第」と考えるようになりその時知った‘コーチング’に感銘を受け、この‘コーチ’を天職と活動を開始する。
大阪府出身・在住。

                       ________________
国際コーチング連盟(ICF) プロフェッショナル認定コーチ(PCC)
(一財)生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
日本プロフェッショナル講師協会™ 認定講師
日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
文部科学省認定 1級色彩コーディネーター
(社)AFT認定 カラーデザイナー
薬剤師
                    

ギャラリー
  • 今、自分のできることを粛々とやっていきましょう...
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 信じる者は救われる・・・か?
  • 一人でも多くの方が怒りの正体を理解し、アンガーマネジメントができますように...
  • 「私は怒らないから・・」と思っているあなた。でも、周りのイライラしている人に振り回され、困ってはいませんか?