目からウロコ

2021年11月26日

視点の違い


こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



先日、「キャリアデザインセミナー」と言うセミナーを受けました。

 そこで目からウロコなことを聞いたのでシェアしたいと思います。



キャリアデザインと言うタイトルもあって、実際に企業で働く人のお話をパネルディスカッション形式で聞くというこのセミナー。

 
企業における女性活躍推進の取り組みや、キャリアアップ、ワーク・ ライフ・バランスなどについての興味深い話を聞くことができたのですが、ファシリテーターが「働いていて性差を感じることはないですか?」と言う質問をされたのです。

さすがそこは女性活躍推進の取り組みをバッチリされている企業で働いている方々なので会社では特に感じることはないとの答え。

でも、男性の方のお話が非常に興味深かったのです。
 

「子供(男の子)を連れて外出していると、
 どこの男性用のトイレにも小さい男の子用の便器が
 ないんですよね。

 女性のトイレにはあるらしいので、
 ここでも世の中の認識として
 お母さんが子供を連れて出かけるという
 思い込みがあるんでしょうね」

と。

 

へぇ~! 

 

私は子供がいないので、女子トイレの小さい男の子用の便器もそんなに注意したことはなく、あって当たり前ぐらいだったのですが、まさか男性トイレにはないとは・・・

 

男女差の思い込みによるこういった設備面での違いって、当事者じゃないと気づかないことかもしれませんね。

 
 

‥と言うことで、何か他に性差について日頃から感じていることがある方、いらっしゃいますか?
名称未設定のデザイン (7)




******* 応援宜しくお願い致します! *******


コーチング ブログランキングへ

************************************************

ラインでのお問い合わせ

友だち追加

※お友達申請してくださった方で
メッセージを送ってくださった方には
「部下育成にこう使えばいい!
   効果的なコーチング活用法」
(pdf)
を差し上げます。

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************


人生の‘質’を上げるのは、あなたのコミュニケーション力!

▼ ≪オンライン≫
コミュニケーション力UP 3つの秘訣


【日時】 あなたのお好きな二時間で
              
【方法】 zoom 

【受講料】 5000円(税込)/1回 

詳細はコチラ







マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ





メルマガ購読・解除


 

 


tomokonakamura at 14:05|PermalinkComments(0)
プロフィール

ナカムラトモコ

■ パフォーマンス アップ コーチ ■  大学の薬学部卒業後、病院、リゾートスタッフ、スポーツメーカー、薬局、医薬品原料商社等、さまざまな仕事を経験。幅広い経験から「部下を生かすも殺すも上司次第」と考えるようになりその時知った‘コーチング’に感銘を受け、この‘コーチ’を天職と活動を開始する。
大阪府出身・在住。

                       ________________
国際コーチング連盟(ICF) プロフェッショナル認定コーチ(PCC)
(一財)生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
日本プロフェッショナル講師協会™ 認定講師
日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
文部科学省認定 1級色彩コーディネーター
(社)AFT認定 カラーデザイナー
薬剤師
                    

ギャラリー
  • 今、自分のできることを粛々とやっていきましょう...
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 生きながらにして「お棺」に入るという「入棺体験」、したことありますか?
  • 信じる者は救われる・・・か?
  • 一人でも多くの方が怒りの正体を理解し、アンガーマネジメントができますように...
  • 「私は怒らないから・・」と思っているあなた。でも、周りのイライラしている人に振り回され、困ってはいませんか?